Scott Scale900SL + Rockshox RS-1 + DoCorsa Nove

炭素繊維を惜しみなく使ったレースバイクを組んでみました。
f0114954_2122934.jpg

主なパーツ構成は、
フレーム:Scott Scale900SL(2013)(実測998gのマッド塗装のみのカーボン)
Fサス:RockShox RS-1 2015モデル(100mmストロークの倒立サスペンション)
ホイール:DoCorsa Nove 29 カーボンクリンチャー
(CycleGarage PAZ手組、HUB: DT Swiss 240、チタンスポーク28Hストレートプル)
タイヤ:MAXXIS IKON TL 29x2.2
カセット+Rディレーラ+シフター+チェーン:(Shimano 8000 シリーズ11s)
クランク+チェーンリング:(Shimano XT 780, 180mm、楕円32T)
シートポスト+サドル:(RockShox Reverv 100mm、Sella Italia SLR XC Gelflow)
ペダル:Crank Brothers Eggbeater titun 11, 2013)
ハンドルバー:3Tアルミ

この状態で総重量が約9.9kgです。

倒立サス、カーボンクリンチャーリムにチタンスポーク、1x11の楕円チェーンリグドライブトレイン、そしてドロッパーシートポストと盛りだくさん過ぎますでしょうか?

あとは、ハンドルバーのカーボン化とドライブトレインのXTR or XX1 化ぐらいしかやることが無くなってしまいましね〜(笑)
by aero_boy | 2015-09-11 21:38 | バイク全体

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy