風のエネルギーで生きのびる

福島第一原発の冷却にはまだかなり時間がかかりそうな情勢。人類史上最悪のチェルノブイリと同等の事故に格上げ?される可能性もあるとか。実際の放射線による被害はパニックになるほどのことはないと理解しているが、まちがいなく実際に被害を被るのは、観光、農業、漁業などの風評被害の方でしょうね。

まあ、それも時間が経てば忘れ去られるとしても、やはり原発という「必要悪」を未来永劫かかえ込んでいなければ、我々はこの便利な文明生活を続けることは出来ないのだと思うと、気分が憂鬱になる。たとえば、24時間のうち、3分の1の8時間は電気が使えないような生活をする準備が出来ているのか?わたしには出来ていないな。もし、出来ていても石油は数年後に産出がピークを向かえ、減産に向かうのはわかっている。そのうち(どれぐらい先かが問題だが)なくなるのは目に見えている。人類はお先真っ暗なのか?

水力、太陽光、風力、地熱など再生可能エネルギーに既存の技術を使うだけで、人類が必要とするエネルギーの何十倍も簡単に供給できるという、能天気?な感じの解説記事があったのを、ふと思い出した(日経サイエンス2010.01)ちょっとにわかには信じがたい。その記事のリファレンス論文をゲットしてみた。
f0114954_1352579.jpg

地球上の風速観測データから地上80メートルの風速を推測してみると、人類の必要とするエネルギーの7倍以上のエネルギーを得るのに、風力で十分という内容。楽観的過ぎないかなと、少し詳しく読んでみると、意外とちゃんと計算してある模様(笑)
とくに大陸の海岸沿いは発電に適しているらしい。日本は好条件。

すくなくとも、重苦しい放射能のニュースばかり聞かされるなかで、気分の晴れる論文ではあった。
もうちょっと、詳しく読んでみる予定。
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/15801597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazz_hoso at 2011-04-14 09:09
ドモドモ、私見です。
風車は風が強いと回さないようにしてるのが現状です。
低音公害、鳥類への被害、あまり好ましくない発電装置です。
個人的には風車が立ち並ぶ光景は正直気持ちよくありませんね。
Commented by aero_boy at 2011-04-14 13:15
久しぶりですね。
補助金目当ての、お飾り的な風車が多いみたいですね。ご指摘の通りデメリットがいくつもあるのも事実のようです。でも原発は公害どころか人類全体を危機に陥れることがはっきりしたので、天秤にかけたら、天秤がぶっ壊れるんじゃないかと(笑)
風車が立ち並ぶ光景、私個人的には好きですが、その下に住みたいとは思いません。

それから、この記事に書いたのは、風力の可能性についてでして、実際にエネルギー源として利用していくには、エンジニアリング的なところもふくめてまだまだのようです。が、原発でやっていくよりずっと未来が明るいと考えています。
by aero_boy | 2011-04-12 13:11 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(2)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy