決戦ホイールを

手組した。来週は今季初戦の八幡浜XC。あんまり走ってないけど、機材で勝負? ホイール+タイヤを今シーズンのレース用に組んでみた。

まずは、初めてのスポークプレップ。
f0114954_2183761.jpg

ニップルを締めるあいだは滑りがよくて、完成したらゆるみ止めの機能をもつという。ゆるみ止め効果はまだわからないけど、たしかにテンションを上げていってもニップルがヌルヌル回って締めやすい。

リアホイールの場合、カセット側のスポークは2mmほど短くなるが、赤と青のスポークプレップで塗り分けておけば、混乱しない。買う前は大して期待してなかったが、たしかに便利。

ちなみに、最初、青いのと赤いので性能のちがいがあるのかなと思ったが、色が違うだけ。

適当な刷毛がなかったので、パーツクリーナーでネジ山部分を脱脂した後、数本に2mmほどスポークプレップを直付け。それでは多すぎるので、さらに付けてないスポークを数本合わせて、しばらく回すと、ちょうどいい感じにネジの谷の部分に塗りこまれる。

あっという間に手組完成。
f0114954_21132395.jpg

とは行かなかったが(^^)、いつもより楽にテンション上げられるのはまちがいない。

やっと27.5用のロケットロンをゲットした。
今年のロケットロン、ブロックにスリット入ってる。ますます食いつきがよくなりそう。
f0114954_21183919.jpg

by aero_boy | 2013-05-12 21:18 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy