たまには made in Japan

気がついてみると、ドライブトレインのSHIMANO以外はmade in Japanは自分のバイクについていない。いいと思うもの、かっこいいと思うものを集めて、こうなったので、それで別にどうということもない。

資本主義経済においては、金を出してものを買うという行為は、選挙の投票みたいなもの。いや、本物の投票よりも影響は大きいかもしれない。

最近では、日本メーカーで新潟三条のアウトドアメーカーSnowpeakに感心したところだが、こと、MTBタイヤとなるとIRCのゴム質にがっかりして以来Shwalbe かMAXISかKENDAばかり使っている。

Panaracer Driver29erPro 29x2.20 を先日釧路方面で目にして試してみたくなった。
f0114954_1135422.jpg



手に取って、リムにはめようとすると、なんとなくmade in Japanなゴムの香りな気がする(^^)
ちいさなブロックが大量に配置されていて、こういブロックパターンのタイヤ自体、はじめて。
f0114954_1132094.jpg

ゴムの性質も、手で触った感じ、粘りがある。まあ、実際使ってみないとほんとに粘りがあるかどうかは分からないが。

幅は1.95とか2.10, 2.25のものが多いと思うが、このDriver29erProは2.20インチ。
時間を掛けてテストを重ねたというMr. 29er やまめさんのこだわりを感じる。
f0114954_113808.jpg



重量は、カタログ値590gだが、実測600g。
f0114954_1139786.jpg


NoTubeのCREST 29er のリムにはめてみたが、ビードはかなりキツめで、タイヤレバー必要だった。その分、リムにビードを上げるのは簡単で、手動ポンプでなんなく成功。夜中にコンプレッサーをぶん回さなくて済んだ(^^; さすがmade in Japan!
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/17909622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aero_boy | 2012-08-28 11:43 | ホイール/タイヤ | Trackback | Comments(0)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy