Manitou サスのオーバーホール

軽量で気に入っていたManitou R7 MRD。動きとしては、問題ないのですが、ときどきカチカチと音がするので、気になっていました。

外は雪がどしどし降り積もる天気。今日はおとなしく室内でManitouのサスをオーバーホールに挑戦してみました。

最初の難関はアウターレッグ下にあるリバウンドのネジが外れません。
f0114954_22475612.jpg

7mmの六角レンチが必要。ところが7mmの六角レンチがない。あわててホームセンターに買いに走るも、いくらさがしても7mmの六角レンチが見つからない。セットになっているものでも、4,5,6,8,10mmのものばかりです。もしかして、7mmは特殊なのかな。

ボルトを連結する7mmのナットで代用してなんとか窮地を脱出しました。

エアスプリング側のボトムスペーサーらしきプラスチックのパーツが破損してました。
f0114954_22484487.jpg

f0114954_22523714.jpg

たぶん、思いっきり底をついてしまった時の衝撃で割れたんでしょう。記憶にはないんですが。

これがなぞのカチカチ音の原因かな。まあ、そうでないとしても役にもたたないゴミをはさんんでおいても意味がないので、取っ払いました。いままでも、サス機能的には問題なかったですからね。また底をつかないように空気圧は高めに入れました。

ロワーレッグ以外の全パーツ。
f0114954_22573729.jpg

意外と点数少なく、噂のとおりシンプル。

組み立てには、ちょっとしたコツも有りましたが、二人で半日かかって組み上げました。
f0114954_230063.jpg


動きは問題ないみたいです。
by aero_boy | 2011-01-16 23:00 | サスペンション

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy