台風後の鷲別川は

やはり、いつもの穏やかな雰囲気とはちがい、勢い良く流れていました。
f0114954_2233335.jpg

マウンテンバイクで沢渡りをすると、大変そうに見えますが、実は自転車なしでわたるよりずっと楽です。なぜかというと、まず自転車を進めて、それを杖代わりにして脚を運べるからです。

右足と左足の2点だけではなく、前輪と後輪の合計4点で身体を支えながらバランスを保てるのですから、楽なのは当たり前ですね。

f0114954_22363867.jpg

赤線のトラックログ表示で、左下の橋が写真の沢渡りポイントです。鷲別林道が終わり登山道(水元沢コース)への入口です。

この日は鷲別川の源流を目指してみましたが、流れが思いの外激しく、時間切れということもあり、もう少しのところで(上のトラックログ、右上地点)断念してしまいました。
f0114954_22451392.jpg

しかし、国土地理院の地図上にトラックログを表示してみて初めて気がついたのですが、登山道は右の支流側についているのですね。室蘭市と登別市の境界になっている本流と思われる左側は、地図上では一番奥までつづいているのですが、実際は右支流より水量は少なく、みちもついていないように見えます。

短い支流の方が水量が多いという、不思議を発見してしまいました。
トラックバックURL : http://ncd2h.exblog.jp/tb/24466020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by aero_boy | 2015-09-13 22:45 | トレイル/山サイ | Trackback | Comments(0)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy