Fu's 4時間耐久 2012

MTB XCのワールドカップは、もう4戦目のこの時期に、待ちにまった北海道のMTBレースシーズンもようやく始まった.気温もけっこう上がって、久しぶりに日焼けしました。

昨シーズンの最後、石狩4時間耐久レース以来のMTB仲間にひさびさにお会いできて楽しかった。

もう、新車のオンパレードで、わたしの27.5(650B)ホイールなんか吹き飛んでしまった(笑)そのなかでも、ナ◯キさんのFlash Carbon 29erの軽さが衝撃的。なんと、8キロ台のマウンテンバイク。重さが軽いだけなら以前にサン◯スさんのバイクがあったけど、剛性とか耐久性が微妙に不安な雰囲気が漂っていた。しかし、今回のFlash 29はCannondaleが本気でオリンピックやワールドカップに突っ込んでくるバイクだからその辺は当然無問題なのでしょう。今回の耐久レースでも貫禄の優勝でした。

自分のレースはというと、最初の2時間はウォーミングアップで、という意識が、スターとしてみると周りのクロカンレースな走りに触発されてしまい、意識とは逆に、1時間半で終了みたいな状態でした(笑)
f0114954_1383460.jpg

bandaniくん写真ありがと

でも、逆に言えば、1時間半までは去年の状態と比べてもかなりいい感じに楽しめたので良としよう。

27.5(650B)ホイールで挑んだのですが、結論から言えば今回は29の方が正解だったでしょうね。まあ、それは想像していたのですが、せっかくの初戦なので、27.5ホイールのお披露目だったということで。
f0114954_12294297.jpg


スタート前にBG8の面々などとプチ試乗会だったのですが、27.5ホイールwith 29erフレームはなかなかの人気でした。

ただし、レース本番では予想外の問題勃発。芝生のコーナーでバイクを倒し込んで、立ち上がりにペダリングはじめる瞬間にペダルが地面にぶつかって、だいぶ芝を掘ってしまいました。数回あったのですが、最初の時は、気をつけて無かったので落車、膝をだいぶすりむいてしまった。
f0114954_1230326.jpg

BB位置が20mm下がった効果がこんなところに現れるとはちょっと予想外でした。丸太越えは、チェーンリングぶつけながらもほぼ問題無しにクリアでした。

やっぱりEBBを使ってBB位置をあげなきゃダメみたいですね。

Flash29の軽さにも刺激されて、士幌に向けてAir9 Carbonの改造妄想がむくむくと。。。。
f0114954_12301860.jpg

by aero_boy | 2012-05-21 12:14 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy