タグ:雑感 ( 120 ) タグの人気記事

戦いの現場

ツール・ド・フランス2013第10ステージのゴールスプリント



キッテルが第10ステージを制する

発射台の選手が後ろを確認してから、右に流れて彼の進路にかぶさった形。さらにその右から追い抜きざまの体当たりは明白。おたがい勝負を掛けてのやり合い。やるんならやり返されるのを覚悟しとかないと、命がいくつあっても足りない感じですね。

落車ですごい音がしているだろうに、キッテルはまったく気にもかけず、予定通りスプリントして勝利するところにも、凄みを感じる。

審判もこれぐらいは全く問題ないと判断しているので、日常茶飯事なのでしょう。

これがルール内の正当な行為というならば、彼に体当りして路面に叩きつける選手が続出してきそうだ。キッテルなんて彼よりずっと体格いいもんね。

すくなくとも、私は山を走るほうがいいな(笑)

これはすごい報復ですね。
カヴェンディッシュ、尿をかけられる。
俄然、ロードースを見たくなってきた。久しぶりに。
by aero_boy | 2013-07-10 23:15 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
忘れそうなので、会話風味でエリートのレース展開を。

おやじ「レース展開どうだったの?」

あ◯ら「勝ったよ」

お「アホ、それは知っとる。ちゃんと日本語しゃべれ」

f0114954_15594093.jpg



あ「スタートから、みんな前に出ようとしないんだよ。それで仕方なく最初は先頭だった」

お「ふーん、それじゃペース落ちまくって、みんなにおいつかれるだろ?」

あ「そこまで落とさんかったけど」

f0114954_1612247.jpg


お「ル◯スが先頭で、あ◯らが食らいつく展開だったんじゃないの? ずっと後ろだったのか?

あ「そうでもないよ。下りでは前に出てル◯スをちぎろうとしたけど、ル◯スの下りも速くて、ぴったりくっつかれた」

お「ふーん、で登りではその逆だっわけか」

あ「まあ、ときどき前に出たり抜き返されたりしたかな」

f0114954_1613363.jpg


お「ふ◯やどこまでいっしょだったの?

あ「3週目ぐらいかな。登りでメカトラっぽかったよ」

お「最後のシングルは前で入ったのか?」

あ「いや、そうしたかったから頑張ったけど、そこまで脚がなかった。登りはル◯スの方が強かった」

f0114954_1631366.jpg


お「じゃ、どこで抜いた?」

あ「砂利の登りでは、いっぱいいっぱいだったけど、林の中では余裕があった。それで、あの新しいダブルトラックのところで思いっきり右から行った。合流のところでハンドルガチガチにぶつかったけど、前に行けた」

あ「あとは、後ろ見る余裕もなく逃げまくった」
f0114954_165976.jpg

(bandaniさんいつも写真有難うごあいます)

とまあ、正確かどうかわからないが、こんな感じだったらしい。あ〜、見たかったな。

ハンドルガチガチ勝負には伏線がある。5月の八幡浜では、かなり後ろからスタート。林の中のつづら折れシングルトラックで前の選手をかわそうとして、押し返され、谷に落ちるという経験をしている。前の取り合いになった時、ほんの一瞬の気後れで天と地ほどの結果の違いが出る。それを痛い思いをして経験してきたことが、ここで生きてきたのかもしれない。

あの、シングルトラックの新設されたダブルルートがさっそくドラマを生んだわけだ。

ル◯スにはいい経験になったことだろう。
つぎの勝負が楽しみ。

5年前はまだ、こんなだったのにな〜。

by aero_boy | 2013-06-25 23:32 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

秀策記念館#2

神社からちょっと奥に行ったところが、秀策記念館。
f0114954_12524795.jpg

ヒカルの碁で登場したせいか、来館者も相当あったのだろう。想像に反して新築だった。碁なんて言う、社会全体から見ればマイナーな存在の割には立派な記念館でした。MTBよりはメジャーか。とにかくヒカルの碁に登場した雰囲気とはだいぶ違って垢抜けた雰囲気。
f0114954_12555335.jpg

幽玄の間もしっかりレプリカがあって、記念撮影可能。どろどろのウェアだったら上がれないところだった。
裏には、秀策(虎次郎)生家まで復元されていて、そこでは碁を打つことも出来る。
f0114954_1258020.jpg

この日はこのあと因島を一周するよていだったので、石を4〜5子おいて雰囲気を味わっただけ。

しかし、全体的に立派な記念館でした。
by aero_boy | 2013-04-17 12:59 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

42度

サイクルスポーツセンターには、ちょっとしたミュージアムもあって、800円もはらったので、覗いてみた。
f0114954_2210224.jpg

4人乗り自転車とか展示してあって、面白かったが、一番印象残ったのが、このバンクの断面。
真横から見たら42度ってかなりきつい。スキーで30度越したら、壁に見えるから、42度って立つことは不可能だろう。相当スピードだして遠心力働かないと、ズリ落ちそう。
by aero_boy | 2013-04-11 22:12 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

節電の切り札

を製作中。
311の2年目を迎えた。新聞には「北海道はなんとか節電の冬を乗り越えた」って記事が踊ってるが、ほとんど毎日、泊原発なしで「電力安定供給」だった。

通産省は愛知沖で砂まみれのメタンハイドレートからガスを取り出して喜んでるみたいだけど、日本海側には大量に砂まみれでないのが眠っているので、エネルギー供給の将来についてはそんなに心配してないけど、自分で発電できれば文句なかろう。
f0114954_11574926.jpg

ということで、16インチのリムにパワータップのハブでホイール手組。
f0114954_11585876.jpg

発電となにの関係があるかって? お楽しみに。成功するかどうかわかんないけど。

しかし、小径ホイールの手組は、難しい。普通に6本取りクロスで組もうとしたら、小径ゆえにリムとスポークの角度がきつくなって、ニップルが回りにくいこと、この上ない。
f0114954_1211998.jpg

これは変更が必要ですね。
by aero_boy | 2013-03-11 12:02 | ホイール/タイヤ | Trackback | Comments(0)

試しに11-28Tを

レオナルド40Tとむりやり組み合わせてみた。
f0114954_22272629.jpg

レオナルドの方は34-40Tなので、11-32Tだと32-->34Tの部分がちょっと冗長に感じる。
って、11-32のカセットの手持ちがないし(汗)

ALTさんが研究しているみたいなので、専用スペーサーが出てからカセットも別途購入かなとおもっていたが、ふと見ると、ロードバイクにシマノ11-28Tがついてる。冬はロード乗らないし(夏もかも)試してみた。

転がっていた4.4mmスペーサーを挟んで、つけてみると、28-->34Tの間が随分開いてる。
シフト性能が、いまいちどころか、シフトするのかどうかも不安だったが、結果的にはシフトOK。

ただし、4.4mmスペーサーだと厚すぎるみたいで、シフトレバー2度押ししないとシフトしない。まあ、使えないこともないかなというレベルでした。

ちなみに、シフターはシマノのXT10S用でそのまま試してみた。
たしかにスペーサーがキモみたいですね。でも何とかなりそうな感触でよかった。


話は変わるが、今日久しぶりに近所のバイクショップにパーツ買いに行った。コーヒーまでいただいて、自転車話しに花を咲かせていたら、70歳ぐらいの爺さんが、息子夫婦とロードバイクを見に来た。30諭吉ぐらいのフルカーボンなやつが欲しいらしい。いや、爺さんの方ですよ。多分息子はもうすでに乗ってるのだろう。話を聞いていると、クロスバイクでだいぶ走りこんでるらしい。

乗り降りもおぼつかない感じだったので、ちょっと心配だが、慣れればなんとかなるのかも。
流行ってるんですね〜、スポーツバイク。
酒とタバコにつぎ込まれるよりは、眺めるだけでもスポーツバイクにつぎ込まれる方が、諭吉さんもうかばれるとうものかもしれんな。
by aero_boy | 2013-03-03 22:36 | ドライブトレイン | Trackback | Comments(0)
いや〜、日本じゃなくてよかった。
f0114954_19312532.jpg

(RX-100)
面積の比率からすると、ロシアに落ちるほうが日本に落ちるよりも、相当高い確率でしょうからねぇ。ちっちゃい国土でよかった。
by aero_boy | 2013-02-15 19:33 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

あんまりいい陽気なので

つい回り道して、いつもの牧場の前を通ってみた。お馬さんもだいぶ出てきて春近しって感じになってきましたね。
f0114954_10465271.jpg

冬と春を分ける節分も近いということで、なんで節分に豆をまくんだろうとWebで調べていたら、「鬼は外、福は内」という掛け声だけでなく、「福は内、鬼も内」という掛け声で豆まきする風習の場所もあるみたいで、ちょっと驚き。

山伏が豆まき準備に忙しいとういニュースを聞いて、妄想してみた。

山伏というのは天狗の末裔みたいなものだろうから、豆まきも外来系の(古代ユダヤ系?)風習であろう。それが、これまた外来系であろ鬼を豆で攻撃するというのだから、豆まきという風習は、外来系同士の静かな戦いを日本列島に持ち込んだ名残が2000年来つづいてきたものかもしれない。

豆まきが倭人にも流行って、聖徳太子的な「和をもって貴しとなす」精神の倭人が「鬼もたまには内にいれても(仲良くしても)よかろう」という発想になっても不思議はない。

豆(大豆)は、私の好物なので、外に撒くなんてもったいないからしないが(笑)、今年はめでたく歳男なので、そういう2千年の経緯を妄想しながら、節分豆を食べることにしよう。
by aero_boy | 2013-01-23 11:01 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

謹賀新年 2013

おっと、ぼんやりしていたら、年が明けてしまった(汗)
一応2012を振り返ってみると、
1月 タイヤブロックパターンに凝ってみる。
2月 初めてK山町でXCスキー
3月 四国合宿でしまなみ海道、脱藩の道
4月 650B/27.5 ホイール導入
5月 79er化とリアキャリア導入
6月 Air9のEBB位置を79erに最適化
7月 トトロ峠、初DHイベント参加
8月 ハンドル位置上げて天狗XC快調
9月 富士見XC エキパ13位、インターバル練習導入
10月 D600導入で一気にカメラ祭り。Titus 29er フルサスバイク
11月 パワートレーニング三昧
12月 仕事多忙+ファットフロント

と、こうしてリストにしてみると、いろいろ新しいことに手を出した一年だったみたい。
2013はそれぞれをちょっと深化(進化)させる年にしたい。
by aero_boy | 2013-01-01 00:40 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

石垣が新鮮

仕事が早めに終わって、中途半端に時間が余ったので、いそぎ名古屋城観光にでかけた。10年ぶりかな。
f0114954_15582857.jpg

が、入場時間終了直後に到着で門前払い、残念。しかし北海道からでかけて久しぶりに立派な石垣をみると、とても新鮮に感じる。
f0114954_1602144.jpg

修学旅行なんかで見た時には「手作業でここまで石垣を造るのは大変なこと」などと社会科の先生が言っていたきもするが、そのころにはあまり感動した記憶がない。が、こうして時を経てあらためて見てみると、その時の先生の解説した気持ちがわかる。
f0114954_1665794.jpg

f0114954_16796.jpg

by aero_boy | 2012-12-15 16:05 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy