珍しく、サイコンつけて走ってみた

天狗#2では、珍しくサイコン Garmin EDGE 500 と心拍センサーつけて走った。
Linux でもフリーのトレーニング支援ソフト(Golden Cheetah)があるので、重宝している。
f0114954_1241652.png

GPSなので、標高や経路も残っている。写真中の茶色いのが標高。ちゃんと6周している。

17.0km 走ってタイム1h24m。平均速度12.2km/h でした。最初の3周ぐらいは一周13分台で走っているが、最後は15分ぐらいかかっている。平均すると一周ちょうど14分。

トップのS平が平均速度15.9km/hほどで走っているので、自分はその77%のスピード。まあ、そんなものか。スピードでいえば、次は80%が目標かな。

青い線が心拍。平均心拍は168だった。普段の走行では最高心拍が160ぐらいしか上がっていなかったので、レース前には、最高170ぐらいで走れるかなと予想して、ウォーミングアップに普段より長い30分かけて、心拍170x1分間まで上げてレースに挑んだ。レース中もチラチラと心拍を見ていたのだが、意外と170は頻繁に越えていた。結果的に最高心拍180まで上がっていた。レースってやっぱり頑張れるんですね。逆に言えば、普段いかにサボってるかよくわかる(笑)

グラフ見て分かる通り、だららと心拍の平均がさがり、それと同時にスピード(緑線)も落ちているのがわかる。気がつくのが、下りでの心拍のおちかた。時間が経つに連れ激しく落ち込んでる。つまり下りで休んでるってことですね。

2周目のゲレンデ下り部分でスピードが出てる。偶然元DHチャンプのYさんの後ろだったので、下り頑張ったらどれぐらい行けるのかYさんを追っかけてみた。やっぱりスピード出てたんですね。もちろん最後は離されてしまったが、思ったより背中みながら追いかけられたので少し自信に。それに比べて、後半疲れたときの下りの遅さがひどいな(笑)
by aero_boy | 2011-08-09 12:20 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy