支笏湖周辺をロード練

山にはまだまだ雪があることが判明して、もうこりごり。
というわけではないですが、今日は支笏湖の近辺をロードバイクで走って来ました。天気は晴れ予報なのに、薄曇りでちょっと肌寒い感じ。けっこう厚着して出発しました。

そのせいか、いつも上り坂番長の愚息が、今日は緩い登りでちぎれてしまう。真冬と同じパンツはいて走ってるんだもん。気温10度以上なのに。それは暑いはな。さいわい私がカバンをしょっていたのでそれに詰め込んでいざ再出発。

レーパン+半袖ジャージでビュンビュン走る愚息。ウェアー調整の重要性を学んでくれたかな。
f0114954_22153099.jpg

千歳から苔の洞門まで35kmほど、そっから引き返して50km、右折して苫小牧まで往復85km。
最後に千歳に下ってごうけい105kmほどの道のり。平均時速29km/hはいままでで最速かな。三人でけっこうローテーションをきっちりやったからかも。

直線が多くて、なかなか北海道的な道でした。北海道で生まれ育っていたら分からないだろうけど、わたしは外からきたので、この道の作り方は北海道にしかないでしょうね日本では。

ちょっとしたアップダウンがつづいていく。クルマならほとんど気づかない程度なのだが、バイクだとちょっとしたアップでも強烈に感じる。自然とインターバル的な走りになってきてトレーニング状態。道産子ライダーが強いのはこの辺に原因があるかも?

最後の支笏湖畔から千歳まで20kmは下り基調だったので、平均40km/h越えは気持ちよかった。最初の20km は昨日の探検の疲れか、あしが重かったけど、50km過ぎたら意外と踏めた。なかなか自分の身体を理解するのも難しいものですね。

それにしても、路側帯の路面の荒れは結構なものでした。700x23cだと割れ目にタイヤを取られてパンク1回。チューブを携帯していたので、事なきを得ました。
by aero_boy | 2010-05-05 22:21 | 日常/ポタリング

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy