カテゴリ:レースを楽しむ( 156 )

歴史を刻む坂

6月の怒涛の4連戦の3戦目、いい思い出がいっぱいある(親子でデッドヒート2010 )士幌ヌプカの里に遠征してきた。ここはコース自体はゆっくり走ればイージーなんだけど、スピードが出るので路面状況とかブレーキングポイントが頭に入っているかどうかで下りのスピードがだいぶ変わってくる。ということで、試走をみっちりやろうかなと目論んでいたら、あ◯らがディュアルスラローム(DS) の試走に早く行こうとうるさい(笑)で、土曜日は急いで上に上がってDS試走。わたしは2本でお腹いっぱいだったので、早々に引き上げ駐車場で、みしょのの面々とだべっていたが、あ◯らがいつまでたっても帰ってこない。

あとで聞いたら、DS試走を8本やったらしい。TITUS Rockstarで下るのがそうとう楽しいらしい。路面もふかふかなので、少々スリッピーだが転倒してもそれほどダメージがない。

ことしは2人で参戦なので、去年どでかいドームテントで一人寂しそうだったM形さんのところになだれ込んで焼肉しようかなと目論んでいたが、ことしはメンバーがいっぱいで満員の様子。結局前夜祭はDoRide スタッフのBBQ建屋にごいっしょさせていただきました。自前の食料は持参していたものの肉肉攻撃に会いたらふくいただきました。ありがとうございました。これがこのあとの顛末につながることに。

f0114954_08474195.jpg

(写真Nobe さん撮影。ありがとうございました)

レース当日は、タープも必要ないのでゆっくり準備できるなと思いきや、ブレーキタッチが気に入らないらしくいきなりブレーキをばらし始めるあ◯ら(汗)「いまごろなにやってるの?」と、周りからからかわれながらも、試走もせず黙々とブリーディング(笑)考えてみればライン取りというより反射神経でバイクコントロールするタイプだからブレーキのフィーリングは生命線なのだろう。

上の写真の坂は、特に難しくもないだらだらした坂だが、直後にシングルトラックに突入するし、フィード+声援も盛大なので数々の歴史を刻んできた(これ以上の展開があるだろうか士幌2013

自分もレースしながらはるか後方でMCアキラさんの絶叫が気になってしょうがなかった
↓ということだったらしい。

(撮影Nobeさん)

やはり前日のちゃちゃきさんの肉が効いたみたいだ(笑)
士幌で勝ちたかったら前夜祭でちゃちゃきさんとこに肉をたかりに行くといいらしい。。。。。怒られるな(汗)
by aero_boy | 2014-06-24 09:23 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

J1雫石2014

マウンテンバイク、クロスカントリー日本最高峰のJ1カテゴリーのレースに今年も参戦してきた。
大雨注意報が発令するぐらいの雨のあと、コースはこんな感じ。
f0114954_21553643.jpg

いや、これはまだマシなほうで、左奥の下りは、もう筆舌に尽くしがたく(涙)

登りの見えている範囲内でも、エリート全員押し上り。唯一自転車レースらしい、一番下からの道路横のだらだら登りでは、観客も誰一人無く。。。

同じ主催者が造った朽木のコースはそれなりに楽しめたし、去年の反省があるだろうから、今年は少し期待していたのだが、去年と全く変わらずの超絶的な泥コースでした。

レース前日から降り続く雨に、テンションが下がりまくりでしたが、大雨注意報が出るとどうじになぜかヤル気がアップ(笑)わたしもやっとMTB乗りの端くれに仲間入りできたという事でしょうか?

ここに動画がありました


来年は、誰がなんと言おうと絶対行かねーぞ。
by aero_boy | 2014-06-15 22:08 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

もっと踊ろう!

気がついたら、次のレース雫石に出発しなければならないというのに、先週の手稲の反省。
f0114954_10241719.jpg

Ishiiさん、写真ありがというございます。いつもいつも。

ここ数年のことだが、シーズン前半は体幹がへろへろみたいで、体力が残っていてもレース中盤で大失速してしまう。まあ練習不足なのだが、もっとダンシングを入れるとリフレッシュ出来ることを失念していた。

もっと踊らなきゃね(笑)
by aero_boy | 2014-06-12 10:27 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

2014 DoRide XC #1 Fu's

小学生クラスを卒業して、初のロングコースを走るウィメンクラスにエントリー。部活が忙しく、MTBに乗るのが今季二回目(汗)。毎日バスケ練習で走り回っているので、体力的にはそれほど問題ないだろうが、XC はそれだけじゃないからね〜
f0114954_9301176.jpg

という不安をよそに、なんとか逃げ切り優勝。みなさん応援ありがとうございました。写真にもあるよに、午前中の各カテゴリーのレースが観ていてもとっても楽しいレース展開でした。
by aero_boy | 2014-05-27 09:33 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

イメージトレーニング

雨で外はしれないから、朽木動画でイメトレ

激下りを攻めるケンさん
f0114954_21454434.jpg

by aero_boy | 2014-05-21 21:46 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
すごい景品豪華。
f0114954_0472697.jpg

サドルバッグ。ロードタイヤ。サドル。そして
reverb!!
by aero_boy | 2014-05-21 00:47 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

はじまりました。

DoRideレースシーズン(夏)
f0114954_22351611.jpg

チームの部2位入賞で、おやじとしては、10台の若者に伍して入賞ということで、十分満足なんですが。もっと頑張れとおっしゃるかたもいるようで、ひえ〜(笑)
by aero_boy | 2014-05-18 22:37 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

朽木レース備忘録

朽木のレースで使った機材など備忘録的に。あ◯らのエキパ。路面状況は、しまった赤土の上に直径5〜10cmのガレ石の多いドライ。一部のシングルトラックで根っこもあったが、そこはそれほど難易度高くなかったらしい。超難度は山頂部のつづら折れ激下り。
f0114954_0413126.jpg

写真はマッシュン選手。エリート上位のテクニックにはおどろく。

あ◯らも、富士見、八幡浜のコースは楽勝の一言で片付けていたが、この朽木のつづら折れはめづらしく難しいと言っていた。斜度がきつい上に、180度ターンが5回ほど連続する。それでも3週試走した後は乗車で下れていた模様。激下り、激登りはおもしろがって普段からよく走ってるからね。

気温は20度前後か、比較的過ごしやすい状態。
Air9
タイヤ:Panaracer Driver 29Pro 29x2.25, 1.6気圧
カセット:XT11−36T(15T抜き)+OneUp 42T
チェーンリング:シングル WolfTooth 34T
オイル:105ドライ用
補給:SAVAS 500ml + PowerBarライムx1 2週目(/4週) + 水500ml
f0114954_0411297.jpg

タイヤのDriver 29Proを初使用だったので、多少不安があったが、ドライ路面ということもあってか、ガレ場下りですこし滑ったが、1.6気圧でほぼ問題なし。
カセットのOneUp42Tもレース初投入だったが、シフト問題なし。2枚ものはShimanoとの移行ぶぶんでもたつくが、このOneUpは11−36の後ろにさらに1枚足すスタイル。36-->42Tのシフトもスムース。
チェーンリングはWolfTooth の34Tを使ったが、最終周回の劇登りが登りきれなかった。32Tの方が良かった。
by aero_boy | 2014-05-08 00:54 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

J1びわこ朽木2014

GWを利用して、朽木のXCレースに参戦して来ました。

あ◯らのエキパレース。
例年、この時期に北海道ではやっと山を走れる程度に雪が溶けるので、レースに出るのはあまりにも無謀だったが、今年は例年になく、雪がなくなるのが早く、山も少し走れた。それに九州ツーリングでもロードだが、少し走れたので、全くバイクに乗れていないという事はない。それに加えて、高校にはいってから、吹雪の日以外は毎日通学をMTBでしていた。距離は短いが冬の雪道を毎日往復10km以上と言うのはバカにならない。
f0114954_9341795.jpg

結果、J1エキパ7位の自己ベストを更新した。この2シーズンぐらい、初戦は5月末の八幡浜だった。八幡浜はJ1の2戦目で、そのスタート順が1戦目のポイントで決まるから、いつも最後尾スタート。前年にそれなりのポイントを獲得していても、それがスタート順に反映されるのはシーズンはじめだけ。マスドスタートでは、最後尾からだと80人抜きで20位ぐらいがいいところだった。これを克服するためには、前年度のポイントでスタート順が決まる1戦目に出なくてはいけない。練習不足は否めないが無理やり参戦してみた。前述の通り、幸いことしは雪の溶けるのが早かったということもある。

もくろみ通り3列目からスタートして、スタートループが登り長めだったこともあって、エキパではじめて渋滞と無縁で走れた。やっとまともにレースさせてもらったというところ。海外レースに出る日本人もこういった苦労に最初ぶち当たるんでしょうね。内地は北海道からみたら日本語の通じる海外みたいなものだね。

コースは下りが激難しい、あ◯ら好みのレイアウトで、練習不足ながら1桁順位で走れたのは、上出来という事にしておこう。
by aero_boy | 2014-05-06 09:47 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
4月は恒例となった四国合宿(帰省ともいう)で幕開け。

2013シーズンのレースシーズンも終わってしまった。DoRide XCレース全6戦、Jシリーズ4戦、耐久レース3戦。この他に7月の全日本に出ようと思っていたが、ユースクラスが謎の中止となったので遠征しなかった。

海を渡っての遠征が5回と、なかなか頑張った。
4月 四国合宿@因島
5月 生きて帰って来ました(八幡浜 J1XC#1)
   惨敗感炸裂(DoRide XC#1@Fu's)
6月 若武者3人(DoRide XC#2@手稲) ありがたいことです
   2013XCレース#3 士幌(DoRide XC#3) 士幌エリートレース展開
   上砂川4時間耐久 怪我の功名
7月 新車(忍者バイク)投入
   新車効果?(DoRide XC#4@天狗)
8月 壮観(長沼4時間耐久) みかんちゃん再び
   雨ニモマケズカゼニモマケズ(J2 XC#2@雫石) 雫石キッズ 珍しいメカトラ
9月 バンザーイ(DoRide XC#5@手稲 エキスパート参戦備忘録)
   レースなかったというのに(J1 XC#3@富士見秋中止)
10月 ちょっと信じられない(DoRide XC#6@ササダ)
    エキパ@一里野(J1 XC#4)
    本舗の耐久
振り返ってみるに、7月の全日本にむけていろいろとスケジュールも無理をしてくみたてていたので、その中止で相当モチベーションを落としてしまった。その立て直しにちょっと時間を要した。

さらに9月の富士見は台風で中止。この2発目のパンチでさらにモティベーションが下がったのが大きかったかな。13戦+1遠征しかしてないのに、結構シーズンが長く感じたのはそのせいかもしれない。
f0114954_2362246.jpg

Jシリーズには1戦目に出ないと、その後のスタート位置が難しくなる。今年の最終戦でせっかく10番台を確保したのだから、それを来季につなげるには、5月の1戦目に出る必要がある。そのためには、冬から4月の走り方にまだまだ工夫が必要。
by aero_boy | 2013-10-23 23:11 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy