爽快な戦略

毎晩、「今日はツール見ないで、早く寝よう」とおもいつつ、ついつい見てしまう。今日の第17ステージは、のぼりゴールではないものの、山岳がいくつもあるきついステージ。ここで、総合順位がかなりしぼられて来るという戦前からの予想。圧倒的優位に立つアスタナ勢とコンタドール。登りでの強さと、戦略プラス駆け引きに秀でるサクソバンクのシュレック兄弟が、それに対してどんな走りをするのか、どんな戦略でくるのか大注目でした。

シュレック兄弟がとった戦略は、単純。勝負となる最後のふたつの山で、前に出て思い切り集団を引っ張った。顔を歪めての力走でした。解説者のK氏曰く「そんなに前で引っ張ったら、かえってコンタドールが有利になるんですけどね?」たしかにそういう考え方も成り立ちます。しかし、実力的に優位に立つコンタドールに対して、小賢しい戦術で対抗するのでなく、真正面から歯を食いしばって山を登ったシュレック兄弟に喝采です。それしか出来ない二人ではなく、戦術巧者なこの兄弟が、最終的に採った戦術が、正々堂々の力強い走りでした。

とても爽快な気分ですね。
あ〜、でも、もうこんな時間。爽快な気分で朝練に起きれそうにない(泣)
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/11581324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aero_boy | 2009-07-23 01:22 | Trackback | Comments(0)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy