フロントサスペンション(FS)の設定

SID Team 32 (09)には、設定が可変な箇所が3箇所あります。エアサスの+側空気圧と−側空気圧、そしてリバウンドスピードです。説明書などによると、エアサスの空気圧は、わたしの体重(約60kg)ですと、+−の両側を90PSIほどにするのが妥当のようです。

+側の空気圧を相対的に低くすると、どんな乗り味になるのか知りたかったので,ササダの試走ですこし試行錯誤してみました。結論からさきにいいますと、よくわかりません(笑)。

f0114954_1754443.jpg


+側を80 → 70 → 60 PSI と落としていきましたが、少なくとも、ササダのコースでは、違いが今ひとつわからない。逆に言えば、+側60PSIまでおとしても、それほど問題なく使えてしまったということです。

ただ、とうぜんですが、サグ(沈み込み)が6〜7cmと大きく、なってしまい、よろしくないでしょうということで、+−両側80PSIにもどしました。

つぎにリバウンドスピードですが、こちらは結構変化を感じることができました。最速から最遅まで、いくつか試しましたが、最遅から2、3段戻したぐらいが、一番しっくりきました。おすかーさんからのアドバイス通りでしたね。SID Team 32のばあい、最遅にすると、リバウンドに10秒ぐらいかかるので、いくらなんでも、これは遅すぎるということで、2、3段分速くしてあります。それでも、グッと押し込むと、1.5〜2秒ぐらいかけて、モッサリもどります。こんなのでササダなら十分なんですね。
ちなみに、SID Team 32(09)の場合、リバウンドスピード調整ノブは17段の幅があります。つまり一番緩めた状態(下から見て反時計回りに回しきった状態)から数えて,14段目のリバウンドスピードということになります。

f0114954_1761916.jpg


この設定で、ササダは終わりました。つまり、空気圧+−両側80PSI、リバウンド14段目。後日、このまま小樽天狗山MTBコースで練習中、フロントが妙に弾みます。下手をすると、ちょっとしたウィリー状態に。FSのリバウンドを遅い状態(14段目)にしてあったのを思い出しました。そこからは勘で6段、つまり8段目まで戻し、いい感じで走れました。14段の中の8段目なので、ほぼ中間の状態ですね。そこからさらにリバウンドスピードを上げる実験はしませんでしたが,おそらく腕にかなりの振動がくると思われます。

ちなみに、この時はタイヤの空気圧も少し下げて、1.3気圧(前後チューブド)にしたので、リバウンドスピードだけの効果かどうか微妙なところは残っていますが。

まとまりなく書いてしまいましたが、まとめると、
ササダ
 FS:+−両側 80PSI, リバウンド 14段目
タイヤ:KENDA KLIMAX LIGHT 1.95、チューブレス、2.0気圧

天狗
FS:+−両側 80PSI, リバウンド 8段目
 タイヤ:KENDA KARMA 2.0 チューブド 1.3気圧

石狩耐久
 FS:+−両側 80PSI, リバウンド 8段目
タイヤ:KENDA KLIMAX LIGHT 1.95、チューブレス、2.0気圧

f0114954_1713576.jpg


石狩で,タイヤ空気圧を1.5まで下げると、けっこうドライだったあの路面でも、カーブ途中でリアが外側に流れるのを感じました。そもそも、ドライなんだから,空気圧は高めが正解ですよね。あとから考えると。

石狩では,リバウンドを調整するのを忘れましたが,14段目まで遅くした方がスムーズな乗り味だったもしれません。でも、8段目でも大きな問題は感じませんでした。あくまでもその程度の違いしか体感できませんでした。

こうして振り返ると、レース現場で、冷静な設定変更ができていませんね。
これからも、ちょくちょくイジって、経験を蓄積していきたいとおもっています。

以上、あくまでも素人の、極個人的経験に基ずく設定および感想ですので、その点ご留意ください。また、もっとこうした方がという、ご教示もよろしくおねがいいたします。

最後まで,お読みいただきありがとうございます。もっとMTBブログをと言う方は、こちら↓
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/12167090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazz_hoso at 2009-10-23 08:48
ドモドモ
データ取り、すごいですね。
コース別に設定が分かればいいですね。
それにしても、エアー低いですね。
私もグリップより乗り味重視で低圧を好みますが、チューブドで1.3~1.5はやったことないです。(笑

体重軽くていいですね、aero_boyさんに比べると、私、10万円程度のMTB1台背負ってます(爆
Commented by aero_boy at 2009-10-23 21:53
KARMAは2.0インチのものを使っていますが、エアボリュームが結構大きいようで、天狗の場合、1.3気圧ぐらいまで、下げた方がトラクションを得やすかったですね。KLIMAX LIGHTでそんなことをしたら、タイヤが切れると思います。石狩のフラットなコースでさえ、ちょっとヤバかったですから。これ以外のタイヤであまり試していないのデスが、タイヤの種類や太さ路面状況でずいぶん空気圧も変わるものだなというのが今のところの印象です。
KARMAチューブレスを1.1~1.3気圧ぐらいでつかうと、路面に粘りつくようなトラクションが得られるので、お気に入りです。
by aero_boy | 2009-10-21 12:45 | サスペンション | Trackback | Comments(2)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy