士幌XC2011 レース

エリート・エキパのレース。写真はn@oki君から頂き物。ありがと〜。
f0114954_19154887.jpg

Fu'sでは出ていなかったライダーが多かったので、Fu's でポイントゲットしていた愚息はなんとエリート1列目でスタート。「スタートから全然詰まらなかったので、気持ちよかった」そうです。そりゃそうだろうね。
1周目までは先頭見えてたみたいだが、すぐに、前の4人とはちぎれてしまって、ちからさんねこスピードさんと3人で抜きつ抜かれつになったらしい。すごいメンバー。「レース前には6位以内目標だよ」なんて言い聞かせてあったが、本当にそれをやっちまうと、こっちの気持ちがむしろついていけていない。いかん、いかん。

登りは、ちからさんに引っ張ってもらって、下りは、ねこスピードさんに食らいついて走ったらしい。いい練習×自信になったことでしょう。この場を借りて御礼申し上げます。もう、とても、わたしの手には負えません、MTBでは。ここまで4年間、小学5年の時からいっしょに走ってきたが、ず〜と前の方に行ってしまった。去年の親子デッドヒートが懐かしい。

f0114954_19303721.jpg

わたしはと言うと、「安全運転90%、頑張り10%」を完全にわすれて、士幌のすばらしいトレイルとAir9 Carbonとみなさんのありがたい声援の中で、無我の境地で走ってしまいました。
レース展開的には、例によって後ろから何人か抜いていく展開。中盤からはS田さんに登りで追いつき抜いて(Air9 Carbonの恩恵大)下りで抜きかえされを繰り返す。おもしろかった、というよりは、またこんなレースができてうれしかった。戦略的なことといえば、水分補給は必ず行ったことと、終盤エネルギー切れ防ぐために3周目でPowerBarを注入。その瞬間、S田さんにぶち抜かれたけど、これは最終的に効きました。

f0114954_19434484.jpg

写真撮っていただいたり、大声援いただいたみなさま、ありがとうございました。なんかばたばたしてしまって、あまりみなさんと挨拶できなかったのがすこし心残です。
by aero_boy | 2011-06-13 20:45 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy