を撮ろうとおもったら,小雪がちらついてました.
f0114954_1242732.jpg

f0114954_125172.jpg

f0114954_125178.jpg

しばらくは,ブロックタイヤか,スパイクタイヤかで悩む季節到来(笑)
by aero_boy | 2016-11-04 12:07 | 日常/ポタリング

ふぉれすと鉱山で焚き火

をしてきました.正確に言うと,翌日の紅葉狩りライドの前夜祭です.
f0114954_19295681.jpg


天気が雨でした.ザーザーと降ったわけではなく,パラパラ程度でしたが,焚き火したり,BBQしたりは無理かなと思っていましたが,ふぉれすと鉱山のBBQサイトは屋根付きの囲炉裏みたいなのがあります.

f0114954_19333168.jpg


薪は持参しなくても,ふぉれすと鉱山に山積みされているます.さすがに雨が降っていたら薪は湿気ていましたが,薪置き場にも屋根があるのでなんとか火を付けました.

f0114954_19335376.jpg


着火剤やガスバーナーがあれば,楽に火が付くのは分かります.
が,そこは妙にこだわって,新聞紙とライターで付けてみました.マッチがあればもっと良かったかもしれませんね.

薪に火をつけるコツは,つけ始めは細い薪からつけていき,だんだん大きいのに火を移していきます.それから,薪と薪の間隔が適度な状態になっていることも重要です.間隔が狭すぎると燃焼に十分な空気が通りません.逆に薪の間隔が広すぎると,燃焼部分の温度が上昇しないみたいで,いつまでたっても燃え上がって来ません.

f0114954_19391280.jpg


一生懸命,口で息を吹きかけて火をおこしました.
数年前のノーベル化学賞受賞者が,こどものころ薪を燃やしながら化学へのあこがれを抱いたとおっしゃっていましたが,着火剤でボン!とつけたら,その後の研究は無かったかもしれませんね.
by aero_boy | 2016-10-26 19:42 | 日常/ポタリング

鉱山グリーンレース2015

日曜日、KOZAN GREEN RACE のサポートライダーやってきました。アットホームな感じのトレイルランニングのれーすです。
f0114954_1253928.jpg

ここ数年サポートライダーをつづけていますが、もう第9回目になるんですね。来年は記念すべき第10回です。

土曜日にふぉれすと鉱山入りして、雨のなか入念に下見をいたしました。
f0114954_12555659.jpg

びしょびしょに濡れて、最悪のライドなのに、おっさんたちのこの笑顔。さすがです。頭のなかは前夜祭のことでいっぱいかな(笑)

非常に残念なことに、わたし自身は別用があり、前夜祭DNSでした。来年こそは体調をととのえ参戦したい、前夜祭に(笑)

コースレイアウト、プロファイルはこんな感じでした。
f0114954_12584436.png

鉱山町の林道を利用して1周ちょうど10キロメートルのコースを使います。

レースとは銘打っていますが、暖かい雰囲気が人気のようで、毎年順調に参加人数が増加して、ことしは180人越えのエントリーだったそうです。
f0114954_132406.jpg

レース当日は、前日の雨と打って変わって快晴でした。9年間いちども雨のレースが無いそうです。気温も暑くもなく寒くもなく、この辺が人気の秘密の一端かもしれませんね。

この面々で、レースを先導、伴走および後走してサポートします。
f0114954_1354522.jpg

山の奥の方では携帯電話も通じません。チェックポイント間もだいぶはなれているので、免許なしの無線ではなかなか連絡が取りにくい事情もあって、マウンテンバイクによるサポートが欠かせないことになっています。

サポートライダーは水と簡易的な救急セットも携帯していて、実際この日も転倒したランナーの応急処置(転倒による擦り傷でしたが)で完走を支えました。

ランナーはまったり走るかというと、トップランナーはかなりレベル高く(素人ですがそう感じる)
f0114954_13104753.jpg

斜度がきつい部分の登りでは、マウンテンバイクの方も必死の先導です。
ま、下りはMTBの方が劇的に速いので、楽ちんですが(笑)
f0114954_13124917.jpg

標高差300メートル近くある10キロのコースを2周と最後尾の追走にまわって、プラス1周を、レースバイクでなくフルサスバイクで走ったので、だいぶ練習になったようです。

フルスクリーン表示



この日はおまけのIトレイル ライドまで行って、充実の一日でした。
f0114954_131608.jpg

by aero_boy | 2015-09-28 13:16 | トレイル/山サイ
よく林道をMTBで走るのですが、クマが居ると分かっている林道なのにクマ鈴を付けずに歩いている人によく出会う。というか、ほとんどの人がクマ鈴をつけていない。

ヒグマに食われたくなかったらクマ鈴を携帯した方がいいですよ(笑)

で、MTBにつけるクマ鈴ですが、よくホームセンターで売っているような、カラビナで引っ掛けるタイプのものは、たしかに音もでかくていいんですが、ぶらぶらするので、フレームなんかに傷がつきやすいんですよね。
f0114954_20243456.jpg


わたしが、愛用しているのはベルクロでシートポストやハンドルに固定できるこういうタイプのやつです。

by aero_boy | 2015-09-14 20:22 | トレイル/山サイ

台風後の鷲別川は

やはり、いつもの穏やかな雰囲気とはちがい、勢い良く流れていました。
f0114954_2233335.jpg

マウンテンバイクで沢渡りをすると、大変そうに見えますが、実は自転車なしでわたるよりずっと楽です。なぜかというと、まず自転車を進めて、それを杖代わりにして脚を運べるからです。

右足と左足の2点だけではなく、前輪と後輪の合計4点で身体を支えながらバランスを保てるのですから、楽なのは当たり前ですね。

f0114954_22363867.jpg

赤線のトラックログ表示で、左下の橋が写真の沢渡りポイントです。鷲別林道が終わり登山道(水元沢コース)への入口です。

この日は鷲別川の源流を目指してみましたが、流れが思いの外激しく、時間切れということもあり、もう少しのところで(上のトラックログ、右上地点)断念してしまいました。
f0114954_22451392.jpg

しかし、国土地理院の地図上にトラックログを表示してみて初めて気がついたのですが、登山道は右の支流側についているのですね。室蘭市と登別市の境界になっている本流と思われる左側は、地図上では一番奥までつづいているのですが、実際は右支流より水量は少なく、みちもついていないように見えます。

短い支流の方が水量が多いという、不思議を発見してしまいました。
by aero_boy | 2015-09-13 22:45 | トレイル/山サイ

2日は裏山林道

f0114954_22143331.jpg

こういうのが、綺麗だなと思う歳になっちまったみたいだ。

このへんの景色を眺めるたびに、父方の祖父を思い出す。祖父はたいして金持ちでもないのに庭が趣味だった。池まで造って、そこにある石に苔を生やそうと、かなり努力していた。適度な湿気と気温の条件がそろわないと、ぬるぬるの苔が増えるばかりで、気持ちのいい感じの苔が生えてこない。

ところが、今私が住んでいるところから15分ほどのこの場所には、昔祖父が望んでいたであろう苔がこれでもかというぐらい綺麗に生えている。そんな苔むした岩をみたらさぞかし祖父はよろこんだろうに。

上の写真はその上に雪がかぶったところ。高知で庭を趣味にしていた祖父がこれを見たら狂喜したにちがいない。いまのわたしにとっては見慣れた風景なのだが。

欲望というものは、いまの自分にないものを、ただねだっているだけなのかもしれない。今自分の置かれている環境の素晴らしさには、意外と気づきにくいものなのだ。

真冬の北海道に住むいまの私にとって、あのぽかぽかした土佐の小春日和がとてもうらやましい。
by aero_boy | 2014-01-03 22:16 | トレイル/山サイ

最高の青空

この数週間、週末に快晴が巡ってきて幸せ。
f0114954_23102314.jpg

レースシーズン中は、雨、台風、泥に苦しめられたから、週末に青空見えただけで、なんか嬉しい。
by aero_boy | 2013-11-24 13:05 | 日常/ポタリング

Facebookでライド企画

実行してみた。いつも行くK山町に、13名が参加して、なかなかの盛り上がり。

ブログでは、ゆっくり自分で考えたことを開陳できるので、それで満足していた。1年分の活動+思考の一端を年末に製本サービスを使って本にまとめるのも気に入っている。自分中心の日記が世界に繋がっているという感じ。過去も振り返りやすい構造になっている。

Twitterは、呟いたことがどんどん流れていく感じで、それなりに面白いが、あとに何も残らない印象。

Facebookでは、主に友達申請+承認した者同士のタイムラインが表示されるが、ブログほど世界中に開かれているわけではない。かといって許可されたものだけが閲覧できるとうほど閉ざされているわけでもない。面白いのは写真で人物にタグ付けしたりするコミニュケーションツール的機能がてんこ盛りなところ。

それで、思いつきでFacebook機能のイベント企画というのを初めて使ってみた。60名ほどを招待してみた。相手側には、招待メールなどが自動的にとどくらしい。結果的に10名が参加表明して、口コミをふくめて最後は13人に。


土曜日開始にしたため、土曜仕事で1日目は参加者少なめ。
f0114954_12181187.jpg

3連休だったから、日月の2日で企画してもよかったが、自分の仕事が月曜に入っていたので、こうなってしまった。

幸い土曜の天気は最高で、もみじ狩りライドを堪能できた。
f0114954_1228214.jpg

f0114954_12285123.jpg

K山町は買い出しに街までクルマで出なければならないのが難点だが、だからこそMTBerにはいい環境が残っているとも言える。
早めにライドを切り上げ、BBQの準備済ませてから街の生協まで買い出しに。たっぷり食料買い込んで戻ってみるとすでに夜の部開始していた。
f0114954_12341747.jpg

明かりなしで、ちょっと不便したが、キャンプファイヤーするにはあれぐらいがちょうどいいかもしれない。
by aero_boy | 2013-11-06 12:36 | トレイル/山サイ

50年が一瞬にして

ぶった切られてしまったの図。
f0114954_151288.jpg

(D600+AF-S Micro 60mm f/2.8)
先日の暴風雪で倒れ、道を塞いでいた樹である。
年輪をざっと数えてみると、50以上はありそうなので、この樹は半世紀以上にわたってここで風雪に耐えてきたわけだ。まあ、この樹種なら50年ぐらいで寿命ということかもしれないが。

りっぱな樹だ。50年以上も太陽エネルギーを溜め込んだ樹なんだから、なにかに使えないかな。

この樹の近くにある標識。
f0114954_155276.jpg

(D600+AF-S Micro 60mm f/2.8)
クルマや人が通行中でなくてよかった。
四国に居た頃には、しょっちゅう台風に直撃されて、トタン板とか空を飛んでるのはみたことあるが、こんな大木が風で倒されたのを見たことがない。こういう針葉樹というのは、あまり根が広い範囲に広がっていないのかな。
by aero_boy | 2012-12-08 15:05 | 日常/ポタリング

久しぶりの好天週末

バスケットボールを新調したら、バイクなんかには見向きもしない
f0114954_13312971.jpg

(D600+AF 24mm f/2.8)

小学生とバスケのボール奪い合い。動きが速くてついていけない。バイクローラー台で鍛えてる筋肉とは全然違うところを使うみたいで、きつい。

中学生になんか、当然相手にしてもらえず(笑)

今年(2012)の秋は、紅葉が綺麗だったが、そろそろ終わりですね。
by aero_boy | 2012-11-12 13:36 | 日常/ポタリング

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy