<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

MTB世界選手権ライブ中継

http://freecaster.tv/live/mtb/1007131/uci-mountain-bike-world-championship-xco
でMTB世界戦の実況があるようです。

I君は、コウヘイ選手と同室で、爆睡しているそうな。緊張で眠れないより、いいですね。
明日 13:30からチームXCです。

しかし、course previewみるとすごいロックセクションの連続。かなり度胸が必要な感じ。遊びで走るなら楽しそうですけどね。
by aero_boy | 2009-08-31 23:56 | Trackback | Comments(0)

ニセコサイクルウィーク

サイクルウィークと銘打つぐらいだから、いろんなイベントが一週間つづくわけですが、初日の8月30日ニセコビレッジ(NV)MTBコースを利用して、クロカンレースがあり、参加してきました。

f0114954_11594757.jpg

天気も上々、羊蹄山も、くっきり見えていました。

f0114954_122468.jpg

旧ゴルフ場の一部の芝をはいで、コースを作ってありますが、コブやバンクも作ってあって、なかなか楽しめました。ちなみにレースコースにはコブは入っていませんでした。 ちょっと苦戦したのが、レースコース内にゴルフのバンカー(砂地)があって、一回足をついてしまいました。激しい登り下りはないのですが、林の中のスラローム的なセクションもあって、私てきには、結構おもしろかった。

これで、総距離が2kmでしたが、4〜5kmあれば、さらにおもしろいコースになるとおもいます。レース後に周辺をグルッと走りましたが、まだまだおもしろいコースレイアウトを作る余地がのこっています。期待大です。

さらにおもしろかったのが、スタートがいつものランク順マスドスタートではなく、MTBまで足で走ってスタートする、ルマン方式。
f0114954_1294651.jpg


全体的に、ピリピリムードではなくお祭り的乗り。でも、レースは真剣モードという感じでした。

参加者は、上の写真にもある通り外国人が多いのですが、主催者からはしっかり日本語のアナウンスもあって日本人でもとくに困ることは無かったですね。 ちなみに、参加していた外国人もいろんな国籍のようですが、ほとんど片言ぐらいは日本語喋れるようです。

入賞景品もホテル宿泊券とか、けっこう豪華です。

イベントがおわったあと、比羅夫にあるDHコースまで教えていただき、一粒で2度おいしい一日でした。
by aero_boy | 2009-08-31 12:14 | Trackback | Comments(4)

MTB8時間耐久in長沼

今年も8時間耐久レースに出ました。去年は家族4人で1チームでしたが、ことしは、全員それぞれが別々のチームに属しての参戦。これもまた楽しかったです。

去年の写真をひっくりかえして見てみると、マシンも身体もそれなりにバージョンアップされているのがわかります。来年はどうなってるかな?

スタートしてから4周走ったのですが、ちょうどその間だけ土砂降りの雨。そのあと雨は上がりましたが、コースにできたでかい水溜が。。。 DoRideの方々の御尽力でだいぶちいさくはなったのですが、最後まで水飛沫じゃぶじゃぶのレースでした。走りながらも「こりゃー4台分、分解掃除が大変だな」ということが頭をよぎってました。
f0114954_21504214.jpg


自分は4周走ったら交代する作戦でしたが、4回ほど繰り返すと4周はきつかった。4時間経過したころに、3周交代、残り1時間では1周交代になりました。

それにしても、ソロで8時間60周もしたKさんには、脱帽です。
by aero_boy | 2009-08-25 21:53 | Trackback | Comments(4)
f0114954_15164565.jpg

アオガエル。北海道ではみかけません。子供たちはこれが珍しいらしく、なんども捕まえる。白馬から少し南にある、あずみの公園に立ち寄りました。
赤松がにょきにょきと林立する森のなかを散策できるように、綺麗に整備してあります。
f0114954_15252160.jpg

by aero_boy | 2009-08-20 15:25 | Trackback | Comments(0)
北海道の夏は短い。小学校の夏休みも短いんです。本州などより10日以上も。ということで、夏を惜しんで、蘭越、寿都、せたな、今金あたりをMTBで走りつつ、キャンプ場のはしごをしてきました。
自転車関係、キャンプ用具関係はばっちり準備して出かけたのですが、なんとカメラの電池を家で充電しっぱなし。残念ながら写真が撮れなかった。

1泊目、蘭越のリンリン公園キャンプ場。500円と安かったです。場所も広々していて清潔度もそこそこよかった。ただし、テント15張で受付終了するらしく、ここを利用するときは早めの到着が必要かも。
周りのもりで、クワガタがよく採れるらしく、子供達が大はしゃぎでした。

交通量の少ない道道をMTB+スリックタイヤで走りながら寿都に抜け、229号線はトンネルが多いので瀬棚まで車で移動しました。このラインは景色がすごくいいですね。景色に見取れて海に落ちないように注意が必要でした(^^;

瀬棚の旅行村で2泊目。ここの管理棟にはシャワーやコインランドリーが備わっているので、今回は使いませんでしたが、とても便利そう。もっとも、車で5分ほどの場所に温泉もあります。

ツーリングマップで、真駒内キャンプ場にMTBコースがあるという情報をたよりに、行ってみましたが、それらしきコースは発見できず、田んぼや牧草地周辺の林道など1時間ほど走りました。とても北海道的風景があり、アップダウンも続くので、自転車で走るのはとても楽しかった。

今金(種川)まで移動して、ピリカダムまでの林道17kmを走りました。見晴らしがよく、オートバイのタイヤ痕も何本か付いていましたが、対向車には1台も出くわさず、楽しめました。ただし結構登り下りが続き、種川側から入ると登り基調なので、思ったよりも足に効きました。林道サイクリング的に走りたいなら、ピリカダム側から入ったほうが良いかもしれません。

洞爺湖周辺のなど有名な観光地に人が溢れるなか、このへんは車も少なく、キャンプ場も温泉もたくさんあって、穴場的な場所のようです。
by aero_boy | 2009-08-19 11:29 | トレイル/山サイ | Trackback | Comments(0)

1番ビブは重い

今回の白馬大会、ユースクラスはユースオリンピックの候補選考もかねていました。先々週の全日本大会でジュニアクラス優勝し1番ビブで走るI君。
f0114954_21333756.jpg

スタート前のピットの中でも一人緊張感からピリピリした空気を発散していました。全国大会での1番ビブ。しかもユースオリンピック選考レースで重圧を感じないわけがない。少しでも重圧を軽減しようと
わたし「1番ビブは忘れて走った方がいいんじゃない?」
I君「そうですね。でも、スタートからガンガン行きますよ」
頼もしい言葉が帰って来ました。
スタートして、その言葉通りI君は先頭に出た。激登り区間でするすると後続にかわされていく。1周目を5位で帰ってくる。思わず私は、「焦るな〜!」と絶叫していた。
結果は二人を抜いて3位。わたしの絶叫が効果があったのか無かったのかは不明だが、本人曰く「あの声良く聞こえましたよ」
by aero_boy | 2009-08-14 21:46 | Trackback | Comments(0)

コースインプレ

全国小学生、中学生MTB大会(白馬さのさか)(以下、全国大会と略)は長野オリンピックのクロスカントリー(スキー)レース会場、スノーハープを利用して行われました。スタートこそ、競技場のトラックでしたが、コースは黒土に草が生えていたり、わずかにウッドチップがばらまかれている状態。連日の雨で、どろどろ、ぬたぬたの、田んぼ状態でした.
f0114954_18144925.jpg


1周2.5kmの短いコースをわずか2周で勝負が決まります(6年生)。アップダウンもさほどなく、持久力やパワーよりも、ぬたぬたをそつなくこなす、バランス感覚に優れた選手が有利なコースだと感じました。普段、走っている4km砂利道の登りや、小樽天狗山の長いシングルトラックの下りと比べると、物足りなく感じました。愚息もスタートの出遅れを挽回する間もなく、あっという間にレースが終わってしまって、足を余してしまった感じでした。


このようなコース設定の場合には、もっとウォーミングアップをたっぷりとして、スタートから、ガツガツ抜きにかからないと上位は望めなさそう。
それにしても、中1も同じコースを走るということなので、何十時間もかけて来年も遠征するかどうかは、微妙なところですね。 

レース前日に試走をしてみて、あまりのどろどろ状態に、タイヤを前後IRCのシラックに交換。しかし、当日になって、いつも使い慣れた、軽量なKENDAカルマでレースに挑みました。シラックの方が正解だったかもしれません。全レース終了後、すべての選手が帰路につき、役員が後片付けする中、許可を得て大会コースを含めてその他のコースも色々と走らせてもらえました。その時の感想としては、スティンゴがベストだったのではということです。

おまけ
f0114954_18152233.jpg

なにはともあれ、子供たちは楽しんだみたいです。
by aero_boy | 2009-08-13 18:16 | Trackback | Comments(5)
に行ってきました。結果はなんとか一桁。表彰台も狙えるかなと思っていましたが、そう甘くはなかったですね。
f0114954_1553356.jpg

30人のマスドスタートで、後ろから2列め。前に20名の選手がいるわけで、たいした登りもなく、シングルトラックに突入。なかなか前に出られないのも仕方ないですね.その割には、結構いい結果という気もするが、まだまだ課題もいっぱい見つかり、よい経験となりました。
とりあえず、ご報告まで。他のチームメイトもそれぞれにがんばったので、詳細は後ほど。
by aero_boy | 2009-08-13 15:57 | Trackback | Comments(2)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy