チャレンジツールド北海道in大滝

通称、チャレンジとか、大滝とか呼ばれているみたいですね。この大会のエリートクラス上位入賞者が、ツールド北海道に出場する北海道選抜チームメンバーに選ばれます。

ことし、はじめて参加してきました。もちろん初心者クラスS5と中学生クラスC1です。
前日に名水亭に自走で到着、自転車置き場が確保されているのかと思いきや、なし。部屋に持ち込んでもOKということなので、そうさせてもらいました。他の観光客に目をまるくされるのかなと思いきや、意外とそうでもなく、慣れた感じでした。

夕食は、バイキング。愚息はミニステーキおかわり10杯で、満腹。明日のレースで腹痛おこさないか少し心配だが、めったにこんな立派なホテルのバイキング食べる機会はないので、まあいいか。同室の他選手にも、食べっぷりにあきれられるしまつ。

天気はこんなかんじで、最高。ことしは、3レース連続で天候に恵まれお天道様に感謝。
f0114954_9542198.jpg

S2,S3,S4が大量にスタートした後、C1,S5,Mがのんびりムードでスタート。いきなりの登り5kmです。快調に登りはじめて1kmほどで、愚息のFELTがチェーン脱落。メカニックがへぼでした。
まあ、それはいいとして(笑)、その直後に居た某有名チームの某有力中学生が「どけ!右に」とどなる。「おまえの自転車ハンドルついてねーのか」と一瞬突っ込みそうになったが、そこまで余裕がなかった。事前に聞いてはいましたが、道内ロードレースの雰囲気、残念な感じですね。道内MTBレースなら、某ボスにつまみ出されるところでしょうか? それにしても、「どけ!」ってことばが間髪おかずでてくるところをみると、普段からそのような環境の中ですくすくと育っていることも予想され、かわいそうという感じがしないでもない。幅5メートルもあろうかという広々した状況で、そんなに真っ直ぐはしりたければ、風除けに他選手の後ろばっかりくっつかないで、自分で先頭走ればいいでしょとも思うしね。

そんな残念な感じの幕開けでしたが、ちょっと愚息を待つ感じの登りでピーク付近を迎えました。
f0114954_10144980.jpg

写真の中学生は、クロモリな感じのバイクで元気に登っており、好感もてましたが、このあとの私と青ジャージS5クラスの方の下りの引きでちぎれてしまった模様です。わたしと青ジャージさん二人で下り区間をローテーションして、愚息をアシストした結果になりました。最後の細道下り区間はいろんなひとに脅かされていたので、ちょっと抑え目に入ったのですが、前日のスタッフによるコース作りのおかげと、快晴の天気で、おもったより気持ちよく下れました。気づくと愚息と青ジャージさんをちぎってしまっていましたが、登り区間にはいるとすぐに愚息に追いつかれ一気にちぎられました。チェーン脱落によって、愚息のレースを1周だけでも一緒に走れてラッキーだったかもしれません。
f0114954_10225218.jpg
f0114954_1023491.jpg

下り区間ではS3,S4,Jの選手と合流。直線下り番長的走りの方ともご一緒させていただき、楽しかったです。それにしても、Jでヘタれていた連中にはもうちょっと頑張ってほしいな。40,50のオヤジにガンガン抜かされてどうする。まあ、こっちは2周でおわりですけど(笑)

その後、愚息はほぼ一人旅だったみたいで、下りで私が追い上げたみたいで、登りで思い切りちぎられたわりには、結果的には20秒ほど愚息に遅れてゴール。リザルトも↓なことになり、楽しい1日でした。
f0114954_10294928.jpg

by aero_boy | 2010-05-31 10:29 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy