あいにくの嵐でした

紅葉狩りに出かけたのに、あいにくの嵐でした。
f0114954_22242644.jpg

湖は茶色くにごるほどに波立ち、旗はちぎれんばかりに。ことしの紅葉はけっこう綺麗だとおもうが、この風であっというまに吹き飛んでしまいそう。
f0114954_22275100.jpg

次の週末まで、生き残っているかどうか。赤や黄の葉の色は、それ自体とても綺麗だが、あっというまに土に帰ってしまうと思うと、ますます写真に収めたくなる。一年365日、緑の葉が茂っていた四国に暮らしていたころには、葉っぱを追い求めて写真に撮るなど思いもよらなかったな。

短い命だからこそ、よけいに尊く感じるのでしょうね。軽々しく命などという言葉をつかってしまったが、葉は落ちて葉っぱとしての役目は終わりだが、そのあと土に帰って、また木の根に吸収され幹となるか、また葉っぱになるのか、そういうサイクルがある。古い葉は落ちないと、次の葉が出てこれないしね。

葉が落ちると山のトレイルは明るくなるので、走りやすくなってくる。くまさんもこの時期低い山に下りてくるみたいなので、出会わないようにくま鈴は必携。今日も道端で立派なエゾシカさんに遭遇した。なかなか逃げないので、あやうく引きそうだったよ。鹿って、なんかのんきな感じですね(笑)
by aero_boy | 2012-10-28 22:31 | 日常/ポタリング

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy