タグ:50mm F1.8G ( 2 ) タグの人気記事

カメラマン気取り

自分でも、ぐるぐると近所を乗り回してみた。下り性能がハードテイル(HT)と全然違うのは当然として、ちょっと驚くのは、短い登りで、まるで斜面に吸い付くようなトラクションの良さと、一瞬うしろから押されるように感じる前後バランスの取りやすさというか、不思議な感じ。
f0114954_22563752.jpg

(D600+AF-S 50mm F1.8G)

リアサスの効果だけというより、ホイルベースが長くなったというのと、ARDENT 29x2.4というタイヤの性能も相当あっての乗り心地でしょうね。

長い登りの続くときには、軽量なバイクにはかなわないだろうけど、短めのアップダウンが多いときには、重くても、このTitusの方が楽しく走れるかもしれない。

それにしても、D600+AF-S 50mm F1.8Gの描写力、半端じゃないな。
f0114954_23143692.jpg

by aero_boy | 2012-10-06 23:12 | 29er | Trackback | Comments(0)

興奮で眠れない

「人生で、あと2回だけ」と思うと、我慢なんてしている場合ではない! こどもの学芸会は今年5年生だから、今年と来年の、あと2回だけ。

ということで、とうとうNikonのフルサイズ一眼レフD600と、開放からシャープと人気の50mm F1.8Gを導入。

おもいたったら、我慢できない性格。さっそく夜間撮影に出動した。
f0114954_1384358.jpg

夜空の雲が写るって、どういうこと? 肉眼で見えないものが写ってしまうんだから、「暗視カメラ」という表現が、大げさではないことを実感した。

f0114954_1461568.jpg

肉眼で被写体がぼんやりかすかに見える程度の暗さなので、さすがにオートフォーカスは無理。なんとか勘でマニュアルフォーカスするが、ここで広々したファインダーの威力が炸裂する。広いって言うのもあるが、ピントの位置がとても見えやすい(写真界ではピントの山と言う)D40でマニュアルフォーカスするのと比べたら、雲泥の差。

f0114954_1532187.jpg

D600の性能もすごいが、こんなにすっきり写る(写真界ではぬけがよいと言う)50mm F1.8Gのレンズを、こんなに安く売って、ニコンはちゃんとエンジニアと労働者に相応の給料払っているのか心配だ(笑)

f0114954_20219.jpg


もうこれは、26インチから29インチに乗り換えたとき以上の驚愕かな。

自分で撮った写真に自分でみとれて、眠れないって、あした学芸会と合唱コンクールの同時本番なのに、どうするのよ、俺。

本番でどのレンズ使うか、これから悩む(笑)
by aero_boy | 2012-10-06 02:06 | 日常/ポタリング | Trackback | Comments(0)

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy