エリートレース展開@手稲2013XC#5

2週連続の泥レース後片付けでゾンビみたいになりながら、ぼーっとしてたら週末の富士見の準備が迫ってきた。
忘れそうなので、手稲でのエリートのレース展開を例によって多少心の中の声を含めた会話風味で。

おやじ「最初っからぶっ飛ばしたのか?」
あ◯ら「いや、最初き◯◯うが凄くてね、またゲームかなにか掛かってたのかな」
お「へ〜、じゃあしばらくき◯◯うが逃げてたの?」
あ「ル◯スがすぐ追っかけたね。あれは本能だね」
お「で、あ◯らは何してたの?」
あ「漕いでたよ」
お「。。。。(怒)」
あ「き◯◯うは、1周ぐらいでうしろになったよ」
お「で、すぐ二人パック?」
あ「いや、しばらくふ◯やも一緒だったね」
お「ほう、3人でローテーションした感じ?」
あ「ふ◯やは2周目ぐらいだったか、いったん遅れた。けどまた追いついてきて」
お「お〜、ふ◯や粘ったね」
あ「3、4周ぐらいまでは3人だったかな」
お「なんだよ覚えてねーのか?」
あ「あんま覚えてねー」
お「。。。。(怒)」
f0114954_20282841.jpg

(T橋さん写真有難う御座います)

お「そのあとは?」
あ「登り区間と、下り区間は、全力でいったけど、お互いちぎれなかったね」
お「なるほど、ほんとに同じぐらいの力ってことだな。で、比較的平坦な部分では?」
あ「牽制っていうか、お休みっていうか、けっこうだらだら走ってたけど、後ろから追いついてこなかったね」
あ「じぶんも、ル◯スも平坦嫌いだから」

お「で、結局どこで勝負ついたの?」
あ「いろいろ考えて、最後の方のシングルの一番おくの折り返しで左から前に出た」
お「あそこで左から出るってことは、けっこう草を押し分けて無理やり行ったのか?」
あ「いや、余裕だったよ。今回、幅が広かったから、結構手前から左側をとったからね」
あ「ル◯スをちぎるのはできなかったけど、前に出るだけならいつでも簡単にできたからね」
お「今日のレースはシングルの幅が広かったから、最後の下りでも前に出れたんじゃない?」
あ「最後の下りでは、真ん中のラインを選んで走ったよ。」
お「???」
あ「どっちかに寄ったら、ル◯スは抜きにかかってきただろうね。真ん中を走ったら、抜きにくいからね」
お「なるほど。最後の勝負がかかった状態で、そこまで冷静に考えることができたから勝てたんだな。さすが将棋部だ、まるで詰将棋だな」
あ◯ら「。。。?」

あ◯ら「寿司くいて〜」
おやじ「ササダで勝って、年間ポイントランキング1位になったらな」
あ◯ら「。。。」


エリートのレース展開に全然関係ない写真。


機材備忘録:
Fチェーンリング:Wolftooth 30T
カセット:シマノXT 10s 11-36
Rディレーラ:クラッチON
タイヤ:ロケットロン29x2.25
空気圧:前後 〜 1.8bar
チェーンオイル:前日パーツクリーナinペットボトルで洗浄+Finish Line Ceramic wet
by aero_boy | 2013-09-10 20:53 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy