カテゴリ:バイク全体( 31 )

フロントダブルの逆襲

8年前、Bridgestone ANCHOR XHM9 というカーボンフレームのマウンテンバイクを初めて購入しました。北海道半周なんちゃってツーリングしたり、親子激闘したりしてきた26インチバイクです。

ふと思いついて27.5インチのタイヤをリアにはめてみると、なんとクリアランス6mm程度ですが、はいるではありませんか。
f0114954_213339.jpg


フロントフォークはNINER のカーボンリジッドがついていたのですが、サスペンションに変えずにそのままワイドリムの29インチタイヤを履かせてみました。
エアボリュームがあるので、空気圧1.2気圧ぐらいに下げてみると、けっこういい感じにグリップとショック吸収してくれます。
f0114954_211023.jpg

なにより、上半身にすこし力を入れたペダリングの時とかダンシングのときの力がダイレクトに推進力に変わっていく感じがすごく気持ちいいいですね。

ついでに、フロントシングルチェーンリングでは、ヘタレな私の脚ではしんどいことも多くなってきたので、38-24Tのダブルにしてみました。
f0114954_2192224.jpg

フロントディレーラーがトリプル用の Eタイプです。EタイプはBBから伸びているプレートにネジ止めするので、動きがかちっとしますね。
だけど、問題は、トリプルようなので、随分とチェーンリングとの隙間があいてしまいます。

下りでチェーンが暴れたら、脱落するかなとすこし心配していましたが、いまのところ大丈夫です。脱落するようなら、リアディレーラのスタビライザーをONにするという奥の手も考えています。

フレームが26インチ用、フロントホイール29インチワイドリム、リアホイール27.5インチというかなりアラカルトな(謎)こうせいではありますが、登りも下りもすごくしっくり来てしまいました。
f0114954_21152222.jpg

by aero_boy | 2016-06-05 21:16 | バイク全体
炭素繊維を惜しみなく使ったレースバイクを組んでみました。
f0114954_2122934.jpg

主なパーツ構成は、
フレーム:Scott Scale900SL(2013)(実測998gのマッド塗装のみのカーボン)
Fサス:RockShox RS-1 2015モデル(100mmストロークの倒立サスペンション)
ホイール:DoCorsa Nove 29 カーボンクリンチャー
(CycleGarage PAZ手組、HUB: DT Swiss 240、チタンスポーク28Hストレートプル)
タイヤ:MAXXIS IKON TL 29x2.2
カセット+Rディレーラ+シフター+チェーン:(Shimano 8000 シリーズ11s)
クランク+チェーンリング:(Shimano XT 780, 180mm、楕円32T)
シートポスト+サドル:(RockShox Reverv 100mm、Sella Italia SLR XC Gelflow)
ペダル:Crank Brothers Eggbeater titun 11, 2013)
ハンドルバー:3Tアルミ

この状態で総重量が約9.9kgです。

倒立サス、カーボンクリンチャーリムにチタンスポーク、1x11の楕円チェーンリグドライブトレイン、そしてドロッパーシートポストと盛りだくさん過ぎますでしょうか?

あとは、ハンドルバーのカーボン化とドライブトレインのXTR or XX1 化ぐらいしかやることが無くなってしまいましね〜(笑)
by aero_boy | 2015-09-11 21:38 | バイク全体

謎バイク?

Fサスをオーバーホールに出した関係で、PAZさんのご好意でNinerカーボンリジッドフォークと
Blunt/PAZホイール(35mm幅)をレンタル。
f0114954_20265594.jpg

それに加えて、RockShox Dropper Reverv100mm をインストール。

リジッドフォークにドロッパーポストという謎のバイクに変身!
フォークが軽量化して、シートポストが重くなった。さて重量測定の結果は




8.6kg。ん〜8キロ台前半を夢想していたので、意外と重い?(^^)
by aero_boy | 2014-05-23 20:36 | バイク全体

みかんちゃん、再び

長沼の4時間耐久レースに参加してきました。長沼の河川敷コースは、初めて8時間耐久レースに家族で参加した思い出の地。久しぶりに行ったのでちょっと懐かしかった。

か◯でが79erデビューでした。親父のお下がりでしたが、意外と注目あつめたみたいですね。
f0114954_22261993.jpg

EBBを使って、BBの位置を最上に上げて、セットバックなしのシートピーラーでサドルを前につけたら、29erフレームでもそれなりに小学生でも乗れるポジションがつくれたかな。
目玉はー45度の可変ステム。全体的に重心も低くなるのと、前輪が26から29になったので、走破性に対する安心感が絶大。ためしに以前の百人隊長(26インチ)にまたがってみたら、細いタイヤが心細く感じるみたい。

フロントタイヤは29インチを使っているが、そのうち27.5インチを試してみるつもり。それを見越してBB位置を最上にしてある。クランク長さを165mm にすれば、なんとか27.5インチバイクとして乗れないかな。

わたしのレースの方はというと、なんと耐久ソロ初入賞。耐久マスターのK藤さん不在という事などラッキーな面も否めませんが、バイクも身体も調子はまずまずでした。ソロ参戦だったので、チームの速い選手の後ろでドラフティングさせていただくという、コバンザメ作戦が功を奏したのかな。世界戦参戦決定の尚平の後ろも1周だけだったけど楽しめた。

景品も野菜どっさりで、超ハッピーな夏休みの1日でした。
f0114954_21563667.jpg

(I田さん、写真有難う御座います)
by aero_boy | 2013-08-12 22:38 | バイク全体

完成、忍者バイク

炭素部品をふんだんに投入した、カリカリのレースバイクなのに、チャームポイントが980円のアルミボトルゲージ。
f0114954_8524384.jpg

この矛盾こそが、人生に深みを与える(であろう)

しかし、D600の叩きだす黒の階調表現じゃなきゃこのバイクの良さは表現できないな。カメラを選ぶバイクということか。

検討中だったステムはGrangeの130mm, -24.5度に決定。
f0114954_8553053.jpg

天狗XCではー30度で走ったから、もうちょっとハンドル低くてもいいかもしれないが、登り志向と下り志向のバランスを考えてみた。
by aero_boy | 2013-08-08 08:58 | バイク全体
どうですかね。
f0114954_23332090.jpg

通勤通学、兼ジープロードサイクリング、兼ロードトレーニング、兼ツーリング、兼。。。

回転系はセラミックベアリングのBBにXTRホイール。フロントフォークはNinerカーボンリジッドで、クロカン走りしても大丈夫。タイヤは軽量セミスリックのツイスターをチューブレス化した。26インチということもあって、加速も気持ちいい。

ハンドルは、ロード走ること多いけどオフロードも走りたいからドロップの浅いマウンテンドロップ。下ハン握ることは殆ど無いけど、やっぱり向かい風強い時には前傾を強くしたくなる。

ブレーキは、ブラケット持って軽く薬指と小指で引いてもしっかり制動力の出るメカディスクブレーキBB7。最近ロード用の油圧ディスクが出たみたいだけど、これで十分だとおもうのだが。

これらのタイヤ、フォーク、ブレーキの組み合わせのおかげで、下り坂を50km/hぐらいでぶっ飛ばしても、路面の凹凸とか小石があまり気にならず、神経質に走らなくていいので楽ちん。

29インチだったらモンスタークロスってよぶジャンルのバイクかもしれないけど、26インチだから、ちびモンスターってところですかね。
by aero_boy | 2013-08-02 23:48 | バイク全体

普段乗りバイクMatts

普段使いのMatts だが、26インチのXTRホイールにShwarbe marathonを履かせたら、スピードが出る。そんなにスピード出すつもりなかったので、チェーンリングはMTB用を使っていたが、ロードバイクをばらして、105をインストール。
f0114954_22113289.jpg

シートチューブの径と合うFDが無くてXT Dynasysで代用したら、変速がいまいち。Dynasys のディレーラーは、引き量が大きいみたい。その分シフトレバーは軽く動くのだが、105STIでは引き切れない。
チェーンリング3枚のうち、2枚分しかシフトできない。
余っているパーツを自己責任で組み合わせて使いまわしている。なので仕方ないのはわかっているが、もうちょっといじくってみるか。

写真撮影のとき、
隣では、水の中で般若心経を唱えている爺さんがうるさかったが、背景が綺麗だったので、なんとか我慢して撮った。べつに観光地で般若心経唱えんでも。。。
by aero_boy | 2013-07-23 22:14 | バイク全体

お〜い、お茶

をいつでも飲めるように、
f0114954_2046678.jpg

ハンドルにボトルケージつけてみた。
もっともペットボトルだと、ご覧のようにすかすかなので、これで走ると、お茶が泡立ってしまってまずいので、写真撮影後は、カバンにしまいましたが。

通勤バイクMattsの夏シーズン仕様
f0114954_20495616.jpg

例によって、そのへんに転がってるあまりパーツなどを多様しているので、わけのわからん組み合わせになってるが、なかなかおもしろい感じにできたと思う(笑)

Niner カーボンフォークに26インチXTRホイール。ハンドルはDixnaのマウンテンドロップ。前後ディスクブレーキは外せない。おまけに、いまマイブームのフロントシングルにしてみた。シングル用のチェーンリングボルトが不足していて、アウターもつけてある。
リアメカは、105でXT10s(36T)をシフトするという荒業。これが意外と何とかなる。
勢いで、シートポストには、リクセンカウルのマウントと輪行袋をつけてみた。

これで地球の裏側まではしれるな、ふふふ。。。
by aero_boy | 2013-05-08 20:55 | バイク全体

久しぶりに百人隊長を

オーバーホール。ついでにFサスペンションをFOXに
f0114954_016111.jpg

春にむけて着々と。。。。。

進まない(泣)
スペーサー足りないし、ブレーキのアウターも足りない。
明日は買い出し走かな。
by aero_boy | 2013-03-03 00:17 | バイク全体

凍っちまった

通勤バイク。
シフト関係は凍りついて機能しなくなったが、ブレーキは効いたので乗車で帰宅。
f0114954_1115924.jpg

(RX100)
今年の1、2月は零度付近まで気温が上がってしまうので、一旦溶けた雪が凍る。ずっとマイナス4度以下ぐらいの方が過ごしやすい。もっとも普段の路が、超絶おたのしみ雪トレイルになるので、プラス面もある。

ママチャリでそういう路面を走っている人を、最近たまに見かけるが、はっきり申し上げますが、自殺行為。前後輪ともディスクブレーキとピン数300以上のスパイクタイヤでないと、この時期走れません。
念の為。
by aero_boy | 2013-02-08 11:20 | バイク全体

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy