1番ビブは重い

今回の白馬大会、ユースクラスはユースオリンピックの候補選考もかねていました。先々週の全日本大会でジュニアクラス優勝し1番ビブで走るI君。
f0114954_21333756.jpg

スタート前のピットの中でも一人緊張感からピリピリした空気を発散していました。全国大会での1番ビブ。しかもユースオリンピック選考レースで重圧を感じないわけがない。少しでも重圧を軽減しようと
わたし「1番ビブは忘れて走った方がいいんじゃない?」
I君「そうですね。でも、スタートからガンガン行きますよ」
頼もしい言葉が帰って来ました。
スタートして、その言葉通りI君は先頭に出た。激登り区間でするすると後続にかわされていく。1周目を5位で帰ってくる。思わず私は、「焦るな〜!」と絶叫していた。
結果は二人を抜いて3位。わたしの絶叫が効果があったのか無かったのかは不明だが、本人曰く「あの声良く聞こえましたよ」
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/11733040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aero_boy | 2009-08-14 21:46 | Trackback | Comments(0)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy