小樽天狗山コース掃除&ライド

土曜の花園試走とD線ダウンヒルでかなり充実していたのに、日曜日はさらに小樽天狗山のとげ枝ひろいをかねて走って来ました。
f0114954_11460100.jpg

ゲレンデ部分には、かなりとげとげの枝がおちており、しっかり排除しないととても走れない状態。午前中を全部つかって綺麗にしました。それでも、棘によるパンクが2回ありました。

林のなかのシングルトラック部分には、棘は落ちていないのですが,倒木がコースをふさいでいる箇所が多く、ノコギリをもっていってなかったので、ちょっと苦労しましたが、すべて撤去できました。

午後からは、お楽しみの試走。FサスなしのフルリジッドなAir9で、どこまで攻められるのか。探りながら走り始めようと考えていたのにもかかわらず、チームメンバーの果敢な走りにつられて、1本めからかなりのスピードで根っこセクションの登りくだりに突っ込んでしまった。

いままで、4ヶ月ほどかけて、腕サスを鍛えてきたつもりだったが、さすがに天狗山のコースは一味違いました。1周終わった時点で手のひらと手首にしびれが残る。その後2周ほど腕サスを意識して回るも、同じような感じで、「これはレースで7周はきついかな」との思いが頭をよぎる。

ちょっと休憩をはさんで、下の娘と一緒に、シングル部分だけをゆっくりと流してみた。スムースに走れるラインを丁寧に考えながら走ってみると、やっぱり大丈夫なんじゃないかと思えてきた。
f0114954_11562423.jpg


その後、2周ひとりで全力アタック。スムースに走れるラインが見えてきた。肘の曲げ方も全然足りていなかったことに気づく。速いかどうかは分からないが、最初の3周よりも、ずっとスムーズに気持ちよく走れる。手のしびれもない。

やっぱり乗り方がわるかったんだな。Fサスがないことのせいにしてはいけませんね。

追記:タイヤ:KENDA KARMA 29x2.2 normal をチューブレス化
   空気圧 フロント:1.2bar リア:1.0bar

KARMA 2.2のゴムは、結構厚手なので、Fサスなしで、こんな低い空気圧でいけましたが、レースで使おうと思っている、Racing Ralph なら、フロント1.5, リア1.2ぐらいにしないと、いくらチューブレスでもダメかも。
by aero_boy | 2010-06-08 11:59 | トレイル/山サイ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy