またまた、NGCの素敵な写真。
こーんな、爽快な天気の中、ようてい山に向かって
f0114954_21165544.jpg

(ねこスピードさんありがとうございます)

ぜんぜんDHっぽくない絵。
f0114954_21183560.jpg

ターンの外足荷重を一生懸命やっている。つもり(汗)この写真はスタートして直後ぐらいで、コース後半では、もう少しマシに出来てたと自分では思うんですけども、まだまだな感じですね。

純クロカンバイク、Air9 Carbonに27.5 Nevegal タイヤを履いてグラビティー。もう、掟やぶりの2乗ですな(笑)

よし、明日は、どろどろでも、意地で外足荷重してやるぞ。
by aero_boy | 2012-08-04 21:24 | レースを楽しむ

風車は遠い

珍しく4時起き。北海道の夏至前後のこの時期は、一日が長い。朝4時でも明るく、夜は8時前まで外で活動できる。あまりにもいい天気なので、士幌での、どろどろレースの憂さを晴らすがごとく朝練に出かけた。目指すは、以前も到達失敗した、伊達黄金の風車。今度は違う道に入ってみたが、今度は行き止まり。
f0114954_1065563.jpg

分かれ道がいろいろあるようで、この辺もなかなか探検しがいがありそう。
by aero_boy | 2012-06-28 10:09 | 日常/ポタリング

去年あれほど

泥レースはDNSしようと誓ったのに、そのことを思い出したのは、レースが終わった後。レース前には、「前輪Ravenでどれだけグリップするかな?」とか、「寒いから、ウォーミングアップに行くの遅らそうかな?」とかばかり考えて、DNSのDの字も頭に無かった。イカレテール星人の仲間入りかな(ダイさんぱくらせていただきました(笑)
f0114954_1534376.jpg

(bandaniくん写真ありがとう)
掟やぶりの79er Air9を士幌でレース初投入。下りも比較的イージーということで、サスナシのフルリジッド。なおかつ、長い激登りもないので、フロントチェーンリング1枚の 1(32T) X 10(12-36) のドライブトレインでした。士幌は、一部に急な登りがあるものの、短いので、私の脚でもこれで十分でした。
激坂部分を、降車して押し登ったのは、脚が売りきれた最終6周めだけ。

f0114954_15424097.jpg

タイヤは、前がRaven(1.5bar)、後ろRacing Ralph(1.5bar)でした。多少ぬかるんでも、士幌のコースは、ひどいぬたぬたにはなるまいという予想(他の選手もそう言っていた人が多かった)が、まったくはずれて、下り後半と林の中のシングルトラックは完全なぬたぬた泥でした。あそこまでひどいと、前輪Ravenでは歯が立たず、5周め最後のシングルトラックで落車。あとから思うと、あの時点で体力も気力も終了状態だった。転がりの軽さの甘い誘惑に負けて、マッドでもRavenを使ってしまうという過ちを、またしても犯してしまった(涙)こんどからは素直にRocket Ronにしよう。わたしの今の能力では、Ravenは完全なドライの時だけ。

リアのRacingRalphは問題なくグリップしていたと感じる。あれぐらい柔らかい泥だと、泥詰まりもあまりしなかったか、79erにした効果か、コギの重さはあまり感じなかった。タイヤ幅も2.25と太いですしね。

レース展開としては、下り慎重に走って、林道だらだら登りで全力疾走という、8.5kgの軽量79erの特長を利用した、予想通りのもの。砂利道登りで、一度招待選手のKAZU選手にラップされたけど、抜かれた瞬間「あれぐらいのスピードなら、登だけならついていけるかな?」と感じたほど、今回は登りだけは快調にスピードが出た。まあ、若手じゃないのでKAZUにはついていきませんでしたけどね。たぶん流してたんだと思う(笑)

Takashiさん、Yakitoriさん他に下りで抜かれて、登りで抜き返すという展開でした。しかしそれも5周目までで、6周めでは「いつラップしてくれるんだよ〜」しか頭に無かった(笑)
f0114954_1631152.jpg

まあ、それでも5/6は気持ちよく走れたので,自分に80点をあげよう。
by aero_boy | 2012-06-19 16:04 | レースを楽しむ

風車あさねり

2012DoRide XCレース#2 士幌にむけ、2年ぶりぐらいにフォークをカーボンリジッドに交換してみた。FDなしの1×10なこともあって、軽量8.5kgのフルリジッド79erが完成。
f0114954_7551736.jpg

白のNinerリジッドフォーク、いつみてもかっこいい。オレンジのフレームに、白のフォークけっこういいと思うんですけどどうでしょう。

勢いあまって、珍しく朝練に出撃。kon_nao君に触発されて風車まで来てみた。あいにくの濃霧であまり見えなかった。道も微妙に間違えたらしい。

帰りは強い向かい風のなか、霧雨も降ってきてきつかった。朝飯とらずに2時間ライド。お腹まわりのお肉が燃焼しないかな〜などと思いながら、頑張っていたら、1000kcal消費を越えたところで、ふらふらになってしまった。


後輪を27.5インチ(650B)にしてあるので、BB位置を15mmほど上げて以来、なんかサドル低くてこぎにくいなと感じながら乗っていた。「サドルいじってないのに?脚がのびたのかな〜?」

BB上げたんだからサドルも上げなきゃ、低く感じるのは当たり前なことに今日始めて気づいた、超おまぬけ(汗)

いや〜。レース前に気づいてよかった(笑)
by aero_boy | 2012-06-12 07:55

79er 試乗

昨日の写真で、Air9カーボンの変化にもし気づいたひとがいたら、そうとうするどい。

BB位置が低すぎて、ペダルが地面にヒットする頻度が高いのと、やっぱり29インチの走破性が懐かしいとうことで、フロント29インチ、リア27.5(650B)インチの79erを試してみた。
f0114954_12425454.jpg

乗車したときの、前に見える29タイヤの存在感は、「これでどこでも乗り越えられるぞ」という安心感が27.5とくらべてやっぱり大きい。

ちなみに、BB位置もEBBを使って、目一杯上げてある。リアが20mm下がっているので、この状態でほぼ通常のBB高さになる。

ヘッドチューブ位置が高くなるので、スペーサーで目一杯ステム位置を下げて、わたしとしてはちょうどいい感じのポジション。

ヘッド角が小さくなるので、ハンドリングにどれぐらい影響するかが問題ですが,いまのところダルすぎるというほどでもない。もちろん27.5の時とくらべたらクイック感は無いのだが。
そこは妥協して、走破性とリアのトルクを両立させた選択。

リア26インチだと、フロントタイヤとの径のちがいが大きすぎて、ちょっとアンバランスに見えたけど、79erは許容範囲内だとおもいますがどうでしょう?
f0114954_12532941.jpg

by aero_boy | 2012-05-23 12:50 | 29er

Fu's 4時間耐久 2012

MTB XCのワールドカップは、もう4戦目のこの時期に、待ちにまった北海道のMTBレースシーズンもようやく始まった.気温もけっこう上がって、久しぶりに日焼けしました。

昨シーズンの最後、石狩4時間耐久レース以来のMTB仲間にひさびさにお会いできて楽しかった。

もう、新車のオンパレードで、わたしの27.5(650B)ホイールなんか吹き飛んでしまった(笑)そのなかでも、ナ◯キさんのFlash Carbon 29erの軽さが衝撃的。なんと、8キロ台のマウンテンバイク。重さが軽いだけなら以前にサン◯スさんのバイクがあったけど、剛性とか耐久性が微妙に不安な雰囲気が漂っていた。しかし、今回のFlash 29はCannondaleが本気でオリンピックやワールドカップに突っ込んでくるバイクだからその辺は当然無問題なのでしょう。今回の耐久レースでも貫禄の優勝でした。

自分のレースはというと、最初の2時間はウォーミングアップで、という意識が、スターとしてみると周りのクロカンレースな走りに触発されてしまい、意識とは逆に、1時間半で終了みたいな状態でした(笑)
f0114954_1383460.jpg

bandaniくん写真ありがと

でも、逆に言えば、1時間半までは去年の状態と比べてもかなりいい感じに楽しめたので良としよう。

27.5(650B)ホイールで挑んだのですが、結論から言えば今回は29の方が正解だったでしょうね。まあ、それは想像していたのですが、せっかくの初戦なので、27.5ホイールのお披露目だったということで。
f0114954_12294297.jpg


スタート前にBG8の面々などとプチ試乗会だったのですが、27.5ホイールwith 29erフレームはなかなかの人気でした。

ただし、レース本番では予想外の問題勃発。芝生のコーナーでバイクを倒し込んで、立ち上がりにペダリングはじめる瞬間にペダルが地面にぶつかって、だいぶ芝を掘ってしまいました。数回あったのですが、最初の時は、気をつけて無かったので落車、膝をだいぶすりむいてしまった。
f0114954_1230326.jpg

BB位置が20mm下がった効果がこんなところに現れるとはちょっと予想外でした。丸太越えは、チェーンリングぶつけながらもほぼ問題無しにクリアでした。

やっぱりEBBを使ってBB位置をあげなきゃダメみたいですね。

Flash29の軽さにも刺激されて、士幌に向けてAir9 Carbonの改造妄想がむくむくと。。。。
f0114954_12301860.jpg

by aero_boy | 2012-05-21 12:14 | レースを楽しむ

K山町の林道行ってきた

今年は(も?)雪融けおそいので、どうかなと思いつつ、K山町の林道に入ってみた。
f0114954_20284648.jpg

一部、雪融け水でびちゃびちゃだけど、かなり奥まで雪は無い。ここは林道で約10kmの周回がとれるので、今シーズンは頻繁に行くつもり。シングル探せばまだまだ見つかるかも。

27.5インチ on Air9 は林道高速下りでも快調でした。
by aero_boy | 2012-05-02 20:32 | トレイル/山サイ

27.5インチホイール(650B)

2012クロカンワールドカップでいきなり優勝して以来、話題沸騰の27.5インチホイールです。いや、それより以前からか?

試してみたいけど、専用フレームとフォークをゲットしなきゃいけないのか? 「もう29フレーム買って、また27.5フレームでは、家の中がフレームのジャングルです」って方は多いのでは? 家だけか(汗)

んなら29フレームに履かせちゃえということで、えいやっと。
f0114954_23433394.jpg

意外と、普通な感じ。29から比べると、1.5インチつまり、40mmほどタイヤ径が小さくなった。半径でいえば、20mmですね。

またがってみると、かなり地面が近く感じて安定/安心感がすごい。たった20mmなんですけど。ロードを50kmほど走ってみても無問題。これはまあ、当たり前。

ガレガレの林道激登りで、29とくらべてかなりトルク出せるので、調子に乗って踏みまくっていたら、みごとなサイドカットパンクにみまわれてしまった。いや、もしかしたら、チューブレス化がヘボくて、空気減ってるのに、気持ちよく踏み込みすぎたのかもしれない。

シングルトラックの下りも試しましたが、心配していたペダルも、どこにもぶつけず。これもいまのところ無問題かな。
いざとなれば、EBBでBB位置を上にあげるという裏技もある。

まだ、一日乗っただけですが、かなり気に入ってしまった。どうしよう。
by aero_boy | 2012-04-30 23:58 | ホイール/タイヤ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy