<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ささだの泥よごれ

ささだのレースでの泥汚れやっと落としました。
Jシリーズでのエキスパート昇格と、DoRide年間ポイントランク一桁という密かな目標を達成し、学校祭の準備もあって、MTBの方はかなりほったらかしでした
f0114954_12454456.jpg

ささだでも汚れの特徴は、細かい草の切れ端がすべての回転部分にびっしりと絡まりついていたこと。いままでも、あったのだが、今回は最高。一時間耐久直後に愚息Air9のペダルをさわってみたら、かなり力をかけないと回らないレベル。たぶん想像では、コースの草刈り機が変わったことが影響してるんじゃないかな? 粉々に粉砕された草と茎が以前よりもコース上に大量に残っていたと思う。

なにか良い対策ないかな?
by aero_boy | 2011-09-30 12:52 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

MTB世界戦チョコ

世界戦を観戦にいったnobeさんから、お土産チョコもらいました。
f0114954_12322815.jpg

Champery ってどこにあるのかなと、googleの地図でしらべたら、スイスでも、ずいぶん端っこにあるんですね。

中身のチョコは、テーブルの皿に出した途端、あっというまに消費。
f0114954_1235218.jpg

カメラを出して写真におさめるにも、「ちょっとまて」と制止が必要でした。スイスはチョコおいしいですからね(^^)
by aero_boy | 2011-09-30 12:36 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(2)
f0114954_9482244.jpg

渡り鳥ですかね。外見は気持ちよさそうでも、実際は生き延びるための必死の飛翔なのでしょうね。

初秋の澄んだ空気が沼の水の上を流れてくる。木立の中はしっとりとぬれた落ち葉が敷き詰められていて、心地よい。

そんな中、「そこで、たちこぎだ〜!」とか、「シフトが遅すぎるんだよ、◯鹿!」とか、なにやら不穏な怒声が飛び交う。

地上では、ホイールという大発明品にまたがった二足歩行動物の子供が、なにやらデッドヒートを繰り広げている模様。
f0114954_9515320.jpg


こんなことをしていて、われわれ二足歩行動物はいいのだろうか。。。。?と、ふと妙なことが頭をよぎるが、いいのだ、いいのだ、これでいいのだ〜!(笑)

いやまてよ、渡り鳥は生き抜くために必死に飛翔しているのに、我々ときたら、大金をつぎこんで、わざわざ泥まみれになって林のなかを走り回っているとは、ほんとに◯鹿じゃね〜の?

そんなことはない、これがまさに人生の豊かさそのものなのだ。そうだ、われわれ二足歩行動物は妙な行動に妙な価値を見出す動物界のスーパーエリートなのだ。

いやちがう、素直に四本足で走ればいいものを、なにをとち狂ったか二本足で歩くことを覚えてしまい、その劣等感をなんとかしようと、ホイールを創って、林の中を走り回り、脳の中に眠る遥か太古の快感を疑似体験しているのかもしれないな。

などと自問自答している間に、「さだだに通って18年」のお方が、18年前には影も形も無かった若者をぶっちぎって、ゴールラインで微笑んでいた。
f0114954_10213681.jpg

f0114954_10215577.jpg



生物界の謎は深まるばかりである。
by aero_boy | 2011-09-27 10:24 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(5)

富士見XC(2)

1週目の最初の下りでも愚息は何人か抜いて、その頃にはすでに3番手ぐらいだったらしい。

わたしはというと、フロントインナーから、ミドルにシフトアップするところでなぜかチェーントラブル。試走でなんどかこけたりしている間に、チェーンステーに付けたプロテクターを止めてあったタイラップが曲がって、それにチェーンがひっかかったらしい。チェーンもかなり短めにしてあったのが、最近ノートラブルだったので、普通に戻したらこのトラブル。やっぱり私のシフトテクニックでは、チェーンを短めにしておかないとだめなようだ。このトラブルで、かなりの人数にパスされ、私は80番ぐらいまで、落ちてたと思う。

駐車場上のシングル登り。さすがに登りだけは頑張ろうと意気込むも、ぬるぬるでなかなかトラクションが難しかった。それでも70番ぐらいには浮上していることを、途中だれかが教えてくれた。今何番ぐらいかわかるとけっこう励みになります。

登りきって、根っこの下り。レース直前の試走で、何とか乗車できたので、乗車で入って行ったら、他選手とラインがかぶってしまい、思うラインに入れないなーと、と思った瞬間谷側にオーバーラン。網にひっかかった魚状態でしばらくもがき、やっと抜け出す(笑)そんなこんなで、やっと根っこ下りを抜け出すと、な◯きさんがいて、「あ◯ら、3位だよ」と教えてくれる。
f0114954_6432252.jpg

あとから、本人に聞くと、その後は前に出て独走だったらしい。

わたしはというと、2周目以降、根っこ下りでの乗車は諦めて押して走る。走ってるつもりだったが、まわりから見ると歩いているようにみえたかも(笑)最終3周目はなんか回りにライダーがいなくなったなとおもったら、3周目に入れた最後が私だったらしい。それでも前々回の八幡浜よりもだいぶマシなのでよしとしよう。

今回タイヤはロケットロン。けっこう泥詰まりした。リアだけRavenもありだったかもしれない。
by aero_boy | 2011-09-22 06:49 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

XC Jシリーズ#5 富士見

シルバーウィークの日曜日18日、富士見にでXC Jシリーズ、スポーツクラスに参戦してきました。結果、息子優勝、オヤジはぎりぎり完走(笑)またしても、チームメイトによって80%カットされるところだった。チームメイトと言えば、エキスパートクラスのO田君も試走時の肩の負傷を押して、5位に入賞でした。

信州ふぉとふぉと館blog

路面は直前まで雨がしとしと降り続いて、ぬるぬる。根っこの下りは最悪状態でした。あの状態で何とかレース完走できたのだから、逆に少し自信になった。

愚息は花園で稼いだポイントからか、クラス21番目だったので、まず気をつけたのは召集に遅れないようにすること。アップもそこそこに、まだだれも来ていない、スタート30分前から、召集場所でうろうろ(笑)中学生だから、アップ少なくても走り出したら何とかなるだろうと。自分はもっとアップしたかったが、今回ばかりは早めに行った。
f0114954_6532745.jpg


レースはゲレンデ右側のリフト下激登りをカットしたショートコース3周回。多分40分前後で勝負がつくだろう。これを想定して、DoRideレースでも前半から飛ばしまくる走りを心がけて来たので、時間が足りなくて逆転できないという心配はしていなかった。

プランとしては、1周目トップグループに食らいつき、2周目以降行けそうだったら逃げる予定。試走はたっぷりしたとはいえ、初めて走るコースだし、コース間違えいる可能性もあるしね(笑)結果的にはスタート直後の登りで10番ぐらいにつけて、最初のシングル下りでちょっと渋滞したけど、すぐに3番手ぐらいに付けることができたらしい。

つづく
by aero_boy | 2011-09-21 12:11 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

泥レースイメトレ?

今週末は、Jシリーズ富士見に遠征してきます。天気が怪しいですね〜。また泥レースなのかな。
f0114954_96125.jpg

先のXC世界選手権でも、日本人選手はマッドコンディション得意と報じられてましたが、こう泥レース多いと、おのずとそうなってしまうんでしょうね。

上の写真にもありますが、フロントフェンダー効果絶大だったみたいです。いままで、重いから付けなかったのですが、やっぱ軽さだけじゃだめですよね(笑)

フロントフェンダー付けないで走ったわたしは、2周目で泥が眼球をヒット。眼鏡かけてるのに、もろぶつかったのは謎です。

f0114954_910537.jpg

一年前には、愚息とエキスパートクラスでトップ争いしてたのに、今年の手稲ではとうとうラップされちまいましたよ。ま、愚息の成長もありますが、自分が遅くなってるのが大きい。。。(^^;
by aero_boy | 2011-09-15 09:11 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

夏の思い出

台風も過ぎ去って、秋っぽくなってきましたね。
手稲の泥レースの後片付けに追われているときに、ふとFu's4時間耐久の写真をみると、ほんの2週間前なのに、ずいぶん懐かしく感じる。ということで、いただいた写真を利用して動画作って見ました。


慣れてないので、いろいろと微調整めんどくさいですね〜。しかし、「めんどくさい」で片付けてしまっては何事も前に進まない。って、実はハブグリスアップからの現実逃避です(笑)

以下、覚え書き。
1. mogrify -resize 800 *.JPG
2. gimp で CRLT+o, CTRL+s (異なるカメラでとった写真が混ざっている場合、これやると画像乱れない)
3. ffmpeg -acodec copy -i xxxx.m4a -r 0.092 -i %04d.JPG yyyy.mp4 -r 0.092
カレントディレクトリにあるJPGファイルは 0001.JPGのような連番ファイル名になっている必要あり。
by aero_boy | 2011-09-08 13:28 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(2)

泥レースおわらず

日曜日は手稲でXCレースでした。台風の雨と風の中、全面泥コースでした。参加ライダー皆様、主催DoRideさま他みなさまお疲れ様でした。

自分よりも永くレースを続けているOさんによると、あそこまで手稲のコースがドロドロになるのは、記憶が無いそうで、やっぱり台風のもたらす雨というのは、ちょっといつもの雨とはちがうのかな。

自分のレースはと言うと、楽しめたのは3周までで、最後の2周では、背中から腕にかけて、軽い痙攣と、硬直に襲われて、だめだめでした。特に下りは、単なる苦行(笑)
f0114954_19162358.jpg

<もぐらさん写真ありがとうございます)

前回の天狗につづいて、ウォーミングアップをローラー台で丁寧にやった(つもり)。前回とちょっと違うのは、スタート時のだるさを払拭するために、心拍を一回あげてからのクールダウンを長め(10分)やってみた。そのおかげか、前回よりも最初の登りで脚にエンジンかかるのが早かったような気がする。

いつもは、レース前半はあまり飛ばさず、中盤から終盤でもスピードを落とさないようにペース配分するつもりで(実際そうなっているかどうかは別にして)走るのだが、今回は珍しく、1周めから飛ばしてみた。2周めに入るところで20番、その後の登りでも何人か抜いたと思うので、いままで全然追いつけなかったライダーの背中が見えたりして、一瞬「今日は調子いいのかな?」と錯覚。しかし、その直後の下りで、ハンドルを泥にとられて、思いっきり泥の中に転倒。身体にはほとんどダメージなかったが、グリップとグローブが泥まみれで、下りはよたよたでした。エルゴンGX1は、握るというより、手のひらを乗っけている感覚が強いので、すべり始めたら抑えが効かなかった。あとから思うと、肩、ひじが硬直して、握力もガタ落ちだったのかもしれない。
f0114954_19175076.jpg


たまらず、水たまりでグローブとグリップを洗ったら、あとから「あれは逆走だから、だめです」と注意された。みなさん、真似しないでくださいね。洗うなら、駐車場下の2個目のドロップから右にヤブを入っていくと、川があるので、そこで洗うのがいいかな。
あるいは、フィードにでかい水タンクを置いておこう。まあ、また今回ほどの泥レースが手稲でいつあるかはわかりませんが。

泥まみれなバイク4台の洗車はなんとか終わったものの、ハブとBBのチェックがまだまだ続いてます(泣)
by aero_boy | 2011-09-06 21:11 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy