タグ:タイヤ ( 35 ) タグの人気記事

ロケットロンでもどうしようもない、マッドコンディションの時にもいいかも。
29x2.4サイズ。迫力あるね。比較目安のために、5cm間隔でテープはってみた。
f0114954_1323839.jpg

ARDENT のロゴがかっこいいね。
f0114954_1344397.jpg

f0114954_1351735.jpg

780g。カルマより軽いか?
f0114954_1372971.jpg

by aero_boy | 2012-08-23 13:07 | 29er
またまた、NGCの素敵な写真。
こーんな、爽快な天気の中、ようてい山に向かって
f0114954_21165544.jpg

(ねこスピードさんありがとうございます)

ぜんぜんDHっぽくない絵。
f0114954_21183560.jpg

ターンの外足荷重を一生懸命やっている。つもり(汗)この写真はスタートして直後ぐらいで、コース後半では、もう少しマシに出来てたと自分では思うんですけども、まだまだな感じですね。

純クロカンバイク、Air9 Carbonに27.5 Nevegal タイヤを履いてグラビティー。もう、掟やぶりの2乗ですな(笑)

よし、明日は、どろどろでも、意地で外足荷重してやるぞ。
by aero_boy | 2012-08-04 21:24 | レースを楽しむ
天狗XC#1は、ほぼ100%ドライなコース。一昨年の池がむしろ懐かしく感じられた。愚息に「ドライだから、フロントタイヤもブロックが低くて転がりのいいASPENに変えるか?」と尋ねたところ、「下りで思いっきり倒し込みたいから、Rocket Ronでいく」とのこと。
f0114954_20264917.jpg

フロントサスの空気圧とリバウンドスピードもけっこう気にしてた、下りのスピード感を楽しむのに余念が無かったみたい。

ちなみにリアタイヤはASPEN。Air9 Hydro(L)に乗り始めて半年ほどたって、だいぶポジションなんかもしっくり来始めたのかもしれない。

それにしても、ハンドル幅狭いな〜。流行をまったく気にしない異骨相ぶり。
by aero_boy | 2012-07-24 20:32 | レースを楽しむ

Karma 29x1.9 Snow Ride

あいかわらず、スキーにも行かず、雪トレイルライド。先週日曜日が異常に暖かく、雨も降ったのでコースはいったん青氷になった。さすがに前輪スパイクたいやでも、後輪ブロックタイヤ(ROCKETRON)だと、すべりまくってほとんど走れなかった。前後輪スパイクならなんとか、転ばずに走れるかも知れないが、あいにく前輪しかスパイクタイヤがない。円高の波にのって、ただいま、SHWALBE ICE SPIKER 注文中。
f0114954_0361030.jpg

その後積雪が20cmほどあって、除雪すると青氷がでてくるので、あえて除雪せず、うえから足で踏み固めたりして圧雪路面をめざした。が、自動車で走るわけじゃないので、うまく固まらない。ざくざく雪の10cmほど下が青氷という、かなり最悪に近い状態だ。

そんなスノートレイルでKARMA 29X1.9を試してみた。いつも使っている幅が2.2インチでなくて、1.9インチのKARMA。初めて使ってみる。なんと重さは520gしかない。2.2の方が約800gもあるのに、1.9のこの軽さには驚き。場合によってはレースでも使うかもしれない。


ブロックパターンは2.2と同じようだが、ブロックがやや小ぶり。ちょっと乗ってみたぐらいだが、2.2のKARMAとさほど違わない印象。2.2インチのKARMAは重い(800g)のだけが難点だったので、それと遜色ない性能なら520gというのは魅力的だ。
by aero_boy | 2012-02-05 00:33 | ホイール/タイヤ
因縁という言葉がよく使われる表現として、すぐ思い当たるのが「因縁をつける」という言い方。こじつけて相手の非を責めるときに使われる。もちろん私がKARMAを「因縁タイヤ」と読んでいる理由は、この「因縁をつける」というのが目的ではない。

「因縁」というのはもともと仏教用語で「宿命」とか「物事の起こり」という意味も含んでいるらしい。実は私の父方の家は寺の住職で、まったく仏教と無縁というわけでもないが、それほど仏教に造詣が深いわけではないので、付け焼き刃的知識ではある。わたしがMTBの魅力に目覚めた、その事の起こりにKARMAも大きく絡んでいるので、まさしく因縁タイヤと呼んでいるわけだ。

前置きが長くなってしまったが、そのブロックパーターン。
f0114954_639290.jpg

これから、いろんなタイヤと比較して行こうとおもっているので、ブロックの大きさとか密度もある程度客観的に把握しておきたい。試しに5cmだけ白テープで区切ってみた。実際に路面と接して転がり抵抗とかグリップに関与しているのは、だいたいこれぐらいの範囲ではなかろうかというのがその根拠である。路面に触れているいう意味では、もうちょっと広い範囲かもしれないが、路面と圧着あるいはこすれて、ライディングに大きな影響を与えているという意味ではこれぐらいのものだと思われる。そのうちタイヤの接地付近を動画撮影してみたいとも思っている。

空気圧30PSI(約2bar)の状態で、タイヤ幅が約53mmだった。50mmの範囲(上下方向)に四角いブロックが10個ある。トラクションと転がり抵抗に関係ありそうな中央部分に6個と、コーナリングでバイクを傾けたときに影響がるサイド部分に左右2個づつ、合計4個のブロックがある。
by aero_boy | 2012-01-31 23:00 | ホイール/タイヤ

因縁のタイヤ

マウンテンバイクの楽しさに目覚めた頃(2008年春)、バイクをある人物に貸してもらい、2〜3ヶ月乗り回した。それもかなり大きなきっかけとなって、MTBに本格的に乗るようになった。そのとき借りたバイクについていたタイヤがKENDA KARMA26x2.1だ。かなり使い古されたタイヤだったが、十分にMTBの楽しさに目覚めさせてくれた。
f0114954_23441377.jpg

29erに乗り始めたときも、どんなタイヤを使えばいいかよく分からず、とりあえずこのKARMAから始めた。

居酒屋に入って、飲み物をオーダーするときに、「とりあえずビール」と日本人はよく言うが、それを聞いた外国人の中には、ビールのことを日本では「とりあえず」と言うらしいと勘違いした人もいるとどこかで聞いたことがある。わたしにとって、KARMAはそんな感じの「とりあえずタイヤ」でもある。

だからといって、ビールがほかのアルコール飲料より格下なのかというと、もちろんそんなことは全然ないのと同様に、この「とりあえずタイヤ」KARMAが他の、「・・・KING」とか「RACING・・・」と名前のついたレースタイヤよりも格下だとは思わない。
26インチバイクでも、29erでも、KARMA以外に色々タイヤを使ってみたが、それらと比べて、KARMAはひとことで言って、バランスのとれたタイヤだと思う。ガレ場でも、泥でも、濡れた根っこでも、雪トレイルでも、そしてロードでも、特段に不満はない。

たとえば、レースでよく使うSHWALBE ROCKETRONは、土の上を走っている分には高性能だが、トレイルへの行き帰りのロードでは、アスファルトに粘りつくみたいな乗り心地で、パッとしない。逆にHUTCHINSON PYTHONは、ハードパックの土やロードでは転がりが最高だが、ちょっとルーズな路面でバイクを傾けるとグリップ力に不足を感じてしまう。超軽量タイヤNoTube CROW を穿けば、登りが楽しくなるが、泥道下りでは地獄を見る。一長一短あって当たり前だが、そこへいくとKARMAはそういった一長一短が見当たらないタイヤだ。

2シーズン前、全国小中学生MTB大会というのに出たときも、白馬のドロドロコースだったが、試走の最後までタイヤ選択で迷ってしまい、結局普段使っているKARMAにした経験もある。それが正解だったかどうかは微妙だが、迷ってしまったときに頼れる存在であったということは間違いない。まさにKARMA(業、因縁)の名にふさわしいタイヤと言えるかもしれない。
by aero_boy | 2012-01-28 23:49 | ホイール/タイヤ

タイヤのネーミング

タイヤのネーミングなんですが、なんだか意味がピンとこないものもあるので、ちょっと調べてみた。
Karma :
1【仏教・ヒンズー教】 カルマ,業(ごう), 因縁(いんねん).
2 宿命.
3 (人・物から発する)感化力,雰囲気.[サンスクリット語「行為」の意]

Ignitor: 点弧子,点火装置,イグナイタ

Rarph: ラルフ,レイフ 《男性名》.

Rocketron: ロケット(?)

Python: ニシキヘビ

Crow: おんどりの鳴き声、カラス

Raven : 渡りカラス、Crowよりも大きいカラス、不吉な鳥、あらし回る

名前の印象だけからすると、Karmaの圧勝という感じ。まあ、人それぞれ好みがあるでしょうが。

CrowとRavenおもしろい意味だな。Ravenってなんだろうと以前から気になっていたが、Crowより大きいカラス。たしかにRavenのブロックはCrowのそれより少し大きい。しかし「不吉な鳥」なんて意味をもつ名前をつけるなど、Notube社はなかなか大胆だ。
by aero_boy | 2012-01-14 21:29 | ホイール/タイヤ
タイヤと言う部品は、飛行機で例えて言えば主翼のようなものである。飛行機の胴体形状も尾翼の面積も配置も、もちろんエンジンも、それ以外の要素も重要で不可欠なのは当然であるが、中でももっとも重要な働きをしているのが主翼であるというのは素人が考えても分かる。飛行・飛翔のメカニズムがまだ解明されていなかった時代から、その鍵を握っているのは「翼」であるということだけは分かっていたのである。飛行のメカニズムが解明されて、スペースシップで宇宙まで飛んで行こうとしている現在でも、翼型や翼平面型はNASAなどによって徹底的に研究されている。

スポーツバイクとの比較で、もう少し詳しく言うと、「翼」に例えられそうなのは「ホイール+タイヤ」となる。実際に地面に接している部分はタイヤなので、翼との比較でいえば「翼型(断面型)」がタイヤに相当するだろうか。

なんだか比較をすることで、よけいに話をややこしくしているようにも思えるが、要するにバイク(自転車)の走行性能の鍵を握っている要素がタイヤであると言いたいのだ。
f0114954_043334.jpg

とくにMTBの場合には、タイヤが違えば劇的に走りが変ってくると考えられる。タイヤに比べればフレームがカーボンかチタンか鉄か、ドライブトレインを2x10にすべきか3x9にすべきかなんて、はっきりいってどうでもいいことに思える。

ま、それはちょっと言い過ぎかもしれないが(汗)、そういう話は専門家にまかせて、MTBタイヤの走行性能・性格を決める要素を考えてみた。
(1) ブロックパターン
(2) 重量
(3) 幅・エアボリューム
(4) ゴムの硬さ
(5) 空気圧
(6) 路面状況
(7) デザイン
ざっと挙げてみても7つもある。7番目のデザインは気分(モティベーション)の問題だから、あまり関係ないかも知れないが、一応入れておいた。

これらの要素の組み合わせで性能・性格が左右されるのであるから、それはもう、無限に変化に富んだライディングが楽しめるのは、容易に想像できる。

ということで、2012シーズンは29タイヤの性能・性格比較をテーマに掲げてみようと思う。
by aero_boy | 2012-01-10 00:54 | ホイール/タイヤ

29インチ タイヤ

2012シーズンは怒涛のごとく新しい29erが各メーカーから登場していますね。他の人とはちょっと違ったことを試してみたかったということと、実際に試乗してみてその乗り心地に魅了されたということがあって、一昨年(2010)からNiner Air9に乗り始めた。

そのころとくらべると、だいぶ29インチタイヤの選択肢も増えてきた感があります。いままで自分がトレイルやレースで使ってみたタイヤは、
Kenda Karma 2.2
Shwalbe Racing Rarph 2.2
Notube Crow 2.0
Shwalbe Rocketron 2.2
Notube Raven 2.1
Hutchinson Python 2.1
Maxxis Ignitor 2.1
Nokian GAZZA EXTREAM 294

最後のスパイクタイヤも合わせると、いつのまにか8種類にもなってしまった。
f0114954_23433019.jpg

普段いちばんよく使ったのは、Karma。レースで使う勝負タイヤとしているのはRocketron。しまった路面状況では、漕ぎがとても軽く、私をDoDideエリートに導いてくれたのがCrowである。

ライダーのライディングスタイルとか、好みとか、もちろん路面状況との相性というものもあるだろうから、それぞれのタイヤの性能というのは単純に比較しにくい。雑誌とかのインプレ記事を読んでも、褒めちぎるでもなく、けなすでもなく。広告スポンサーである各メーカーへの配慮があるだろうから、読者からすると、奥歯にものの挟まったようなレポートに感じる。それも仕方ないこととは言えるが、どうもタイヤの性能・性格あるいは用途に関する情報が異様に少ないと感じるのは自分だけだろうか?どこを覗いても、ロードバイクのインプレのオンパレードである。

29インチタイヤとなると、さらに情報が少なく、まるで手探り状態なのが2012年の現状ではないだろうか?

愚痴を言ってもはじまらないので、自分で試して調べるしかない。というのが、2年で8本も29タイヤを試した言い訳である(笑)




by aero_boy | 2012-01-09 23:43 | ホイール/タイヤ

IGNITOR チューブレス化

Notube CRESTリムの上に専用のリムテープまいたホイールにMAXXIS IGNITOR 29x2.1をさっそくチューブレス化チャレンジしてみた。はめるのにちょっと苦労して、タイヤレバーを使ったが、はめるのに苦労するということは、リムとタイヤの密着性がいいということで、ビートをあげるのは何の苦労もなく一発成功。
f0114954_0204970.jpg

Tubeless Ready ともなんともかかれてないのだが、シーラントいれてもぜんぜん漏れてこない。ゴムもRocketronほどのペラペラ感はない。サイドブロックの回りこみ方も程よい感じで、乗ってみる前の印象としてはけっこういいですね。
f0114954_0234862.jpg

サイドブロックって、ある意味、命を預ける部分だから、これぐらいがっちりしたブロックが並んでいると、心強い。
by aero_boy | 2011-12-24 00:23 | ホイール/タイヤ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy