歴史を刻む坂

6月の怒涛の4連戦の3戦目、いい思い出がいっぱいある(親子でデッドヒート2010 )士幌ヌプカの里に遠征してきた。ここはコース自体はゆっくり走ればイージーなんだけど、スピードが出るので路面状況とかブレーキングポイントが頭に入っているかどうかで下りのスピードがだいぶ変わってくる。ということで、試走をみっちりやろうかなと目論んでいたら、あ◯らがディュアルスラローム(DS) の試走に早く行こうとうるさい(笑)で、土曜日は急いで上に上がってDS試走。わたしは2本でお腹いっぱいだったので、早々に引き上げ駐車場で、みしょのの面々とだべっていたが、あ◯らがいつまでたっても帰ってこない。

あとで聞いたら、DS試走を8本やったらしい。TITUS Rockstarで下るのがそうとう楽しいらしい。路面もふかふかなので、少々スリッピーだが転倒してもそれほどダメージがない。

ことしは2人で参戦なので、去年どでかいドームテントで一人寂しそうだったM形さんのところになだれ込んで焼肉しようかなと目論んでいたが、ことしはメンバーがいっぱいで満員の様子。結局前夜祭はDoRide スタッフのBBQ建屋にごいっしょさせていただきました。自前の食料は持参していたものの肉肉攻撃に会いたらふくいただきました。ありがとうございました。これがこのあとの顛末につながることに。

f0114954_08474195.jpg

(写真Nobe さん撮影。ありがとうございました)

レース当日は、タープも必要ないのでゆっくり準備できるなと思いきや、ブレーキタッチが気に入らないらしくいきなりブレーキをばらし始めるあ◯ら(汗)「いまごろなにやってるの?」と、周りからからかわれながらも、試走もせず黙々とブリーディング(笑)考えてみればライン取りというより反射神経でバイクコントロールするタイプだからブレーキのフィーリングは生命線なのだろう。

上の写真の坂は、特に難しくもないだらだらした坂だが、直後にシングルトラックに突入するし、フィード+声援も盛大なので数々の歴史を刻んできた(これ以上の展開があるだろうか士幌2013

自分もレースしながらはるか後方でMCアキラさんの絶叫が気になってしょうがなかった
↓ということだったらしい。

(撮影Nobeさん)

やはり前日のちゃちゃきさんの肉が効いたみたいだ(笑)
士幌で勝ちたかったら前夜祭でちゃちゃきさんとこに肉をたかりに行くといいらしい。。。。。怒られるな(汗)
by aero_boy | 2014-06-24 09:23 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy