カテゴリ:アクセサリー/小物( 13 )

自作してみた。
f0114954_20102370.jpg

一眼レフ用の小さめのカメラバッグを、ミノウラのサドル用ボトルゲージ台座に付けてみた。バッグを腰につける時用のベルト通しに板を通して、その板から5mmのボルトでボトルゲージ台座に固定。
f0114954_20132123.jpg

バッグが外れる心配はなさそうだが、ちょっとブラブラする。その方がかえってフレームの上下動がカメラに直接伝わらなくていいかもしれない。。。とプラス思考してみる。
f0114954_20162084.jpg

シートポストとサドルバッグの間にけっこう空間があるので、この部分にミニ三脚をうまいこと縛り付けることが出来そう。
近所を少し走ってみたが、段差なんかでも、特に違和感はない。もっとも、ガンガンDH的な走りはする気は起こらないが、今度は林道でテストしてみよう。
f0114954_20294042.jpg

by aero_boy | 2012-10-27 20:30 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)

なんとなく

ボトルゲージを通勤バイクのサドルにつけてみた。別に深い意味はございません。
f0114954_1871322.jpg

まだ、一度もボトルをさして使ったことはありません。サドルバッグにも、なにも入ってません。レースの副賞でいただいたものを、その辺に投げとくのもあれなので、つけてみました。通勤に片道100kmとかなら、ボトルゲージもサドルバッグも活躍するかもしれませんね。あいにく10分ぐらいの距離しかないんですよ(笑)
by aero_boy | 2012-10-19 18:11 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)

こ、これは!

「チェーン工具やんか!」(謎に土佐弁)
f0114954_0324937.jpg

「そうなんですよ、携帯工具はあったんですが、これが付いてるのが欲しかったんですよ。」

携帯ツール Topeak mini 20 Pro
f0114954_0321952.jpg


「なにしてるんですか?ボルタ君」
f0114954_035547.jpg

「いや、なんかテントの代わりとかにも使えるかなとおもったけど、無理みたいやね」

そりゃあ、そうじゃろ。そういえば、ササダ、キャンプしようか、ホテルハイエースか、それとも豪華にロイヤルホテルか。まような〜。
by aero_boy | 2012-09-28 00:40 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)

Super BOX

いろんなパーツ買ったりしていると、ステッカーが一緒に入ってくることが多い。貧乏性で何となく捨てられずにたまっていたステッカーを、工具箱に貼ってみた。
f0114954_10185137.jpg

なんとなくそれっぽい(謎)ちょっとやりすぎ感もあるかな(汗)
by aero_boy | 2012-07-03 10:19 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(3)

新戦力

長距離移動では、車の中に4台MTBを積み込むのだが、29erになってから、フロントタイヤを外さなくては荷台に入らない。ちょっと近場で移動などには面倒だったので、Thule Raceway Platform 2 Bike Rack を導入。
f0114954_9575419.jpg

フレームを引っ掛けるのではなく、下のレールにタイヤごと載せるタイプなので、安心感があります。
f0114954_9591469.jpg

29erも余裕ですっきり。固定もバンドではなくて、ワイヤーなので、これも安心です。
by aero_boy | 2012-05-31 10:00 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(2)

おもしろ、すごい d3o

スライムみたいなゲル。ゆっくりとした力には柔らかく、急激な力がかかると、固くなる性質みたいですね。紹介動画


d3oを使ったプロテクターや、ヘルメットというのもあるみたい。プロテクターというと、かたくて装着違和感がばりバリバリなイメージあるけど、このぐにゃぐにゃな素材でできたプロテクターなら、それほどでもなさそうな期待。
sixsixone
f0114954_015420.jpg

by aero_boy | 2010-12-08 00:12 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)

首を護る

まだ、頚髄損傷の麻痺が完治してないわけですが,MTBに乗れるまで回復後は、やっぱりポタリングぐらいでは満足できないであろう。

しかし、首の筋トレ(これは1ヶ月ぐらい続けている)だけでは、下りは恐怖心でまともに走れそうに無い。

そこで、首を護ってくれるプロテクターのようなものを探している. 世の中には、DHや、モーターサイクル用のネックブレイスというものが存在して、レースでは着用が義務付けられたりしているという。

ただ、ネックブレイスは安くても3〜4万円と高価。またしても四肢麻痺に陥るぐらいなら安い買い物ともいえるが、問題はこれがフルフェイスのヘルメット着用を前提としていること。たとえば、こういう廉価なのもあるにはあるが、とうぜんフルフェイスかぶってはじめて機能するもの。

さすがにフルフェイスヘルメットかぶってまで、XCをやる気は起こらないが、首が大きく後ろに曲がることだけは避けたい。ということで、後頭部がガードされた通気性のいいヘルメットがないか探してみた。

THE F14こんなのを発見。このヘルメットと、ネックブレイスの組み合わせなら何とかいけそうだ。試した人がいないかネット検索するも、未だみつからず。ここは、自分で試してみるしかないかも。
by aero_boy | 2010-12-03 16:41 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(2)

リハビリマシンV270

Air9がV270とともにリハビリマシンと化してます。思いのほか静かです。
f0114954_19345938.jpg

負荷レベルをローラー台と、ワットマスターで一致させておけば、正しいパワー(ワット)が表示されます。

負荷レベル 3(中位)
ケイデンス 80rpm
スピード 15km/h
パワー 80W
心拍 140bpm
を40分間(10km)つづけたら汗だくでした。

試しに、愚息に思い切り回させると、一瞬330Wまでパワーでましたね。まあ絶対値がどれくらい正確かはよく分かりませんが、相対的なめやすにはなりそうです。
by aero_boy | 2010-11-27 19:37 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)

Garmin EDGE500

実は,ホイール手組祭りに紛れてましたが、最近新しくGPSサイクルコンピュータを導入していました。Garmin EDGE500です。

MTBのフレームなどにセンサーをつけて走ると、ヤブ漕ぎとか、池ぽちゃとかするので、まがったり、水につかったりが嫌でした。GPSサイコンなら、センサーはハートレートだけでOK。ケイデンスは分かりませんが、MTBでケイデンス気にしながら走ることもほとんど無いので、無問題。


昨日の手稲山TTでは、写真が無いので,EDGE500のデータでも載せてみます。
f0114954_1748412.jpg

平均心拍167、最高心拍174。目標平均心拍170で走ったつもりだったので、まあこんなものか。それにしても、最近心拍があまり上がらないのだが、がんばりが足りないのか、そういう心臓になってしまったのか。自分では同じように頑張っているつもりなんですが。

ちなみに、8月8日の天狗XCでは、平均172、最高186でした。

このサイコン、機能も盛りだくさんで、けっこう気に入っていじっています。
by aero_boy | 2010-08-30 17:54 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)
EDGE 500 個体自身では、走ったことのないコースを作る(登録)することはできないようだ。
PC(Windows)を使って、コースをつくり、EDGE500に転送する。

1)コースをつくるのは、カシミール3Dが得意(使いやすい)
  地図上で、右クリック→新規作成→コース(or ウェイポイント)
  gpx形式で保存(エクスポート)
2)GPSiesいとうサイトで、tcx形式にgpx形式のファイルを変換。
3) girmin training center でそのtcx形式のファイルを読み込む(インポート)
4) 表示をgoogle earthですると、衛星写真と重ねて見ることができる。
by aero_boy | 2010-08-03 05:35 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy