<   2013年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Wikipediaにちょっとだけ

寄付したら、こんなたいそう丁寧な返事が来た。
ただ、それだけ。ウィキペディア(日本語)


◯◯ 様

ウィキメディア財団にご寄付いただきありがとうございました。

私どもの寄付お願いのバナーを無視するのはとても簡単なことです。にもかかわらず、あなたがそうしなかったことを大変うれしく思います。ウィキペディアはこのようにして日々の請求書を支払っているのです―つまりあなたのような方々から頂いたお金で、私たちはこのサイトを無料で全世界の皆さんにご利用いただけるよう維持していけるのです。

みなさんは自分がウィキペディアに寄付するのは、ウィキペディアが役に立ったから、完璧でないにしても、みんなのために書かれていて信頼できるからだ、と言ってくれています。ウィキペディアは誰かが自己宣伝するのを助けたり、特定の価値観を押し付けたり、真実でないことを信じさせようとしたりするためのものではありません。私たちの目的は真実を伝えることであり、あなたがいるからこそそれが可能になるのです。このサイトに資金提供をしたという事実こそが、私たちの独立性を維持し、あなたが必要とし、欲しているものをウィキペディアが提供することを可能にし続けているのです。まさにあるべき姿です。

あなたには以下のことを知っておいていただきたく思います。あなたの寄付は単に、あなた自身へのサービス提供コストをカバーするだけのものではありません。平均的な寄付者は自身がウィキペディアを利用するためだけでなく、他の何百人もが利用するためにも支払ってくれているのです。あなたの寄付によって、例えば次のような人々がウィキペディアを利用し続けられるようになります。バンガロールにいてプログラミングを独学している野心的な女の子、ウィーンでパーキンソン病であると診断されたばかりの中年の主婦、1850年代の英国について調べている小説家、サンサルバドルでカール・セーガンのことがたった今わかった10歳の子ども、といった人々です。

こうした方々を代表して、そしてウィキペディアとその他の姉妹プロジェクトの5億人にもおよぶ読者に代わって、全人類の叡智の総和をすべての人々に利用可能にしようという、私たちの試みに加わっていただいたことを感謝いたします。あなたのご寄付が世界をよりよい場所にします。ありがとうございます。

ほとんどの人たちは、ウィキペディアが非営利で運営されているとは知りません。このメールをあなたのご友人にシェアして、寄付するようお薦めすることもご検討ください。そしてもしご興味があれば、ウィキペディアになにか新しい情報を追加することもお試しいただければと思います。例えば誤記や小さな間違いを見つけたら、それを直してみてください。何か足りないと思う部分があれば、追加してみてください。

心より感謝申し上げます。ご寄付は必ず誠実に使用させていただきます。

ありがとうございます,
スー

スー・ガードナー
最高責任者,
ウィキメディア財団

f0114954_2153117.jpg

by aero_boy | 2013-10-29 21:39 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

空が青い、もみじが赤い

というだけで、嬉しくなってしまう。
f0114954_19521365.jpg

歳だろうか(汗)去年に比べても、
今年はちょっと季節の進行が速いみたいだ。
f0114954_1954348.jpg

そういえば、一昨年のいまごろAir9を新調したのだった。まる2年乗ったことになる。来シーズン使ったら、そろそろ新しくしたくなるかもしれないな。
by aero_boy | 2013-10-28 19:52 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

バスケ初試合

週に1回通ってるバスケットボールクラブ。今日は、地区大会があって、対外試合は初試合。
f0114954_22561999.jpg

点をだいぶ入れたみたいだけど、
ファールもしまくりの大活躍だったようです(笑)
by aero_boy | 2013-10-26 22:57 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

随分大きさに差が

ひさしぶりに、お仕事で札幌の街なか。ふと見上げると、ガラス張りのビルが。以前通ったときは、なかったような気がするが。
f0114954_22511826.jpg

某銀行のビルらしい。お隣の白いのが某新聞社のビル。

これだけ大きさもちがうと、ちょっともの悲しさを感じてしまったな。
by aero_boy | 2013-10-26 22:51 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)
この3つがうまく揃ってくれないと、パフォーマンスがあがらない。それぞれがばらばらなのではなくて、例えばバイクを新車にしたら、モティベーションが上がるとか、モティベーションが上がったら、練習が充実して身体の調子があがるとか、おたがいに影響しあうから面白い。
f0114954_1654572.jpg

モティベーションの上げ方というのは、人それぞれだと思うが、自分の場合には自分の身体を使った実験が面白い。

どんな練習をして、どれだけ休養をとったら、パフォーマンスはどうなるか。ひとシーズン終わってみて、昨シーズン末からを振り返ってみる。
冬の期間11〜3月は、ローラー台の(2分+3分)x3回インターバルを2日に1回ぐらいのペースで続けてみた。全体で40分ほどで終わる。実際頑張っているのは、20分ほどである。

けっこう単調で3月ぐらいには嫌気がさしてしまった。それでも冬期間外をちょこちょこ走るよりも春に入ってからのパフォーマンスは上だったとおもう。

問題は、春に入って外を走り始めたとき、20分後ぐらいに急に辛くなってくること。冬のあいだに、完全に20分だけ頑張る身体になってしまった。それを打ち破ったのが今シーズンの場合、6月の上砂川4時間耐久レースとその翌日の2時間エンデューロ練習だったように感じる。その後は1時間程度頑張っても苦痛を感じない身体になった。
by aero_boy | 2013-10-24 17:11 | トレーニング記録 | Trackback | Comments(0)
4月は恒例となった四国合宿(帰省ともいう)で幕開け。

2013シーズンのレースシーズンも終わってしまった。DoRide XCレース全6戦、Jシリーズ4戦、耐久レース3戦。この他に7月の全日本に出ようと思っていたが、ユースクラスが謎の中止となったので遠征しなかった。

海を渡っての遠征が5回と、なかなか頑張った。
4月 四国合宿@因島
5月 生きて帰って来ました(八幡浜 J1XC#1)
   惨敗感炸裂(DoRide XC#1@Fu's)
6月 若武者3人(DoRide XC#2@手稲) ありがたいことです
   2013XCレース#3 士幌(DoRide XC#3) 士幌エリートレース展開
   上砂川4時間耐久 怪我の功名
7月 新車(忍者バイク)投入
   新車効果?(DoRide XC#4@天狗)
8月 壮観(長沼4時間耐久) みかんちゃん再び
   雨ニモマケズカゼニモマケズ(J2 XC#2@雫石) 雫石キッズ 珍しいメカトラ
9月 バンザーイ(DoRide XC#5@手稲 エキスパート参戦備忘録)
   レースなかったというのに(J1 XC#3@富士見秋中止)
10月 ちょっと信じられない(DoRide XC#6@ササダ)
    エキパ@一里野(J1 XC#4)
    本舗の耐久
振り返ってみるに、7月の全日本にむけていろいろとスケジュールも無理をしてくみたてていたので、その中止で相当モチベーションを落としてしまった。その立て直しにちょっと時間を要した。

さらに9月の富士見は台風で中止。この2発目のパンチでさらにモティベーションが下がったのが大きかったかな。13戦+1遠征しかしてないのに、結構シーズンが長く感じたのはそのせいかもしれない。
f0114954_2362246.jpg

Jシリーズには1戦目に出ないと、その後のスタート位置が難しくなる。今年の最終戦でせっかく10番台を確保したのだから、それを来季につなげるには、5月の1戦目に出る必要がある。そのためには、冬から4月の走り方にまだまだ工夫が必要。
by aero_boy | 2013-10-23 23:11 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

今季最終戦、本舗の耐久

に参戦。ここ数年出てなかった気がするのでひさしぶり。
ここ最近、台風やら泥レースやらが続いていたので、気持ち良い運動会日和がなにより嬉しかった。
f0114954_23353253.jpg

怒涛の100人スタート。いや〜、多かったですね。

マウンテンバイク乗ってるひとは、あんなにいっぱいいるんですね。

しかし、結果的には、はじめてヘルメットをお釈迦にするという。。。。
f0114954_23371015.jpg

いい薬だ。
by aero_boy | 2013-10-21 23:38 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

白山一里野のコース

スタートはロッジまえのアスファルトの直線。その幅が微妙に狭く。スポーツ・エキスパートの両クラスで落車発生。自分もその中に巻き込まれてしまった。
f0114954_959372.jpg

スタートで集団の流れに乗っていけない自分も悪いのだが、後ろから抜こうとしてきたライダーのハンドルが私のハンドルに引っかかって、瞬間落車。スタート落車は初体験だったが、ハンドルぶつかるていどなら、押し返して耐えたとおもうのだが、どうもバーエンドが引っかかって、相手ライダーが転倒するのに完全に引っ張られたパターンらしい。倒れたときには、相手ライダーのバイクのうえに自分と自分のバイクが完全に乗っかっていた。

ハンドルが45度ほど曲がってしまい、さすがにそのままでは走れず、修正するのに1〜2分を要してしまった。気を取り直して走り始めるも、フロントタイヤの振れがけっこうひどい。下り直線でもスピードが出せない。どろどろの区間をランでなんとか脱出して、さてゲレンデ下りにはいったら、ディレーラーもやられたらしく、小さい方のギアーにチェーンが落ちない。真後ろから確認するに、目視では曲がっているようには見えないが、シマノ36T用のリアディレーラーで、Reonardo40Tを無理やしシフトしているので、40T--> 34Tのシフトは確かに微妙な感じではあった。落車の衝撃で、ちょっとずれてしまったらしい。

仕方なく、下りとシングルトラックもrear40Tでくるくる脚を回しながら行った。そうこうしているうちに、接触落車の相手ライダーが、腕から血を流しながら前を走っているのを捉える。怪我で相当消耗している模様。シングルトラックでパスさせていただき、2周目を終えたら、さすがに80%カットされてしまった。

落車相手ライダーの方からも気持よく謝罪していただき、わだかまりはなし。自分の怪我が擦り傷程度で済んだのが、不幸中の幸いだった。
by aero_boy | 2013-10-16 10:13 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

J1XCレース@一里野

はじめて石川一里野のXCレースに参戦してきた。今シーズン、Jシリーズは、八幡浜では崖から落ちる雫石では超マッドコンディションでメカトラ、秋の富士見は台風中止で、ほとんどポイントがない。そこで、来シーズンにつなげるべく初めてJ1最終戦に参戦してみた。
f0114954_1534646.jpg

来季の初戦は、今シーズンのポイントランキングが参考にされるはず。すこしでもいい位置でスタートしたいので、
落車、メカトラをさけて来季につなげる作戦。1周目は40番ぐらいでフィードを通過したが、長いゲレンデ登りで10人以上パスしたらしく、2週目からは25番ぐらいで周回。中盤は無理に前を追いかけず、脚を貯めていたらしい。結果的には、無難に10位台に入って最低限の目標は達成。

登りの泥区間ではどうしてもランが入ってしまい、そこで何人かに抜かれ、ゲレンデ登りとシングルトラックで抜き返すという展開のくり返しだったらしい。
ランの強化が必要です。

それにしても、行きは苫小牧東から敦賀へのフェリーがあったので、敦賀から一里野まではそれほど遠くなく行き易かった。それに比べて、帰りは敦賀から苫小牧東がなく、舞鶴から小樽のフェリーを利用。さらに出港が2時間遅れるというアクシデントで帰りは随分長旅だった。

これからは、飛行機利用の遠征にもなれなきゃいけませんね。
by aero_boy | 2013-10-15 02:01 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

パワータップの電池交換

by aero_boy | 2013-10-12 11:47 | Trackback | Comments(0)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy