<   2015年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

鉱山グリーンレース2015

日曜日、KOZAN GREEN RACE のサポートライダーやってきました。アットホームな感じのトレイルランニングのれーすです。
f0114954_1253928.jpg

ここ数年サポートライダーをつづけていますが、もう第9回目になるんですね。来年は記念すべき第10回です。

土曜日にふぉれすと鉱山入りして、雨のなか入念に下見をいたしました。
f0114954_12555659.jpg

びしょびしょに濡れて、最悪のライドなのに、おっさんたちのこの笑顔。さすがです。頭のなかは前夜祭のことでいっぱいかな(笑)

非常に残念なことに、わたし自身は別用があり、前夜祭DNSでした。来年こそは体調をととのえ参戦したい、前夜祭に(笑)

コースレイアウト、プロファイルはこんな感じでした。
f0114954_12584436.png

鉱山町の林道を利用して1周ちょうど10キロメートルのコースを使います。

レースとは銘打っていますが、暖かい雰囲気が人気のようで、毎年順調に参加人数が増加して、ことしは180人越えのエントリーだったそうです。
f0114954_132406.jpg

レース当日は、前日の雨と打って変わって快晴でした。9年間いちども雨のレースが無いそうです。気温も暑くもなく寒くもなく、この辺が人気の秘密の一端かもしれませんね。

この面々で、レースを先導、伴走および後走してサポートします。
f0114954_1354522.jpg

山の奥の方では携帯電話も通じません。チェックポイント間もだいぶはなれているので、免許なしの無線ではなかなか連絡が取りにくい事情もあって、マウンテンバイクによるサポートが欠かせないことになっています。

サポートライダーは水と簡易的な救急セットも携帯していて、実際この日も転倒したランナーの応急処置(転倒による擦り傷でしたが)で完走を支えました。

ランナーはまったり走るかというと、トップランナーはかなりレベル高く(素人ですがそう感じる)
f0114954_13104753.jpg

斜度がきつい部分の登りでは、マウンテンバイクの方も必死の先導です。
ま、下りはMTBの方が劇的に速いので、楽ちんですが(笑)
f0114954_13124917.jpg

標高差300メートル近くある10キロのコースを2周と最後尾の追走にまわって、プラス1周を、レースバイクでなくフルサスバイクで走ったので、だいぶ練習になったようです。

フルスクリーン表示



この日はおまけのIトレイル ライドまで行って、充実の一日でした。
f0114954_131608.jpg

by aero_boy | 2015-09-28 13:16 | トレイル/山サイ | Trackback | Comments(0)

街の中を走ってみると

やっぱり、小径車に対する視線の柔らかさを感じますね。マウンテンバイクで歩道に上がってしまうと、歩行者の方が慌てて逃げて行くこともあって、いくらゆっくり走っても悪いことした気分になることもあるのですが、BROMPTONだと威圧感がないので、歩行者が避けてくれません(笑)
f0114954_1053665.jpg

写真に収めてみるとその気持ちも分かりますね。街の風景に溶け込んでます。やっぱりホイールとタイヤが小さいというのは、ゆる〜い雰囲気をつくりだしますね。

これで100kmオーバーのロングライドも難なくこなしてしまうというところが、ますますワクワク感をかき立ててくれます。

つぎどこ行こっかな〜
by aero_boy | 2015-09-26 10:11 | BROMPTON S6L | Trackback | Comments(0)
長距離を走らなくてもいいじゃない? ロードバイクのほうが楽にスピード出るでしょうに。という疑問がわきますよね。サイクリングを楽しむというのが目的なら、50km走って折り返してくれば100km走れます。あるいは、ぐるっと一周するルートを考えればいいし。
f0114954_17394312.jpg

ところが、自宅近辺から50km進んで折り返すというルートは、そんなにたくさんバリエーションがあるわけではなく、何年か続けていると単なるトレーニングルートとなってきて、旅の醍醐味が薄れてきます。1周するルートとなると、さらに選択のはばが狭くなってくる。

いろんな場所を遠くまで走ってみたいとなると、公共交通機関で移動してから走ったり、走った後にそれで帰ってきたりできれば、選択肢は飛躍的に広がります。

先日のちょっと無謀とも言える、岩見沢までのサイクリングでも、帰りのことを心配しないでいいからこそ出来たわけです。BROMPTON S6Lをたたんで袋に入れると、
f0114954_17464398.jpg

こんなふうに、トランクにもすっぽりと収まる。シルバーウィークで荷物がいっぱいの自動車のトランクにちょこっと載せてもらうという幸運に恵まれました。
by aero_boy | 2015-09-25 17:48 | BROMPTON S6L | Trackback | Comments(0)
自分の方でした。

舌好調の南風店主さんの説明によると、Made in England にこだわっているブロンプトンは、シマノなどの汎用パーツは一切つかっていないとのこと。それぞれのパーツ構成が、折りたたみのコンパクトさと、走りの快適さのバランスを追求して、50年近くの年月の中で考えぬかれ、そして実際に試されてきたもの。

ということで、サドルの高さだけ調整して、その完成度を試そうと、走って見ました。お天気も良さそうだったので、室蘭本線沿線を岩見沢に向かい、ギブアップの時点で速攻で輪行に切り替える作戦。

目標を宝水ワイナリーとさだめて、Pocket Earthでルートを作ってみると136km。もしかしたら、なんとかたどり着けるかもしれない微妙な長距離です。

フルスクリーン表示


苫小牧までの50kmは、キラキラ輝く海をみながら快調にすすみましたが、234号に入るとトラックやらタンクローリやらがやたらと多い真っ直ぐな道。それでも100kmまでは楽しめました。
f0114954_21221045.jpg

栗山町を超えてからはグダグダになりながらもなんとかワイナリーに到着。あとでログを見てみると140kmも走ってました。

ログには8時間22分とありますが、到着後、放心状態でログの終了をわすれたため長めにでています。コンビニ休憩なども除けば、じっさいに走ったのは6時間ぐらいでした。

もちろん小径車なので、路面の穴ボコや砂利は気になりますが、想像以上に快適なロングライドになりました。BROMPTONくんのほうは、140km程度ではビクリともしておりません。Made in Englandの完成度の高さをためすつもりが、試されたのは自分の脚だったかも(汗)

ワイナリオーナーさんの特別のお計らいで、2015産の葡萄(シャルドネ?)を絞るところをみせてもらえました。
f0114954_18171095.jpg

圧搾機で絞り始めにでる葡萄果汁、つまり一番搾りは、完熟している部分のみからの果汁が出ており、未熟な部分や皮や枝の部分の味が一切出ていないそうです。葡萄自体はすこし酸っぱみがありましたが、一番搾りの果汁はものすごく甘みがありました。発酵させてワインになったものは、人気が高く予約しないと手に入らないそうです。
by aero_boy | 2015-09-24 21:29 | BROMPTON S6L | Trackback | Comments(0)

進みますね〜

今日は岩見沢グリーンランドのスキー場で、新SCOTT+RS1+DoCorsaNoveを駆りました。
f0114954_23465089.jpg

f0114954_23473329.jpg

(写真撮影:ニマさん)
耐久レースでは、自分のバイクがパンクしてしまったので、このバイクを自分もコースで乗って見ました。
f0114954_1131462.jpg

進みますねこのバイク。小さなウェーブの平坦路で、脚止めてるのに前の選手に追いついた時には驚きました。小学生でしたけどね(汗)
f0114954_23474479.jpg

結果は、アキラがエリートクラス優勝。わたしはマスター50で2位でした。
f0114954_1135509.jpg

by aero_boy | 2015-09-20 22:49 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
いろいろだらだらしてしまうので、茂木健さんの「すぐやる脳のつくり方」を衝動買い。
読みやすくて、さっと読んでしまったので、かえって書いてあることを忘れそう。
f0114954_127110.jpg

●一秒で切り替えろ。おっちょこちょいぐらいでいい
●他人を気にしすぎるな。価値基準は自分の中で
●ひと仕事おわったら、自分にご褒美あげること
●柔軟なTODOリストを脳内画像イメージで

やる気は脳内の化学物質に大きく左右されるので、要はやる気のでる化学物質が脳内に自然に出るように仕向けてやれば良いんですよね。そのためには、長く考え過ぎないとか、生活習慣化するとか、朝日を浴びるとか、運動するとか、やる気とあんまり関係無さそうなことが実は深く関係しているのでしょうね。


by aero_boy | 2015-09-18 12:17 | 本棚 | Trackback | Comments(0)
よく林道をMTBで走るのですが、クマが居ると分かっている林道なのにクマ鈴を付けずに歩いている人によく出会う。というか、ほとんどの人がクマ鈴をつけていない。

ヒグマに食われたくなかったらクマ鈴を携帯した方がいいですよ(笑)

で、MTBにつけるクマ鈴ですが、よくホームセンターで売っているような、カラビナで引っ掛けるタイプのものは、たしかに音もでかくていいんですが、ぶらぶらするので、フレームなんかに傷がつきやすいんですよね。
f0114954_20243456.jpg


わたしが、愛用しているのはベルクロでシートポストやハンドルに固定できるこういうタイプのやつです。

by aero_boy | 2015-09-14 20:22 | トレイル/山サイ | Trackback | Comments(0)

台風後の鷲別川は

やはり、いつもの穏やかな雰囲気とはちがい、勢い良く流れていました。
f0114954_2233335.jpg

マウンテンバイクで沢渡りをすると、大変そうに見えますが、実は自転車なしでわたるよりずっと楽です。なぜかというと、まず自転車を進めて、それを杖代わりにして脚を運べるからです。

右足と左足の2点だけではなく、前輪と後輪の合計4点で身体を支えながらバランスを保てるのですから、楽なのは当たり前ですね。

f0114954_22363867.jpg

赤線のトラックログ表示で、左下の橋が写真の沢渡りポイントです。鷲別林道が終わり登山道(水元沢コース)への入口です。

この日は鷲別川の源流を目指してみましたが、流れが思いの外激しく、時間切れということもあり、もう少しのところで(上のトラックログ、右上地点)断念してしまいました。
f0114954_22451392.jpg

しかし、国土地理院の地図上にトラックログを表示してみて初めて気がついたのですが、登山道は右の支流側についているのですね。室蘭市と登別市の境界になっている本流と思われる左側は、地図上では一番奥までつづいているのですが、実際は右支流より水量は少なく、みちもついていないように見えます。

短い支流の方が水量が多いという、不思議を発見してしまいました。
by aero_boy | 2015-09-13 22:45 | トレイル/山サイ | Trackback | Comments(0)
炭素繊維を惜しみなく使ったレースバイクを組んでみました。
f0114954_2122934.jpg

主なパーツ構成は、
フレーム:Scott Scale900SL(2013)(実測998gのマッド塗装のみのカーボン)
Fサス:RockShox RS-1 2015モデル(100mmストロークの倒立サスペンション)
ホイール:DoCorsa Nove 29 カーボンクリンチャー
(CycleGarage PAZ手組、HUB: DT Swiss 240、チタンスポーク28Hストレートプル)
タイヤ:MAXXIS IKON TL 29x2.2
カセット+Rディレーラ+シフター+チェーン:(Shimano 8000 シリーズ11s)
クランク+チェーンリング:(Shimano XT 780, 180mm、楕円32T)
シートポスト+サドル:(RockShox Reverv 100mm、Sella Italia SLR XC Gelflow)
ペダル:Crank Brothers Eggbeater titun 11, 2013)
ハンドルバー:3Tアルミ

この状態で総重量が約9.9kgです。

倒立サス、カーボンクリンチャーリムにチタンスポーク、1x11の楕円チェーンリグドライブトレイン、そしてドロッパーシートポストと盛りだくさん過ぎますでしょうか?

あとは、ハンドルバーのカーボン化とドライブトレインのXTR or XX1 化ぐらいしかやることが無くなってしまいましね〜(笑)
by aero_boy | 2015-09-11 21:38 | バイク全体 | Trackback | Comments(0)
Open Street Map(OSM)ってホントすごいですね。

その存在を知ってから半年以上が経ってしまいました。最初は、Google Map があるのに、なんでわざわざ苦労して一人ひとりが地図データを作りなおさなきゃいけないの?と思いました。しかし、localwiki やスマホGPSアプリと連携して使ってみるとOSMのもつ意味がやっと実感できて来ました。

自分で地物や道を入力して地図作っていくと、第1のユーザーは自分自身なんですが、それが世界中の人々に活用されるんですね。孤独で地味な作業が、OSMを通じて一気に世界とつながるわけです。
f0114954_8241075.png

オンライン地図とGPSを組み合わせた利用の仕方としては、基本的にトラックログとルートナビゲーションの2つがありますね。
トラックログというのは、スマホなどGPS端末をもって実際に通った経路を緯度経度の座標データとして記録しておいて、地図上に表示したりするものです。
自分で同じトラックをまた通るときに見たり、人にそれをblogやlocalwikiで見せたりできますね。
技術的には簡単なことなので、数多くのサイトや無料アプリが存在しているようです。

いっぽう、地図の上だけで事前に通り道を計画しておくのがルートとよばれているものです。クルマのナビもこれとおなじ仲間ですね。地図の上で、行ったことのない土地のうえに経路を描いていろいろと空想に耽ることもできます。もちろん、ナビゲーションと組み合わせれば、知らない土地でも迷うことなく歩いたり走ったりできるわけです。

地図の活用法として、ルートの方がより可能性を広げてくれる機能だとおもいます。

地図データから経路を割り出さなくてはならないので、トラックよりもルートの方が技術的に難しい計算を要します。安定して動作する無料アプリが見当たらないのも当然ですね。

OSMを使ったトラックやルート作成の両方を備えたスマホアプリはないかなと、いくつか試してみました。英語版ですが、Pocket Earth PROというアプリが、わたしの試した範囲内ではもっとも安定して使えそうです。

せっかく、時間をかけて使い方を理解したのですが、しばらく経ったらすぐに忘れそうなので、ここに備忘録として残しておきます。

例として、東町ターミナルから「とり金」という焼き鳥屋まで徒歩で行くルートをGPXデータとして作成してみます。Pocket Earth PROの中でも、もちろんルートを表示しながらナビゲーション出来るのですが、せっかくなので、Dropboxを使って、シェアするところまでやってみます。

まず、左下のメニューをタップします。
f0114954_20512645.jpg

メインメニューが英語で表示されますが、ビビらず一番左うえの「ROUTE」をタップします。
f0114954_20544476.jpg


ルートの作成画面に移ります。OVERVIEWの2行めがWalkingになっていれば徒歩ルートが作成されます。人が歩いている絵もついているので、直感的にも操作が分かりやすいですね。Walkingをえらんでおけば、高速道路などが避けてルートがつくられます。その他に自転車と自動車(最速)と自動車(最短)が選べます。クルマで高速道路を使って移動中にナビゲーションさせることもできそうです。ここではWalking(徒歩)ルートを作ってみましょう。

Add Starting Locationをタップして出発点を決める画面に移ります。
f0114954_2058107.jpg


どうやって出発点を決めるかのメニューが開きます。

読んで字のごとくな選び方が出来るわけですが、今回は一番上のSelect Item on Mapを使ってみます。OSMの地図が表示され、そのうえにあるポイントから出発点を選ぶことができます。
f0114954_2183413.jpg


ちなみに、今自分が居る場所を出発点にしたい場合には、2番めのCurrent Locationをえらびます。

地図画面になるので、東町ターミナルを探してタップで選びます。ちなみに選びたい地点がOSMに描かれていない場合には、このアプリの中でポイントとして登録しておくこともできます。いまの場合、東町ターミナルがすでにOSM上にあるので、それをタップし、右上の「+」をタップします。
f0114954_21135890.jpg

これで、出発点が確定しました。

目的地も、出発点とおなじ要領で選んでいきます。
Add Destinationをタップします。
f0114954_21194223.jpg


Starting Locationの時とおなじように、目的地の選び方のメニューに移ります。
f0114954_21212052.jpg

今回も地図上から選んでみましょう(Select Item on Map)。
ちなみに、当たり前ですが、出発点と目的地をおなじ地点に選んだらルートはできません(笑)

地図が表示されるので、目的地(とり金)を選びます。出発点の東町ターミナルの場合と違って、ポイントが単純な円で描かれているのが分かりますね。これが先に述べた、Pocket Earth PRO上で登録した地点です。まだ、とり金はOSMに描かれていなかったのです。
「+」をタップして目的地に追加します。
f0114954_2123223.jpg

これで、出発点と目的地が確定しました。ルートのなまえもUnlabeled(名無し)から、選ばれた出発点と目的地の名前に自動的に変更されます。

英語のアプリなので、メニューは英語ですが、ルートの名前やトラックログの名前なども、しっかり日本語が使えるので、日本語版をまたなくても良さそうですね。

OVERVIEW(要約)をみると、距離が2.3kmで歩いて34分ぐらいかかることなどわかります。
右上のViewをタップすると、地図上でルートをみることができます。
f0114954_21445648.jpg

この状態で、左上の▶をタップすれば地図表示とともにナビゲーションが始まります。
今回は、このルートをDropboxにアップロードして公開する方法を説明してみます。ダウンロードして無料アプリのGeographicaなどで表示すれば簡易ナビにもなるのでは?というもくろみです。

一番上のルート名「東町。。。」をタップすると、ルートメニューに戻ります。
f0114954_21464813.jpg


左上のShareをタップします。
f0114954_21562611.jpg

データのタイプをGPXに選びます。
f0114954_21565871.jpg

Emailで自分にメールしてもいいのですが、ここでは、他のアプリケーションにGPXデータを渡してみます。
Open In...をタップします。
f0114954_21582550.jpg

アプリの選択画面になります。
Open in Geographicaをえらべば、Geographicaで開けます。ちなみに、Facebookにシェアしようとすると謎のリンクが無いというメッセージで怒られます(笑)

ここでは、Dropboxをタップ。
f0114954_2204027.jpg


保存をタップすればDropboxにGPXデータがアップロードされます。
f0114954_2242668.jpg


当たり前ですが、スマホにはDropboxアプリが事前にインストールされていなければなりません。またDropboxのIDとパスワードなどの設定も済んでいることが前提です。

Pocket Earth PROを使ってルートを作成してDropboxにアップロードする方法をここに示しました。これがあれば、行ったことのない焼き鳥屋を開拓したり、未知のトレイルに挑戦したりしたくなりますね。また、出張で知らない街で仕事先を探したり、宿泊ホテルを探したりする手間も楽しみに変りそうです。オフラインでも機能するようなので、外国に行った時にも、かなり心強い味方になるのではないでしょうか。
by aero_boy | 2015-09-09 20:49 | 地図ルート | Trackback | Comments(0)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy