ニセコ 花園MTBコース

今月27日には、ニセコ花園スキー場で日本自転車競技連盟公認のJ3のMTB大会が行われます。下見にいったところ、造成作業中でしたが、走らせていただける許可がおりたので、さっそく走ってきました。
f0114954_991117.jpg

花園スキー場は、ニセコの中では混んでいないので、時々滑りに行っていたのですが、去年までロッジがプレハブで、経営にもあまり気合が入っていない雰囲気でした。今シーズンは外国資本の親会社が気合をいれて開発しているみたいです。ロッジも豪華で内部もちょっと異国情緒が漂います。

MTB XCのコースは、ちょうどロッジの向こう側のゲレンデをうねうねと登り、左側のリフト乗り場の横あたりに林の中を下ってきます。そのあと、上の写真には写っていませんが、左下の方に降りていって、池のまわりをグルッと一周、そのあと写真にも写っているちょっとした林の中にシングルトラックをつくってそこを走ってスタートエリアに戻ってくるコースになる予定だそうです。

道を隔てたスペースには、パークも造成中。
f0114954_9174851.jpg

こちらもなかなか気合が入っています。走りたかったですが、XCコースの下見がメインだったので、遠慮しました。

山頂付近にはまだ残雪がたっぷりで、吹き下ろしてくる風はひんやりしていましたが、天気は最高です。
f0114954_920340.jpg


コースはこんな感じの蛇行した登りを数百メートル登ります。直登ではないので、あまり斜度はきつくなく、幅も3mほどと十分なので、ながい登りのなかで、抜きつ抜かれつのおもしろいレース展開が期待できそうです。

f0114954_9241863.jpg

路面は、赤土がおおくてあまり石ころはありません。
f0114954_9245427.jpg

もし雨の天気でウェット状態なら、ぬるぬるで大変そうではありますが、基本的に斜面なので、沼状態にはならないでしょう。

上り詰めた場所からの下りは、登りと同じような赤土ワインディングをすこし下った後、土手の林のなかをちょっとくねくねとリフト乗り場まで下ります。けっこう幅がせまく根っこも少しあり、なかなかテクニカル。685mmのハンドルだったので、数回枝にヒットさせてしまいました。ここでは抜くことはできないので、木に激突や落車をしないように冷静なライン取りが必要かも。

ゲレンデ下の池のまわりはまだ造成していなかったので、どんなコースになるのか分かりませんが、コースの切り方によっては、かなり難易度の高いおもしろいコースも作れそうです。

J3の大会ということで、コースのおもしろさについては、正直あまり期待していなかったのですが、いい意味で期待を裏切られ、27日がとても楽しみです。

申し込み締切りは過ぎているのですが、もう少し受け付けるかもしれないということなので、興味のある方は問い合わせてみてはいかが
★★★

花園の下見のあとは、久しぶりにヒラフのD線で数本、さらに比羅夫・ビレッジ間のシングルトラック往復と、盛りだくさんな土曜日でした。
D線のあまりのたのしさに、フルリジッドな29erでジャンプ台からとんでしまい。なんなく着地したものの、衝撃で首が軽いムチウチ状態です(笑)
f0114954_9381178.jpg

by aero_boy | 2010-06-07 09:38 | トレイル/山サイ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy