レース用にXTRハブ

いまAir9(29er)でレース用に使っているホイールは、ZTR355リム、XTハブの組み合わせ。リアホイールはDT レボ 2.0/1.5 の軽量スポーク、フロントは2.0の普通なスポーク(メーカー不明)を使っています。普段乗り用には、SHIMANOのクロスバイク用のホイール(WH565だったかな)を流用しているのですが、こいつが強度的には問題ないみたいですが、重量級拷問ホイール。

なので、先の355ホイールを普段乗りに下ろして、別にレース用のホイールを手組しようと目論みました。初の手組ですが、スポークの引越しやロードホイールのスポーク組み直しなどでだいぶ練習したので、そろそろ挑戦してみようと思います。

XTハブは結構重いということがわかったので、DT240かXTRかで悩みましたが、XTRのコストパフォーマンスに軍配があがりました。もちろん性能に関しては、すでに完組でXTR26インチホイールを使って、その性能に十分満足しているので、心配していません。
f0114954_1104963.jpg

箱から出した瞬間、そのしっかりした造りに、ちょっと感動です。重量もぴったりカタログ値通りの
フロント150g、リア270gでした。リアの右側(フリー側)フランジ(スポーク通すところ)の厚さがかなりあるので、2.0/1.5のスポークの頭がしっかり通るのかちょっと心配。

リムには、ZTR CREST を選択。そろそろ海の向こうから到着するはず。待ち遠しいです。
スポークは、355ホイールと同じ、フロント2.0mm、リア2.0/1.5で組む予定です。
by aero_boy | 2010-07-29 01:16 | ホイール/タイヤ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy