タグ:雑感 ( 120 ) タグの人気記事

壮行試合

でした。3月末に全道選抜大会があるそうです。地区大会の決勝進出チームを中心に選抜チームがつくられている。弱小チームからぽつんと参加しているせいか、なかなか戦術になじめない感じの動きでした。
f0114954_20412263.jpg

しかし、まあ元気溌剌に動いていたので、よしとしよう。

2年生選抜チームとの壮行試合だったのですが、わが1年生チームが勝っちゃいました。
by aero_boy | 2015-03-08 20:43 | 日常/ポタリング
2014秋の富士見XCレースに参戦するにあたり、地元のペンションんに泊まってみた。地元と言っても富士見町ではなく、すぐとなりの原村のペンションだった。
周りの雰囲気はこんな感じ
f0114954_8324777.jpg

(Wikipediaより)
レースのことしかあたまになく、こんな素敵な景色を楽しむ余裕は全然なかった。
ペンション自体は古くて狭く、まあ安いからいいかというレベルだが、印象自体は悪くなかった。理由は、われわれの相手をしてくれたおじいさん(多分70台)がボケてない感じ(笑)

医療や福祉に頼りっきりで、自己の利益ばかり考えている感じの年寄りが多いなかで、こちらのしゃべる内容にも当意即妙に会話ができる。思考停止している感じがまったくなかった。

どうして、ボケてないのかなとちょっと疑問だったが、偶然こんな記事を発見した。
少子化の時代に人口が増え続ける村の秘密
村全体が思考停止していないという事でしょうね。

夜遅い到着だったが熱い風呂を用意して待っていてくれた。若武者たちはちがごろの若者らしく「狭いからいや」と入らなかった(わたしは利用させていただいた)。フェリーで既にはいったからとごまかしておいたが、ちょっと失礼をしてしまったかもしれない。

ああいう感じのジジイになりたいものだと、ちょっと感じた。
by aero_boy | 2014-10-18 08:47 | 日常/ポタリング

最近のお仕事

昨日9/14のけいざいナビ北海道で、わたしの開発する空飛ぶDebianが紹介されたらしいのだが、だれか見た人いるのだろうか。わたしはそのころルスツのバンクを疾走していたので。。。

第一、テレビ無いし(笑)

中華CNCを8諭吉ほどで導入してみた。
新品のはずなのに、傷とか入りまくっているが、まあ動作は許容範囲か。
使い慣れた Tgifで2Dデータを作って(svg)、PyCAMというソフトでCNCの軌道データを自動生成すれば、LinuxCNCでそれを実行できる。Debian GNU/Linuxですべてすっきり完結できて幸せ(笑)

やっぱり、何事にもハートが必要というこうことで、いつも丸い穴を開けるところに、ハート型で穴を開けてみた。
by aero_boy | 2014-09-15 11:02 | 日常/ポタリング

SLm vol.6に

自分が登場しちゃってる件
f0114954_7712.jpg

今年の朽木J1のエリートスタートを撮影中の風景。
なんか、びみょうーに嬉しい。
by aero_boy | 2014-06-28 07:09 | レースを楽しむ

もっと踊ろう!

気がついたら、次のレース雫石に出発しなければならないというのに、先週の手稲の反省。
f0114954_10241719.jpg

Ishiiさん、写真ありがというございます。いつもいつも。

ここ数年のことだが、シーズン前半は体幹がへろへろみたいで、体力が残っていてもレース中盤で大失速してしまう。まあ練習不足なのだが、もっとダンシングを入れるとリフレッシュ出来ることを失念していた。

もっと踊らなきゃね(笑)
by aero_boy | 2014-06-12 10:27 | レースを楽しむ

武器購入

笹とのたたかいに備え、新兵器。
f0114954_22565517.jpg

サボテンというメーカーの枝切りハサミ。2枚の刃のハサミ具合を調節でき、替刃もあるというスグレモノ。なかなか切れ味よかったです。
これらを携え、集団的笹刈を行使。
f0114954_22594345.jpg

廃れていた山道を100Mほど開通。強烈な、体幹および腕のトレーニングでした。
f0114954_231171.jpg

by aero_boy | 2014-06-01 23:01 | トレイル/山サイ

朝から晩まで

バスケ三昧
f0114954_2123713.jpg

控えメンバーなしだから、ひたすら走りつづける。
これぐらい、やんなきゃね(^^)
by aero_boy | 2014-05-17 21:24 | 日常/ポタリング

初勝利の涙

中1になって、バスケ部に入部。なんとそのバスケ部、少子化の影響か部員が2名(3年生)。そこへ1年生が3名入ってやっと試合に出れる5名そろった。
f0114954_2341211.jpg

久しぶりに自前のチームで公式戦に出ることができるということで、入学してから休日も返上しての練習が続いていた。今日がその公式戦。おそらく1年ぶり。5人のうち1年が3人ということで、不安がいっぱい。かと思いきや、少数精鋭とはこのことか。
f0114954_23455254.jpg

下手糞なりに、のびのびプレーできていて、見ていて楽しかった。
幸い、相手も強豪チームというわけでもなく、逆転の結果、僅差で勝利。
子供たちは笑顔ではしゃいでいたが、顧問の先生が、ここまでの苦労の記憶が蘇ったのか、感涙を流していた。

得意のドリブル。
f0114954_23501220.jpg

でもこのあと、事件発生。
f0114954_23531081.jpg

ボール2個???

写真撮っていて、何が起こったのかさっぱり分からなかったが、隣の試合コートからボールが転がり込んでしまったらしい。
いや〜、シュート決まってたかもしれないのに。。。(ということにしとこう)
by aero_boy | 2014-04-26 23:54 | 日常/ポタリング
桜島では、いろいろお土産の買い物をしたりしてのんびり。
最南端アタックまでの日程は、結構な強行軍だったので、その反動か、気分もゆったり次の目的地の島原に向かう。フェリーで島原に渡るのに、時間も調べずテキトーに熊本港に到着。切符売り場にいってみると、10分後に最終便が出るらしい。のんびりした顔で「あの最終便にはまだ乗れるんですか?」と一応聞いてみると、「は!乗るんですか?」と大慌てで切符売ってくれた。どうも乗れるらしい(^^;

ということで、大急ぎで誘導の人に説明をうけると「橋があったら右に曲がれ!」ということらしい。
で、船も見えていたので、橋を通りすぎて右に曲がると「げ!路がない」海まで4〜5メートル手前で急ブレーキ(汗)あわてて誘導のおじさんが走ってきた。どうも橋の手前で曲がらなければならなかったらしい。フェリーが2隻止まってるんだよね。紛らわしいな〜。

それでも2分前に乗船完了。内心は焦りまくりだったが、表面上はゆったりと。焦り過ぎるとほんとに事故るのが怖いからね〜。

島原半島を一周。ここもなかなか気持ちよかったですが、小浜温泉からの登り区間で路側帯が激狭く、ちょっと怖い思いをした。

ぴったり100キロライドしたあと、諫早湾を観光する。
f0114954_2391089.jpg

堰の上をクルマで走れるようになっている。右側が湾外で左側が湾内。
干拓事業の必要性を説明する看板が。
f0114954_2313254.jpg

干拓農地で農業やってる側から見れば、開門なんてとんでもない。が、右側の外の漁民にしてみたら、魚が取れねーってことになるらしい。
by aero_boy | 2014-04-24 23:16 | 日常/ポタリング
を突いて来ましたよ。
f0114954_19465425.jpg
「平和、平和って、念仏みたいに唱えるだけで、本当に平和になるのか?」という批判的な意見を最近よくみる。もちろん念仏「だけ」で平和がキープできるとは思わない。最近のクリミア半島とか見てると、本当に難しいなと感じる。

元寇のことを勉強しなおしてみると、海を隔てた島国でほんとうにラッキーだなと思う。ほとんどの国(民族)は地続きで、自分たち以外の他国(他民族と)接しているわけだから。まあ、現代では大陸間弾道弾も原子力潜水艦もある。それでも海という緩衝帯があるというのは、地続きとはだいぶ違う。ある意味特殊な状況とも言えまいか。「普通の国になる」などといきり立たなくてもいいように思う。島国だとか憲法九条だとか、特殊性を逆利用すればいいんじゃないかな。

広島・長崎の原爆記念館なんかもそうだが、それを復讐の橋頭堡にするのではなくて、平和のための記念碑として風化させない。
これは、屈折しているようにも見えるが、知恵だとおもうな。

「世界で一番好かれている日本人」なんてタイトルの本が最近売れてるらしい。平和を保つには「あの国とことを構えるのはやめとくか」と思ってもらうのが一番いいのだから、喜ばしいことだと思う。隣国からちょっかい出されて(尖閣とか)ストレートに軍事力で対抗する姿を世界は期待しているのだろうか?世界屈指の装備と能力を持ちながら、九条があるからやり返せない、という自縄自縛みたいな状態ですったもんだしている姿を世界中が見てるとおもう。普通の国から見たらへんてこな姿でしょうね。

でも、この鐘を突きながらおもったことは、それでいいんじゃなかろうか?ということ。無理に普通ぶるよりも、いまは「平和、平和」と念仏を唱えておこう。




いつも人に「ものごとは、いろいろな方向から眺めて、考えなきゃならん」と説教ぶつのが仕事。
ちょっと、実践してみた。
f0114954_20384107.jpg
鐘の音は、鐘の中で聞いたらどう聞こえるんだろう? 
ものすごい大音響?
って、ことはありませんでした。
普通に外側から聞くのと同じでしたね。
音の大きさというのは、振動の振幅なわけだから、中と外でそんなに大きく違うわけはなく、
考えてみれば当たり前かも。



by aero_boy | 2014-04-17 20:44 | 日常/ポタリング

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy