MTBぷち合宿 in せたな、今金

北海道の夏は短い。小学校の夏休みも短いんです。本州などより10日以上も。ということで、夏を惜しんで、蘭越、寿都、せたな、今金あたりをMTBで走りつつ、キャンプ場のはしごをしてきました。
自転車関係、キャンプ用具関係はばっちり準備して出かけたのですが、なんとカメラの電池を家で充電しっぱなし。残念ながら写真が撮れなかった。

1泊目、蘭越のリンリン公園キャンプ場。500円と安かったです。場所も広々していて清潔度もそこそこよかった。ただし、テント15張で受付終了するらしく、ここを利用するときは早めの到着が必要かも。
周りのもりで、クワガタがよく採れるらしく、子供達が大はしゃぎでした。

交通量の少ない道道をMTB+スリックタイヤで走りながら寿都に抜け、229号線はトンネルが多いので瀬棚まで車で移動しました。このラインは景色がすごくいいですね。景色に見取れて海に落ちないように注意が必要でした(^^;

瀬棚の旅行村で2泊目。ここの管理棟にはシャワーやコインランドリーが備わっているので、今回は使いませんでしたが、とても便利そう。もっとも、車で5分ほどの場所に温泉もあります。

ツーリングマップで、真駒内キャンプ場にMTBコースがあるという情報をたよりに、行ってみましたが、それらしきコースは発見できず、田んぼや牧草地周辺の林道など1時間ほど走りました。とても北海道的風景があり、アップダウンも続くので、自転車で走るのはとても楽しかった。

今金(種川)まで移動して、ピリカダムまでの林道17kmを走りました。見晴らしがよく、オートバイのタイヤ痕も何本か付いていましたが、対向車には1台も出くわさず、楽しめました。ただし結構登り下りが続き、種川側から入ると登り基調なので、思ったよりも足に効きました。林道サイクリング的に走りたいなら、ピリカダム側から入ったほうが良いかもしれません。

洞爺湖周辺のなど有名な観光地に人が溢れるなか、このへんは車も少なく、キャンプ場も温泉もたくさんあって、穴場的な場所のようです。
by aero_boy | 2009-08-19 11:29 | トレイル/山サイ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy