タイヤの性能・性格を決める要素

タイヤと言う部品は、飛行機で例えて言えば主翼のようなものである。飛行機の胴体形状も尾翼の面積も配置も、もちろんエンジンも、それ以外の要素も重要で不可欠なのは当然であるが、中でももっとも重要な働きをしているのが主翼であるというのは素人が考えても分かる。飛行・飛翔のメカニズムがまだ解明されていなかった時代から、その鍵を握っているのは「翼」であるということだけは分かっていたのである。飛行のメカニズムが解明されて、スペースシップで宇宙まで飛んで行こうとしている現在でも、翼型や翼平面型はNASAなどによって徹底的に研究されている。

スポーツバイクとの比較で、もう少し詳しく言うと、「翼」に例えられそうなのは「ホイール+タイヤ」となる。実際に地面に接している部分はタイヤなので、翼との比較でいえば「翼型(断面型)」がタイヤに相当するだろうか。

なんだか比較をすることで、よけいに話をややこしくしているようにも思えるが、要するにバイク(自転車)の走行性能の鍵を握っている要素がタイヤであると言いたいのだ。
f0114954_043334.jpg

とくにMTBの場合には、タイヤが違えば劇的に走りが変ってくると考えられる。タイヤに比べればフレームがカーボンかチタンか鉄か、ドライブトレインを2x10にすべきか3x9にすべきかなんて、はっきりいってどうでもいいことに思える。

ま、それはちょっと言い過ぎかもしれないが(汗)、そういう話は専門家にまかせて、MTBタイヤの走行性能・性格を決める要素を考えてみた。
(1) ブロックパターン
(2) 重量
(3) 幅・エアボリューム
(4) ゴムの硬さ
(5) 空気圧
(6) 路面状況
(7) デザイン
ざっと挙げてみても7つもある。7番目のデザインは気分(モティベーション)の問題だから、あまり関係ないかも知れないが、一応入れておいた。

これらの要素の組み合わせで性能・性格が左右されるのであるから、それはもう、無限に変化に富んだライディングが楽しめるのは、容易に想像できる。

ということで、2012シーズンは29タイヤの性能・性格比較をテーマに掲げてみようと思う。
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/17055681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bandani at 2012-01-11 20:12 x
あけましておめでとうございます^^ お久しぶりです♪
今年も大会等々でお会いできるのを楽しみにしています♪ 去年のラストに新車となって、熟成も徐々に進み、性能的問題点が一つ一つ解決されてきました^^
今年は楽しく・気持ちよく走れそうです(笑) 今年もよろしくお願いいたします♪
Commented by aero_boy at 2012-01-12 11:30
お、熟成してきましたか。それ大きいよね。昨シーズンのわたしのバイクAir9Carbonなんだけど、レースシーズン直前に組んで、ばたばたしながら使ったので,なんかしっくりこなかった。冬の間に熟成させた、Air9のほうがしっくり来たからね.
今度じっくりMTB談義しよう(^^)
Commented by オイリン! at 2012-01-13 17:06 x
ども~~今年もヨロシクお願いします(^^)
タイヤテストですね~!楽しみにしてます♪

まぁ~~買えるかどうかはわかりませんが・・・(笑)
Commented by aero_boy at 2012-01-14 09:27
例によって、体力の無さ、テクニックの稚拙さをマテリアルでカバーしようという考えです〜(^^;
by aero_boy | 2012-01-10 00:54 | ホイール/タイヤ | Trackback | Comments(4)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy