<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こ、これは!

「チェーン工具やんか!」(謎に土佐弁)
f0114954_0324937.jpg

「そうなんですよ、携帯工具はあったんですが、これが付いてるのが欲しかったんですよ。」

携帯ツール Topeak mini 20 Pro
f0114954_0321952.jpg


「なにしてるんですか?ボルタ君」
f0114954_035547.jpg

「いや、なんかテントの代わりとかにも使えるかなとおもったけど、無理みたいやね」

そりゃあ、そうじゃろ。そういえば、ササダ、キャンプしようか、ホテルハイエースか、それとも豪華にロイヤルホテルか。まような〜。
by aero_boy | 2012-09-28 00:40 | アクセサリー/小物 | Trackback | Comments(0)

Air9 Carbon 79er 1x10

今シーズン、天狗、千尺、富士見、鉱山町と79er化したAir9 Carbon に乗ってきたが、フロントミドルギア32T に11-36 10s のスプロケットで、大体事足りるみたい。
f0114954_23193584.jpg

ということで、豊頃ささだ(2011,2010)に向けてフロントインナーギア24Tをとっぱらって、1x10化してみた。見た目も、すっきりしますね〜(^^)

シフターとケーブルもなくなったので、400gほど軽量化されて、ペダル、ボトルゲージ込みのレース参戦可能な状態で9.4kg達成。
ハンドルをカーボンにして、グリップも軽量シリコングリップ。ハブも前後American classicにしたのが効いたか。

鉱山グリーンレースの際、MTBレースバイクみたこと無い方々に見せたら、この軽さに大ウケでした(^^;

リアディレーラをXTR化して、シフターもI-SPECにしたらもうちょっといけそう。さらにリムをNoTubeのGoldにしたら、もしかしたらFサス付きで8kg台が見えてくるかも。

リア10速でも、カーボンリジッドフォークなら7kg台可能かも。まるでロードバイク。というか、自分のロードバイクより軽くなっちまう(汗)

軽量化の前に、エンジン鍛えろというツッコミはご遠慮ください(笑)


忘れないうちに、パーツ構成のまとめ
フレーム:Air9 Carbon 2010
サスペンション:Fox Float29 100 FIT RLC 15QR Taper 2012
フロントリム:Stans NoTubes ZTR Crest 29er Rim 32H
フロントハブ:American Classic 15mm THRU AXLE DISK
フロントスポーク:DT Swiss Revolution 293mm
フロントディスクローター:Avid Elixir CR 160mm
フロントタイヤ:Panaracer Driver 29er Pro 2.20
リアリム:Notubes Crest 650B
リアハブ:American Classic DISK 225
リアスポーク:DT Swiss Revolution 275mm
リアディスクローター:UNEX Disk Rotor 160mm Red
リアタイヤ:Shwalbe Racing Ralph 650B 2.25
クランク:FSA MEGAEXO Triple32Tミドルのみ
エキセントリックBB:Niner EBB
ペダル:Crankbothers Eggbeater 2Ti
カセット:Shimano CS-980 10s11-36T
リアディレーラ:Shimano XT RD-M780-SGS-L
前後ブレーキ:Avid Elixir CR
シフター:Shimano SL-M780リアのみ使用
ハンドルバー:OnebyESU Smartfit carbon riser 660m
グリップ:ESI MTB シリコングリップ
ステム:EASTON EA90 10度 120mm
シートポスト:THOMSON masterpiece 31.6mm
サドル:Sellaitalia SLR XC Flow
シートクランプ:TRID [ WEGHIT WEENIE CLAMP ]
ボトルケージ:OGK RC-10
by aero_boy | 2012-09-23 23:32 | バイク全体 | Trackback | Comments(0)
27.5(650B)ホイールは、26インチ用のフレームに入るのかな?
f0114954_22445594.jpg

入りました。フレームは、Specialize EPIC Marathon 08 です。タイヤとフレームのクリアランスは狭いところで1mmほど。タイヤが2.25インチのRacing Ralphなので、来シーズン2.1インチのタイヤが出揃ってくると、問題なく使えるレベルかも。

2cmほど全体的に持ち上がりますが、手軽に27.5インチを試したい場合にはいいかも。
by aero_boy | 2012-09-23 22:48 | フレーム | Trackback | Comments(0)
トレイルランニングのレースのお手伝い。先導、追走、連絡係などでMTBでランナーと一緒に走ります。聞くところによると、われわれMTBライダーを呼ぶために、わざわざDoRideレースとかロードレースのない週末を選んで開催日を決めたとか。
f0114954_20222562.png

全長がちょうど10kmの林道周回コース。アドベンチャーな感じはないけど、なかなか気もちいい登り下りがつづく。4年ほど前にはじめて走ったときには、かなりガレガレ岩場があったけど、今はかなり走りやすく整備されてる。途中に何本かシングルトラック入り口と思しき分かれ道もあったので、また探検しにいきたいな。
f0114954_20452532.png



by aero_boy | 2012-09-23 20:27 | トレイル/山サイ | Trackback | Comments(2)
富士見のXCコース名物が根っこだらけの激下り。あそこだけ反復練習している選手もけっこういる。
動画を撮ってみた。カメラをハンドルバーに付けてたら、向きがコロコロかわるので、かなり動きの激しい動画になってしまった。酔わないように注意してください(笑)30秒ぐらいだから大丈夫だとは思います。

DRIFT HDで撮影。元動画は結構きれいなのだが、mpegにしてyoutubeにアップすると、この程度の荒い動画。なんかうまい方法ないかな〜。

もちろん、オヤジはこんなスピードでは下れない。動画は愚息のバイクに付けて撮ったもの。あの激下りを30秒ほどでクリア。

エリートクラスの選手の走りも、じっくり観戦(タイムは測ってないが)させていただいた。前半部分のテルドロップ直後は、エリートレースでは左側も開放されていて、比較的楽になっていた。

動画は試走時のもので、丸太越えは斜めに入って、左に着地した後、直後に大きく右にハンドルを切って、さらに根っこドロップ階段を降りるという、オヤジには到底真似できない動きをしている。オヤジなら、このスピードでそのラインをいけば、左のコーステープにそのまま突っ込んでいるか、右の谷に落ちてるだろう(汗)

エリートレース時に開放された左のラインは、テルドロップ直後のラインとしては楽にスピード維持できるが、トップ選手はほとんどそこをはしらず、愚息と同じ右の根っこ階段を使っていた。なんでわざわざ難しい方を通るのかなと、愚息に聞くと、最初から左のラインを選ぶと、後半部分とのつながりで、左寄りの高速ラインに入りにくいとのこと。う〜む、なかなか奥が深い。

山本幸平選手他トップ選手は、6月の全日本選手権でテルドロップを右側に張り付いたラインでなめらかに簡単そうにクリアしていた。実際に走った者にしかわからない凄さを感じた。



ここを楽しむために、はるばる海を渡って参戦しているようなものだから、動画からも、愚息の気合のようなものを感じるな(笑)
by aero_boy | 2012-09-21 09:29 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

Jシリーズ#5富士見2012

に行ってきました。忘れないうちに感想。

オヤジ:スポーツ80位(ぐらい?)
楽しめるレベルで走ったら、まあこんなもんか。スポーツクラスのこんな下位で走るのに、中には殺気立つおっさんたちもいる。そんな方々には「どうぞどうぞ、おお先にどうぞ」ってなかんじでやってたら、こんな順位(笑)

自分の印象では、登りグダグダなのに、異様に下りで攻めてる人が多く感じる。自分が下り遅すぎなのは、分かっているが。。。
まあ、そんなの気にせずスイスイ抜いていけるぐらい、速くはしれるようになりたいね。
もっと、身体を柔らかく使えるようにならなきゃだめだな。
f0114954_9232162.png



愚息:エキパ13位
でした。とりあえずご報告。ポイント少なすぎで後ろから4分の1ぐらいでスタートだったので、大渋滞もあったみたいだが、80人ぐらいごぼう抜きで、それはそれで楽しかったみたい。
来年90人抜きに挑戦かな(笑)。
f0114954_17472335.jpg

信州ふぉとふぉと館さま、写真ありがとうございます。
by aero_boy | 2012-09-18 21:43 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

梓川山賊定食

f0114954_2285552.jpg

苫小牧東港から、新潟港に15:30に着いて、新潟亀田ICから高速乗って、一路富士見へ。
休憩入れずに頑張れば、松本に着くころにちょうど夕飯タイム。梓川SAが大きくていろいろ便利。山賊定食に挑戦してみた。かなりボリュームあります。
by aero_boy | 2012-09-15 19:02 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

極秘プロジェクト

実は、いまだに根強いアクセス人気がある記事が
リジッドフォークでXC
です。メリットはいっぱいあるものの、レース後半は腕+手首がきついのは事実。で、自分も今はFサス入れてあるわけですが、ARDENT 29x2.4を試乗して以来、このタイヤと組み合わせれば、リジッドでもいいんじゃないか?という妄想が頭を離れない。

Air9 Carbonは2年ほどいじり倒して、79erとして落ち着いてきた(いじり飽きてきた?)ので、普段乗りのMattsでリジッドフォーク(Niner)とARDENT 29x2.4 の組み合わせを試してみた。
f0114954_1550225.jpg

本格的にトレイル走ったり、してないが、砂利の林道を軽く走ってみた範囲では、いい感触!!
by aero_boy | 2012-09-05 15:51 | 29er | Trackback | Comments(0)

絶好調だったので

スタートからけっこういいペースだったと思う。
週末の手稲千尺XC(2012)は、猛暑(猛残暑?)でのレースでした。

試走の登りで、あれだけ身体(脚)が軽く感じたのは久しぶり。これが落とし穴だった。あとから思うと、やっぱり、自分にとって序盤オーバーペースだったのだと思う。

3周めに入ったところで、ぬるま湯となったSAVAS Water を口に含んだ時点で急激に意識が薄れてくる。おまけに、予定より1時間ぐらい遅く食べてしまったおにぎり4個が。。。。(以下想像に任せる)
たまらず、木陰で20分間ほど休息。

まあ、そのまま走りつづけていても、どこかで落車してたとおもう。

なんとか漕ぎ初め、フィードにもどってかけ水をもらうと、熱湯(に感じた)(泣)

完全に、北海道の残暑をなめちょったぜよ。

愚息も完全にだらだらモード。まあ、根性が足りないというのもアルが、今回はそれ以外にも足りないものがいっぱいあったな。

とりあえず、熱湯(ちょっと大げさ)だけはかぶらなくて済むように手立てせねば。

唯一の収穫は、GPSでオートラップ(距離モード)に成功。
みごとに、休息と、マイナス3ラップが記録されておリマする(涙)
f0114954_21392054.jpg

by aero_boy | 2012-09-03 21:39 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy