リハビリ卒業試験:WBI測定

怪我をして5ヶ月間リハビリを続けてきた。現在の日本では、5ヶ月間以上は、同じ病名で保険が効かないということを今日になって知った(笑) 医者に診察してもらって別の病名がつけば、またリハビリに保険が効くのだが、だいぶ回復してきたので、ここで一区切りつけて、通院リハビリを終了し、自主リハビリに切り替えることにした。

リハビリ卒業試験というわけで、ごっつい装置(1千万ぐらいするらしい)で脚の筋力を計ってもらった。簡単に言うと、椅子に座った状態で膝を90度まげたところから、思い切り膝を伸ばして、その力を計るというもの。体重を支える筋肉、大腿四頭筋の強さを知ることができる。

測定される量は
トルク=力×距離 [N x m]
ここで、距離と言うのは、膝から足首までの長さのこと。なので、
力=トルク/距離 
で力が求まる。

これから分かる力を、体重を支えるのに必要な力で割ったものが WBI という量。
体重を支えるのに必要な力=体重×重力加速度[kg x 9.8 m/s^2]

結局、全部まとめると
WBI=(トルク/距離)/(体重×9.8)

ということで、たとえば、私の左脚の場合、トルク=188[Nm]、距離=0.23[m] (脚の長さがばれるな(笑)。 現在体重61[kg] ということで、

WBI=(188/0.23)/(61x9.8)=1.37

つまり、左脚一本で、体重の1.37倍を支える事ができる。ちなみに麻痺が左よりひどかった右足のWBIは1.36で大差ないことが判明した。

ちなみに、WBIの意味をWEBで調べてみると、1.2以上はトップアスリートらしい。え? (つづく)
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/15588027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aero_boy | 2011-03-01 01:48 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy