八幡浜の反省#2

われながら、もうちょっと気の利いたタイトルないかと思うが、思いつかない(涙)

今回あまりにも準備時間が足りなかったので、なにもかもめちゃくちゃだったわけだが、極私的コースインプレなどしてみたい。スポーツはショートカットなしの5kmほどのコースを2周回で争われた。グラウンドからロードを500mぐらい登ってすぐシングルに入るが、100人ほどの一斉スタートで大渋滞は避けられない。まあこれがクロカンレース。だからみんな接触によるクラッシュ覚悟でスタートダッシュするわけだ。わたしはしませんよ(笑)今回も少し前方で集団落車発生。自分もダッシュしてたら、多分巻き込まれてたと思う。

コース前半のシングル下りはそれほど難しくはないが、試走なしの久しぶりのシングルトラックなので安全運転、安全運転。前半登りはさすがにウォーミングアップなしが効いて心臓つらかった。意外と脚は大丈夫だったが、ハードパックされた上にうっすら雨で濡れた路面に後輪タイヤCROWが噛まない。前輪はRacing Ralph だったので、下りはそれほど滑らない。この時点でも80番前後を走っていたと思うがこれくらいのレベルのライダーだと登れない選手も多くいて、渋滞ぎみ。結局自分もバイクを降りた。昨年の怪我以来、ペダリングはなんとかなるが、バイクを押してのランがどうしても苦手。なんとか歩いて押してグラウンドまで登った。今度のレースでは根っこ区間も含めて、順位を落としたのは、このバイク押し歩き区間だった。あとから思うに、タイヤの空気圧がちょっと高かったのもあると思う。

グラウンドを過ぎて桜坂。ここでも他選手とからんでしまい、またしてもバイク降りて押し登り。桜坂を越えてからの仮舗装までの下りは、試走してないのもあって、怖かった。歩行者が作ったのか周期が数十センチの波板状態の下りで振動で視線がブレる。後から考えてみると、サスのリバウンドを林道仕様のうさぎさんにしてあったのが悪かった。思いっきり亀がわにふってあれば、もう少し落だったと思う。

仮舗装の長い登り区間だけが、他選手を抜ける区間だった。根っこ区間(通称ゴジラの背中)で集中力を失いたくなかったので、仮舗装登りではあんまり踏まないようにした。とにかく、今回の私の最大の目標は怪我なくフィニッシュだから(笑)

仮舗装おわってから、ゴジラまでの激登りも石や根っこ部分でリアトラクションを失って、足つきしてしまう。タイヤの選択を間違ったのもあるが、そういえば今シーズンまだこんな激登りのぼるのは初めて。

さて最難関のゴジラの背中区間。結局レース2周回と復習ラン1回の計3回走ったが、1回も乗車でクリアできなかった。昨年の根っこクラッシュ救急車事件のトラウマから逃れられていないみたいだ。肉体的なものなのか、精神的なものなのか、肘が硬直しているのが自分でも分かる。100mmストロークのFOXサスになんとか助けてもらうも、どうしても片斜面の低い方にラインが流れてしまって、コースアウトしてしまう。スピードは十分過ぎるほどおとして走ったので、かすり傷ひとつ負わなかったが、2どほどほぼ立ちゴケしてしまった。すこし言い訳させてもらえば、やっぱり後輪の空気圧が高すぎたのと(1.8ぐらい)、Fサスのリバウンドが速すぎたのもあると思う。とにかく根っこシングルで肘を柔らかく使えるようになるには、まだまだリハビリランが必要なようだ。

f0114954_219235.jpg

エリートYさん。かっこいいですね。ちなみに北海道に帰って来てから気づいたのだが、今回の遠征、自分たちの写真が1枚もない(涙)
by aero_boy | 2011-04-25 21:10 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy