タグ:MTBレース ( 179 ) タグの人気記事

ふたを開けてみると

あっというまに、高速列車が形成されました。
f0114954_20174419.jpg

(Ishiiさん、写真ありがとうございます)
若武者らしい飛び出しかなと思いましたが、3ライダーが競り合うように脚を緩めないままトップ集団になりました。

あとから聞いてみると、登りが速い者、平坦でグイグイ前に出る者、そしてシングルトラックが速い者と3者三様で、お互いに前になったり、うしろになったりしたようです。
f0114954_6473434.jpg

が、決定的にひとりで抜け出すほどに力の差がなかったということでしょうね。

それでも一番長く先頭を走ったのは、KFくんでしたね。
f0114954_2030445.jpg

こういう展開になり、完全に3人の闘いになってしまうと、後ろをあまり気にしなくなって、牽制や駆け引きがはじまってしまうかもしれない。それもレースとしては面白いかもしれないけれど、この日の3人にはそんな気配はなく、とても気持ちのいい闘いでしたね。

みている方も、応援と言うよりは3人の舞台に引きこまれてしまった。

全部でコースを10周もするのだが、最終周回の長い登りで、満を持してアキラが渾身のアタック。重いギアで踏み込んでいくというより、ギアはそのままで180mmの長いクランクをブンブン回して後続をそのまま置き去りにして行く姿には、まだそんな力が残っていたのかと驚く。

それでもこの坂を登り切った時点では2位との差は10秒もなかった。ミスなく行けばそのままゴールまで逃げ切れる。そう思って、がむしゃらに差を広げようとしている後ろ姿に「冷静に行け」と大声を掛けたが、聞こえていたのかどうか。

奥のシングルトラックを出てきた時には30秒以上の差になっていた。これで勝てたかと思った瞬間、

落車!!!

周回遅れの選手と接触してしまったようです。大事にいたらず順位をキープしたまま
f0114954_2115574.jpg

最後の小さな登りへ。そりゃ後ろがきになるわな〜(笑)

フィードも「アキラ落車したのに、なんで先頭?」って大混乱でした(笑)

後から考えてみると、もっと冷静にラインを選んでいれば、周回遅れライダーと接触することもなかったとも言えるが、がむしゃらに攻めの走りだったからこそ、落車しても逆転されないぐらいのギャプを作れていたわけで、これが正解なのでしょうね。

アタックのポイントも、短い登りや平坦では差がつけられないし、ましてシングルトラックも難しいとなると、あそこしかなかったのかも。

激しい走りの中で、思ったよりも冷静に考えたレース運びができていたのかもしれない。順位以上に収穫の多いレースでした。

このような舞台、北海道選手権の久々の復活にご尽力頂いたすべての皆様に感謝しなくてはなりません。
f0114954_2124164.jpg


なによりも、全力で真剣な走りをみせてくれたJunior 3ライダーに感謝ですね。
by aero_boy | 2015-06-03 21:30 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
MTBクロスカントリー北海道選手権。年齢によってジュニアとエリートというカテゴリーに分かれてはいるが、今年、北海道で一番速いのは誰なのか、一発勝負で決める舞台のひとつであることには違いない。
f0114954_19471510.jpg

顔なじみのメンバーということもあり、表向き和やかな雰囲気の中で各カテゴリーのレースが進んでいくが、いつもとはちょっと違った雰囲気も漂う。

エリートカテゴリーとして若武者を迎え撃つFTさん。いつもさわやかな笑顔だが、負けたくないという気持ちなしにこの一列目に並んでいるとはおもえない。

先日の八幡浜国際レースでは、大活躍を見せたKFくん。いつも元気いっぱいの走りは、みていて本当に気持ちがいい。いちばん「若武者」と呼びたくなるライダーだ。

昨年度2014年度、DoRideシリーズチャンピオンである、AKくん。本人はそんなこと意識していないかもしれないが、MTBクロスカントリーはパワーや持久力だけで走るものではないということを教えてくれる。

そして、アキラ。小学5年生のころにレースに出はじめたが、いつのまにか高校3年生だ。MTBで山を走ることが好きなので、レースにも出続けている。タイトルなど興味のない男だが、18歳というのは、人生の岐路のひとつであることにはちがいない。なにか心に期すところがあるようにも見える。


わたしには、静かな闘志がみせる火花がみえましたよ。
by aero_boy | 2015-06-01 20:13 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
f0114954_12244802.jpg

スタートまえ。
じゃなかった、これゴール後だな。
汗一つかいてないじゃないか!(笑)

f0114954_12271687.jpg
バイクが完璧という合格点がでた。
今回は自分がXCに出ないので、前日のAir9バイク整備をわたし主体でやってみた。いつもは自分にやらせるのだが。
f0114954_12290995.jpg

ポイントは、やはりBテンションボルトの微調整だった模様です。42Tに入れて、ギリギリゴロゴロ言わない程度、シフトのアップダウンもギリギリ可能な範囲で、緩めて、チェーンを巻きつけてみたら、いっさい飛びなしで快調だった模様。

XT の10s用ディレーラで、11-42Tのスプロケットを変速しているので、特に36-42Tあたりに多少無理がある。それは承知でBテンションボルトを閉め込んで変速をスムースにしてきたが、やりすぎていたようで、強く踏み込んだ時に飛んでしまっていた。

もっとも、今回は、フロントチェーンリングも軽めの30Tの選択で、とにかく軽く回す作戦だったので飛ばなかったのかもしれない。
実は、ケイデンスを上げるために、数週間前にサドルを1cmほど下げてみた。これも、後半疲れてきたところでも、ケイデンスが下がらなかった要因かもしれない。

5週目のアスファルト直登でも、リア42Tをつかわずにフロント30T--リア36Tで軽いペダリングで回せているように見えた。

これで安定してくれるといいのだが。
by aero_boy | 2015-05-19 12:22 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
昨年まで、MTB XC のジャパンシリーズと呼ばれていたものが、今年から国際自転車競技連合(UCI)のルールに従うかたちで、Coupe du Japon MTB大会と形を変えた。年齢17,18歳の中で、昨年までのエリートクラスとエキスパートクラス上位者のみが今年のジュニアクラスで走ることになるというのが、事前の説明であったが、蓋を開けてみると17,18歳の者は全員同時スタートだったみたいだ。

f0114954_8413913.jpg
(写真、伊東さん撮影、ありがとうございました。)

昨年までスポーツクラスから走り始めて、学校も休んで北海道からの遠征につぐ遠征で、地道にポイントを重ねてきた者としては、いったい今までの説明は何だったのだろうと愚痴を言いたくなる。しかし、この底辺の小ささからしたら、こうするしかないのかなとも思うし、また、このルールと現実の混乱ぶりが、さらなる底辺の縮小をまねく負のスパイラルを呼ぶのだろうなとも思う。こんなルール運用でも立派にインターナショナル(CJ-U)として通るのだなと、ある意味関心もさせられた。

コースは昨年までと大きな変更なく、ジュニアは4周。頂上付近の激坂のつづら折れ下りが選手を苦しめていたようだが、わがGreen Gripsの選手一名は、ここが楽しくてしょうがないらしい。
f0114954_8534133.jpg

ここの部分だけで末政選手とタイムトライアルして欲しいくらいだ(笑)

レースは例によって7番手ぐらいからじわじわ前を追いかける展開に。いちばん身体的にきついであろう2周目に、前の選手を捉えかけてそのまま3位に上がろうと試みるも、体力がつづかず結局ぎゃくに少しずつ離されて6位に終わる結果。

例によって春先にはたいした練習と呼べるようなこともすることもなくシーズン幕開けとして参戦した割りにはそこそこ頑張れた結果とも言えるが、1〜5位の選手を含めてジュニアクラスの他選手たちの取り組みの真剣さとレベルの高さには本当に感心させられる。

備忘録と反省
フレーム:Niner Air 9(L)
ドライブトレイン:SHIMANO XT 10s (フロント30T, リア11-42T )
タイヤ::ドライバー29er プロ 29x2.2
PowerBar:2周目+3周目

このコース、ガレ場も多く、このタイヤではちょっとブロックの高さが足りないと感じる場面もおおいらしい。

カセットの11-42Tは中付近をスムースに使いたいということで、XTの11-36の重い方から2枚目を1枚ぬいて、ONE-UP42Tを加えた構成。

後半のつかれたところで、脚の回転で挽回をはかろうとフロント30Tを入れたが、結局あまり使わなかったようで、この辺の戦略を身につける必要を痛感するが本人が分かっているかどうか(笑)

フィードでは、UCIルールに則ってテクニカルサポートも全クラスで可能ということで、換えホイール前後と空気入れ、工具箱もフィードゾーンに持ち込んだ。暑さ対策に水のタンクまで持ち込むことを考えると、一人では2回の運搬作業を覚悟しなければならない。おやじの方はますますレース参戦どころではない状況。

チームマネージャーズミーティングではフィードのチームジャージ着用を去年の全日本選手権とうって変わってなにも言ってなかった。それでというわけではないが、フィードでのチームジャージ着用を忘れてしまった。反省。まあ人数が少ないので、現実的にジャージを着ていなかったからといって問題が起こるとも考えにくいが。
by aero_boy | 2015-05-06 09:09 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

2014Jシリーズ一里野

エキパ初レースを最後尾でスタートして以来、2年ほどかかって今回初めて1列目。
f0114954_12532730.jpg

前々回の白馬で7位、前回富士見で5位と徐々にだが結果も上がってきたこともあって、今回珍しくしょっぱなから先頭狙うと宣言。本来序盤から飛ばす脚質ではないようで、Jのレースや全日本でいい結果が出るのは、中盤ぐらいから徐々に順位を上げる走り方。エントリーメンバーをみても、勝ったことのないライダーは少なく、表彰台が現実的に目の前にある。加えて現在のポイントランキング的にエキパでのレースはこれが最後になる可能性が濃厚ということで、珍しく欲を出したようである。ほんとうにこの男にしてみれば珍しい(笑)。
f0114954_13110100.jpg

順位を狙うなら、最初から飛ばすのではなく、むしろいつものように7〜8番手から徐々にパスしていったほうがいいと内心おもったが、珍しくしょっぱなからトップ狙いで行くというのであえて止めなかった。
が、上の写真の様にスタート大失敗。あげく最初の登りでメカトラもあったようだ。
f0114954_133312.jpg

原因の思い当たるところもあるが、それは後ほど。

上位を狙ったのに、スタートで出遅れた分、1周目をかなり無理して先頭を追いかけたようだ。ウォーミングアップをパワータップを使ってクリティカルパワーから割り出したメニューできっちりやったおかげで、1周目比較的足が軽かったのもあったようだ。
2,3周目がその反動でスピードダウン。4、5周でなんとか盛り返して7位と無難な結果に終わってしまった。

自分で考えて新しい試みをしての結果だから、非常にいい経験になったことだろう。
(2,3枚目の写真はI東さん。ありがとうございました)
by aero_boy | 2014-10-28 13:10 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

オヤジのながーいレース

今回の富士見遠征はいつものように苫小牧東から新潟までフェリーで20時間。そのあと高速道路で富士見まで移動。こんな可愛い部屋に泊まりました。
f0114954_18422762.jpg

キャンプ、ホテルハイエースもいいですが、たまにはこんなペンションもいいですね。

試走の日はその後の長いレースを思わせないほどの快晴で、海賊定食をたのしんだり、ダニエルしたりしながら満喫。
レース当日は大荒れ泥コンディションなら、おとなしく若武者達3人のサポートにまわって、自分はDNSでもいいやくらいの気持ちでしたが、台風さんがちょっとだけ待ってくれたみたいで、スポーツのスタートじかんになってもそれほど荒れた天気にならず、出場を決意。
f0114954_18464541.jpg

順位なんてどうでもいい。楽しめないレースは悔しい。80%足切りならそれもしかたないと開き直って楽しむことに徹したのがよかったかのか、1週間全然バイクに乗ってなかったにもかかわらず、身体はそれなりに動いてくれた。
くわえて、如意棒を駆使して難所もなんとかクリア。4Xのバンクとウェーブが楽しくてしょうがない。レースしてることなんか完全に忘れ去ってた。

結果的には久しぶりの完走で、ゴールでおもわずガッツポーズしそうになったけど、そう言えば70位以下だったなと思い出して、なんとかこらえました(笑)

若武者3人も好成績を残して、自分も完走。充実感に浸りながら遅い昼食をとっている最中に帰りのフェイリー欠航が判明。予想はしていたがやはりショック。

そこからがオヤジの長いレースの始まりでした。津軽海峡フェリーは運行していることは確認できたので、高速道路で青森まで移動を決断。いろいろ珍事件は発生しましたが、そこは省略(笑)
台風と並走しながら1100km、を30時間かかって帰宅しました。

休み休み走れば、これくらいの距離でも何とかなるもんですね。
by aero_boy | 2014-10-17 18:59 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

富士見2014秋

去年の富士見は台風で中止になるという、北海道から「海外遠征」しているわれわれにとっては、数少ない参加レースがなくなる悲しい事態だった。

で、ことし2014年だが、またしても台風がピンポイントで襲ってきた。普段の行いが〜(泣)
去年の例もあるので、迷いに迷ったが、台風19号の足が遅くなってきたので、思い切って参戦。今年は若武者2名も加わった。
f0114954_16492534.jpg

遠足気分で大はしゃぎ。。。かと思いきや、借りてきた猫みたいにおとなしかった3名。トップをねらう緊張感からなのかな?

ことしはCycle Garage PAZさんがブースエリヤを予約しといてくれたので、到着時すでに混雑の駐車場内でも余裕のスペース確保。これはありがたかったです。さらに、Fサスやら、ドライブトレインやらPAZ さんに見てもらい四台のバイクも万全。

試走が終わったら、意外とイージーなコースに、緊張がほぐれたのか熱心にダニエルの練習開始。
f0114954_16552558.jpg

f0114954_16554040.jpg


エキパレース展開は、今回あまり見てなかったが(汗)三列目からのスタートですぐに10番ぐらいに。あとはじわじわ順位をあげて、最後にスプリントで1人ぬいて5位でした。2位まで20秒ほど。もうちょっと頑張ってれば。。。という気持ちもあるが、まあ、楽しみは残しとこうということにしておく。

エキパ初参戦のふ◯やは、最後尾から80人以上を抜いて、見事8位。台風の影響で−1周され、4周だったが、5周あったら、あ◯ら、ふ◯や2人の2位争いが見えたかも。

次戦以降も楽しみだな〜。
by aero_boy | 2014-10-16 17:03 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

全然ちからが入ってない

ように見える。前後の選手の写真と見比べても、まったく異なる競技をしていると思うぐらい、力の入り方が違って見える。
f0114954_1305324.jpg

(写真はI東さん。ありがとうございます)
加えてペダルの位置も他選手とちがい、外足を下げて荷重。普通XCの場合この局面ならクランクを水平にして、動きやすい態勢をとるとおもう。外足荷重することで、バイクが抑えこまれて、グリップが抜けにくいので、より倒しこむことが可能になる。DHバイクならいざ知らず、サドルの高いXCバイクで普通これはやらないよね。

これでも十分動けるということ。すくなくともこの局面では。その理由が、力のぬけたライディングにあると思う。いや、ちからは入っているのかもしれないが、入っているように見えない。

普段からダラっとしたやつで、はたから見ていると、時にイラッとさせられることもあるが、この力が抜けているところがいいのかもしれない。「ブレーキかけなきゃ速いよ」が口癖のひとつだが、ふつうはバイクコントロールのために、難所では減速して、難所を過ぎたらまた加速を繰り返してしまう。彼の場合、最初からブレーキかけないから加速する必要がない。

自分で同じコースを走ってみて思うが、これがなかなかできないのである。


どんなに幅広ハンドルが流行っても絶対真似しない。周りがだれもやっていなくても、フロントシングルチェーンリングから、ダブルにもどそうとしない。わが息子ながら、あっぱれな異骨相ぶりである(笑)
by aero_boy | 2014-10-16 01:50 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

2014Jシリーズ白馬

に参戦してきました。5年前に全国小中学生MTB大会に参加して以来5年ぶり。
あのときは、雨で泥レースだったので、なんとなく印象が悪かったが、今回は快晴。
f0114954_20464770.jpg

初戦の朽木とおなじエキパ7位でした。

糸井川から南下して白馬に入ったのだが、フォッサマグナ上の山ってやっぱ雰囲気が違いますね。ちょっとスイスアルプスを思い出す。スケールはあっちのほうがでかいけど。

到着日はいつものようにホテルハイエースだったが、2泊目は珍しく地元の民宿テル館に投宿。クマに1日3回遭遇したとか、おばちゃんの話し面白かったです。今年は長野あたりは天候不順でやまに食料が無いらしく、クマが人里に頻繁に出るらしく、夜外出しないように本気で止められました。

長年MTB-XCをビデオ撮影しておられるご夫妻とか、これからXC本格的にはじめようかなという中学生なんかと知り合いになれて、民宿ってやっぱりビジネスホテルと違う良さがありますね。
MTB好きって、やっぱり面白い人多いような気がするな。
by aero_boy | 2014-09-25 20:56 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)
全日本MTB選手権ジュニアクラス。Jシリーズをエリートで走る強者もいるクラス。
コースは、前日の雷雨でかなり濡れていたが、レース当日は雨もなく、北海道勢が恐れていた暑さもなんとかしのげる程度。湿度は高くてちょっと北海道では無い蒸し暑さではあったが。
前日の試走では、タイヤが結構スリップして転倒2回していたので、タイヤをノブの高いマッド用に交換するか少し迷った。レース当日試走してみると、スリップしそうなポイントはだいぶ頭に入ったようで、普段のDriver 29er Proで行く事にした。
f0114954_23263367.jpg

ただし、ちょっとグリップ高めるために、普段の2.0気圧から1.5気圧に落とした。レース中、マスタークラスやユースクラスでパンクが続出していたので、タイヤ空気圧おとしたことがリム打ちパンクに繋がらないかヒヤヒヤしたが、結局無事だった。

作戦としては、できるだけJエリート3人に食らいついていくという、おおざっぱなもの(笑)
ところがスタートしてみると、やっぱりJエリートの2人がすごいスピード。つこうとしたが付けなかったらしい。フィードで観ていても1周目からそうとうきつそうな表情をしていた。なんとか7番手ぐらいで離れ過ぎないように頑張るのがせいいっぱいの1周目だった。

いっぽうもう一人の道産子ジュニアライダーのル◯スが鬼の形相で3番手グループについていく。いつものDoRideレースよりも一段と気合の入った走りに見えた。2013年道内XCチャンピオンの気迫を見せてもらった。

それにひきかえ、あ◯らの方は2週目も7番手ぐらいで、なかなか前にあがっていけない。が、表情はいつもの感じにもどっている。あとで聞いても一番つらかったのは1周目だったらしい。

3周目になると様子が変わってきた。ル◯スは相変わらず気合の入った表情だが、あ◯らの方は、やっとエンジンがかかった様子(笑)
f0114954_23462391.jpg

いつのまにか前の3人ほどをパスしていた。追い上げたのか、前が落ちてきたのか、多分その両方だろう。比較的イージーなコースなのだが、気を抜くとスリッピーな罠にはまる状況で、ミスもなくジリジリ前に出ることができた。なんとなくガッツが感じられない感じもするが、よく言えば冷静な走りとも言えるかもしれない。

f0114954_23511582.jpg

しかし、さらに前にはJエリート3人がいる。4週目には前半飛ばしすぎてペースダウンしていた3位の選手まで1分ほどに詰めていたので、フィードでも思わず大声で檄を飛ばしてしまった。

最終周回に3位の選手がフィード前を過ぎてから1分たたっても、あ◯らがこない。一瞬「あー、パンクやっちまったか」とおもったが2分弱ぐらいして、そうとうつらそうな顔で来た。後で聞いたら横っ腹がいたくて「死にそう」だったそうである。やはり全日本はいつものレースとプレッシャーも強度も違うのだろう。

そのまま順位キープで、4位、5位でフィニッシュ。二人とも道産子トップライダーの意地の頑張りは見せてくれたが、上位3名とは地力の差があるのは認めざるを得ない。DoRideレースを練習がわりにやっている程度としては上出来とも言えるが、それではこの程度止まりとも言える。

冬の間から時間の使い方や練習メニューを考えて行かないとこれ以上は望めないという事を本人が自覚してくれれば、このレースは成功レースということになるのだが。。。

備忘録
コース:修善寺サイクルスポーツセンター、濡れた赤土
フロントチェーンリング:Wolftooth 30T
カセット:シマノ11-36T
チェーンオイル:Finish Line Ceramic Wet
タイヤ:前後Panaracer Driver 29er Pro 1.5気圧
Fサス:100psi
リバウンドスピード:真ん中
by aero_boy | 2014-07-25 00:09 | レースを楽しむ | Trackback | Comments(0)

MTBどっぷりな日々を気ままに綴ります


by aero_boy