2日は裏山林道

f0114954_22143331.jpg

こういうのが、綺麗だなと思う歳になっちまったみたいだ。

このへんの景色を眺めるたびに、父方の祖父を思い出す。祖父はたいして金持ちでもないのに庭が趣味だった。池まで造って、そこにある石に苔を生やそうと、かなり努力していた。適度な湿気と気温の条件がそろわないと、ぬるぬるの苔が増えるばかりで、気持ちのいい感じの苔が生えてこない。

ところが、今私が住んでいるところから15分ほどのこの場所には、昔祖父が望んでいたであろう苔がこれでもかというぐらい綺麗に生えている。そんな苔むした岩をみたらさぞかし祖父はよろこんだろうに。

上の写真はその上に雪がかぶったところ。高知で庭を趣味にしていた祖父がこれを見たら狂喜したにちがいない。いまのわたしにとっては見慣れた風景なのだが。

欲望というものは、いまの自分にないものを、ただねだっているだけなのかもしれない。今自分の置かれている環境の素晴らしさには、意外と気づきにくいものなのだ。

真冬の北海道に住むいまの私にとって、あのぽかぽかした土佐の小春日和がとてもうらやましい。
by aero_boy | 2014-01-03 22:16 | トレイル/山サイ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy