チャレンジツールド北海道in大滝

通称、チャレンジとか、大滝とか呼ばれているみたいですね。この大会のエリートクラス上位入賞者が、ツールド北海道に出場する北海道選抜チームメンバーに選ばれます。

ことし、はじめて参加してきました。もちろん初心者クラスS5と中学生クラスC1です。
前日に名水亭に自走で到着、自転車置き場が確保されているのかと思いきや、なし。部屋に持ち込んでもOKということなので、そうさせてもらいました。他の観光客に目をまるくされるのかなと思いきや、意外とそうでもなく、慣れた感じでした。

夕食は、バイキング。愚息はミニステーキおかわり10杯で、満腹。明日のレースで腹痛おこさないか少し心配だが、めったにこんな立派なホテルのバイキング食べる機会はないので、まあいいか。同室の他選手にも、食べっぷりにあきれられるしまつ。

天気はこんなかんじで、最高。ことしは、3レース連続で天候に恵まれお天道様に感謝。
f0114954_9542198.jpg

S2,S3,S4が大量にスタートした後、C1,S5,Mがのんびりムードでスタート。いきなりの登り5kmです。快調に登りはじめて1kmほどで、愚息のFELTがチェーン脱落。メカニックがへぼでした。
まあ、それはいいとして(笑)、その直後に居た某有名チームの某有力中学生が「どけ!右に」とどなる。「おまえの自転車ハンドルついてねーのか」と一瞬突っ込みそうになったが、そこまで余裕がなかった。事前に聞いてはいましたが、道内ロードレースの雰囲気、残念な感じですね。道内MTBレースなら、某ボスにつまみ出されるところでしょうか? それにしても、「どけ!」ってことばが間髪おかずでてくるところをみると、普段からそのような環境の中ですくすくと育っていることも予想され、かわいそうという感じがしないでもない。幅5メートルもあろうかという広々した状況で、そんなに真っ直ぐはしりたければ、風除けに他選手の後ろばっかりくっつかないで、自分で先頭走ればいいでしょとも思うしね。

そんな残念な感じの幕開けでしたが、ちょっと愚息を待つ感じの登りでピーク付近を迎えました。
f0114954_10144980.jpg

写真の中学生は、クロモリな感じのバイクで元気に登っており、好感もてましたが、このあとの私と青ジャージS5クラスの方の下りの引きでちぎれてしまった模様です。わたしと青ジャージさん二人で下り区間をローテーションして、愚息をアシストした結果になりました。最後の細道下り区間はいろんなひとに脅かされていたので、ちょっと抑え目に入ったのですが、前日のスタッフによるコース作りのおかげと、快晴の天気で、おもったより気持ちよく下れました。気づくと愚息と青ジャージさんをちぎってしまっていましたが、登り区間にはいるとすぐに愚息に追いつかれ一気にちぎられました。チェーン脱落によって、愚息のレースを1周だけでも一緒に走れてラッキーだったかもしれません。
f0114954_10225218.jpg
f0114954_1023491.jpg

下り区間ではS3,S4,Jの選手と合流。直線下り番長的走りの方ともご一緒させていただき、楽しかったです。それにしても、Jでヘタれていた連中にはもうちょっと頑張ってほしいな。40,50のオヤジにガンガン抜かされてどうする。まあ、こっちは2周でおわりですけど(笑)

その後、愚息はほぼ一人旅だったみたいで、下りで私が追い上げたみたいで、登りで思い切りちぎられたわりには、結果的には20秒ほど愚息に遅れてゴール。リザルトも↓なことになり、楽しい1日でした。
f0114954_10294928.jpg

トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/13850849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by c295133 at 2010-05-31 15:49 x
「お前の自転車ハンドル付いてねぇのか!」
スバラシイ。頭の中にメモっておきます。

残念ながら札幌市内のサイクリングロードでもたまに怒鳴り散らして走ってる輩がおりますので、是非試してみたい一言です。
Commented by naoki at 2010-05-31 18:22 x
お疲れ様でした。そして入賞おめでとうございます。
最後のSトラックはMTBerにとっては,楽しいセクションですよね。
それにしても残念な中学生。。
チームでそんな事も教えないんでしょうかね?
あのコースで抜かせなかった抜かせるレースなんて無いんじゃないでしょうか(笑)
Commented by まーくん at 2010-05-31 21:25 x
お疲れ様&入賞おめでとうでした。写真の中学生が乗っているのは07GIANT OCR-3でアルミですよ。ウチのにーちゃんが中2中3と練習にレースに乗りたおした約7万の自転車です。
ちなみに、その子の本業は冬のクロカンスキーで、当然ですが雪の上ではウチの兄弟も全く敵いません(笑)。
それとウチもMTBが先でロードが後ですがロードレースでも全てが残念なワケではありません。
極一部にそうゆう輩(大人を含め)がいるだけです。

Commented by aero_boy at 2010-05-31 21:48
c295133さん。
え、サイクリングロードでも居るんですか!? 渋谷のスクランブル交差点とか行ったら、そういう方は、喉がかれるぐらい怒鳴るんでしょうかね。
Commented by aero_boy at 2010-05-31 21:58
naokiさん
ありがとうございます。
残念な中学生、あとから考えると大きくて有名なチームジャージを着て走っていると勝たなくちゃというプレッシャーが大変なんだろうなと、ちょっと気の毒にも感じますね。MTB耐久レースとか出てくると速いでしょうね。
Commented by aero_boy at 2010-05-31 22:06
まーくんさん
ご指摘ありがとうございます。うちもアルペンのオフとレにとMTBをはじめたのが、いつの間にやらメインになってしまってます。
その子に1周目の登りは引いてもらっていたのですが、うしろで愚息と会話していたら、前のその子がわたしに文句言われたのと勘違いしたのか、あわててスピードあっぷしてよけて行きました。こんど合う機会がありましたら、勘違いだったよとお伝えください。
Commented by bandani at 2010-05-31 23:59 x
親子そろっての入賞、おめでとうございます!^^! いやぁ~素晴らしいですね^^ 見に行きたかったです~><
さてさて・・・・残念なその子・・・逆にそういう環境で走りなれてしまったのがかわいそうですね>< もっとレースって、自転車って楽しいものなのに~>< 「勝ち」は確かに大切かもしれないけどそれよりもまず「楽しむ」事ですよね~^^ 楽しまなきゃ損♪
Commented by aero_boy at 2010-06-01 00:46
結果が出るとそれも楽しいですからね。結果にこだわりすぎると、こんどは、元々自転車が楽しくてはじめたのを忘れてしまう。われれも気をつけないと。
あ〜、それにしてもホイール欲しい (^^)
Commented by ダイ at 2010-06-01 05:24 x
お疲れ様でした、そしておめでとうございます。

頂上付近で、奥さんと娘さんがパチパチ持参で応援してくれたため、その場所ではスピードがアップしました。

Commented by aero_boy at 2010-06-01 13:01
ダイさん、おつかれさまでした。
あのポイントで応援は、レース展開があったり、皆さんの頑張っている(苦しんでいる?)表情がみれたりと、楽しかったようです。ほぼ全員を応援していたようですが、応援しがいのある反応をする人、無視(余裕が無い?)する人とさまざまで、外人さんはみな反応がいいと申しておりました。ダイさんは花丸2重◯合格だったようですよ(笑)
by aero_boy | 2010-05-31 10:29 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(10)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy