ポイントは、思いっきりポンピング

まずは、Mavic crosstrail USTホイールにチューブとKENDA KARMA 26x2.0 をつけて、3気圧ぐらいまでポンピングするんじゃ。タイヤのビードがリムにバッチン、バッチンと音を立てて、全部あがりきればOK。
f0114954_19463666.jpg


いったん空気を抜いて、ビードの片側だけはずしてチューブを取り出す。このとき、もう片方のビードはせっかくリムに上げたので,落とさないように注意が必要じゃ。
そこで、このコアの外せる仏式バルブ↑に登場ねがう。

そして、リムとタイヤのビードが接しているのを確認したら、一気にポンピング!
落ちていたビードが、リムにはまれば成功じゃ。 手押の空気入れでもうまくいくぞ! だめなら、CO2ポンプで一気にシューッとやれば、まちがいない。
もうチューブとはおさらばじゃ。
f0114954_19534381.jpg


あとは、↓を50ml ほどコアをはずしたバルブからどぼどぼと注入。
f0114954_19505971.jpg


ふたたび空気をタイヤにいれてタイヤをグルグルまわしてやる。
この時点では30分もすれば、空気が抜けてしまう。 走行前には必ず空気をタイヤにいれてやろう。走るにつれてシーラントがまわって、空気洩れしにくくなってくるはずじゃ。

ん? なんのことかわからない? わかる者には、わかるじゃろ。
もちろん、あとはすべて自己責任で。

そこで出題、わしはどこに居るかな? (ボルタ)

やる気の素をクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
by aero_boy | 2009-05-28 19:52 | ホイール/タイヤ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy