新車効果?!

日曜日はDoRide XC 2013 小樽天狗山でした。
参加された、みなさまお疲れさま、レース運営のみなさまありがとうございました。

今回は、チームメンバーのバイクなどはかなりほったららかしで、自分の新車(SCOTTフレーム)および自分の練習+体調管理に集中してみた。(関係ない写真だが、やまめ号)
f0114954_21182433.jpg

結果、3年ぶりのエキパ入賞。ちゃちゃきさんのコメントが「ほどほどにがんばってね」
そんなに苦しそうな顔で走ってたかな〜(笑)ここ3シーズンのレースの中では余裕があった方だと思う。

下りも、登りも、根っこシングルも実に楽しかった。
まず下り。XTRブレーキの威力は絶大。自己分析するに、指の軽い力で強すぎず弱過ぎないストッピングパワーが得られるので、結果的に肘、肩にも力が入らず、目線もずれず、楽にスピード維持できる。

登りはバイク+身体の軽量化の効果がそのまま出た感じ。計算してみると、バイク+身体で5%ほど軽量化されているので、タイムも5%ほど短縮されるとすると、ギリギリ入賞するぐらいかなという、とらぬタヌキの皮算用をしていた。タヌキの皮がギリギリとれた(笑)

ハンドルの高さにもちょっとこだわってみた。130mmの角度可変ステムでー30度。以前と比べるとかなり前のめりだが、登りでは一番力が出しやすく感じる。実際出てると思う。下りでも、新フレームのヘッドアングルが69.5度なのが効いているのか、前傾しても安心感のあるハンドリングの安定感がある。可変ステムから固定ステムに戻せば、さらに100g軽量化効果も期待できる。

根っこと石のシングルトラック。やっぱり29ホイールの威力は27.5より絶大であることを実感した。たった1.5インチの違いなんですけどね。
by aero_boy | 2013-07-29 21:36 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy