タグ:MTBレース ( 179 ) タグの人気記事

泥に負けてしまったレースだったと言うことか。
f0114954_9351539.jpg

距離にしても、時間にしてもレースの3分の1ほどが泥の中の押し。ライドできなかった。最後はエリートもそうだったから、スポーツクラスの自分が乗れるわけもない。
f0114954_9354116.jpg

1周目の押し上りでは、後ろに数人しかいなかったから、30番ぐらいだったかな。
前日の試走で、下りの好感触をつかんでいたので、1周目の下りでは、いわゆる「全面滑走可」となった泥の中を10名ほどパスに成功し、いい調子だった。スタート順ぐらいの順位に上がれてそのままいけば目標達成だったが、2週目の泥下り(写真黄線部)で慎重に行ったつもりでも大転倒、少し頭も打ったので、リタイアはしなかったが、後は下まで全部ランをした。

3周目も同じ区間をほとんどラン。下り区間に入って、ずっとランで下まで行くというのは初めての経験。エリート達がどんなふうに下っていたのか見たかったが、見に行く気力すらわかないぐらいの泥沼でした。

数年前に天狗の池を経験したが、あんなの可愛いもんだな。
雪遊び用のソリを背中に背負って、泥下りはバイク抱えて滑ったほうが断然早かったに違いないというのが周りのライダーも含めた総意でしたね(笑)

優勝した、S選手は「走りごたえのあるコース」と評していたが、立場上なかなか「面白くないコース」とは言えませんよね(笑)まあ、少なくとも世界の流れとは乖離どころか逆流しているような印象が拭えませんね。
(世界選手権レポート)

大会運営じたいは、普段のDoRideレースと比べてしまったら可哀想なのであれですが、ボランティアもたくさん参加されていたそうで、餅つき大会があったり、私としては好印象でしたよ。ボランティアって一口でいいますが、東日本大震災の後遺症が色濃く、店に入ってもまだ明かりが3分の1ぐらい消されていた。さらに北海道に居たら、豪雨で被害が出ているのは道内だけかと錯覚していたが、雫石周辺は川の氾濫などで自衛隊にもかなり遭遇するぐらいのひどい状況。そんな中、土砂降りの中でなんとか盛り上げようと、レースを続けて行こうという姿勢には頭が下がる思いでしたね。

それだけに、なおさら、あの残念なコースが。。。。家に戻ってきて、世界選手権のリプレイを見たら、ため息しか出ませんです。
f0114954_955924.jpg

by aero_boy | 2013-09-03 12:40 | レースを楽しむ

みかんちゃん、再び

長沼の4時間耐久レースに参加してきました。長沼の河川敷コースは、初めて8時間耐久レースに家族で参加した思い出の地。久しぶりに行ったのでちょっと懐かしかった。

か◯でが79erデビューでした。親父のお下がりでしたが、意外と注目あつめたみたいですね。
f0114954_22261993.jpg

EBBを使って、BBの位置を最上に上げて、セットバックなしのシートピーラーでサドルを前につけたら、29erフレームでもそれなりに小学生でも乗れるポジションがつくれたかな。
目玉はー45度の可変ステム。全体的に重心も低くなるのと、前輪が26から29になったので、走破性に対する安心感が絶大。ためしに以前の百人隊長(26インチ)にまたがってみたら、細いタイヤが心細く感じるみたい。

フロントタイヤは29インチを使っているが、そのうち27.5インチを試してみるつもり。それを見越してBB位置を最上にしてある。クランク長さを165mm にすれば、なんとか27.5インチバイクとして乗れないかな。

わたしのレースの方はというと、なんと耐久ソロ初入賞。耐久マスターのK藤さん不在という事などラッキーな面も否めませんが、バイクも身体も調子はまずまずでした。ソロ参戦だったので、チームの速い選手の後ろでドラフティングさせていただくという、コバンザメ作戦が功を奏したのかな。世界戦参戦決定の尚平の後ろも1周だけだったけど楽しめた。

景品も野菜どっさりで、超ハッピーな夏休みの1日でした。
f0114954_21563667.jpg

(I田さん、写真有難う御座います)
by aero_boy | 2013-08-12 22:38 | バイク全体

新車効果?!

日曜日はDoRide XC 2013 小樽天狗山でした。
参加された、みなさまお疲れさま、レース運営のみなさまありがとうございました。

今回は、チームメンバーのバイクなどはかなりほったららかしで、自分の新車(SCOTTフレーム)および自分の練習+体調管理に集中してみた。(関係ない写真だが、やまめ号)
f0114954_21182433.jpg

結果、3年ぶりのエキパ入賞。ちゃちゃきさんのコメントが「ほどほどにがんばってね」
そんなに苦しそうな顔で走ってたかな〜(笑)ここ3シーズンのレースの中では余裕があった方だと思う。

下りも、登りも、根っこシングルも実に楽しかった。
まず下り。XTRブレーキの威力は絶大。自己分析するに、指の軽い力で強すぎず弱過ぎないストッピングパワーが得られるので、結果的に肘、肩にも力が入らず、目線もずれず、楽にスピード維持できる。

登りはバイク+身体の軽量化の効果がそのまま出た感じ。計算してみると、バイク+身体で5%ほど軽量化されているので、タイムも5%ほど短縮されるとすると、ギリギリ入賞するぐらいかなという、とらぬタヌキの皮算用をしていた。タヌキの皮がギリギリとれた(笑)

ハンドルの高さにもちょっとこだわってみた。130mmの角度可変ステムでー30度。以前と比べるとかなり前のめりだが、登りでは一番力が出しやすく感じる。実際出てると思う。下りでも、新フレームのヘッドアングルが69.5度なのが効いているのか、前傾しても安心感のあるハンドリングの安定感がある。可変ステムから固定ステムに戻せば、さらに100g軽量化効果も期待できる。

根っこと石のシングルトラック。やっぱり29ホイールの威力は27.5より絶大であることを実感した。たった1.5インチの違いなんですけどね。
by aero_boy | 2013-07-29 21:36 | レースを楽しむ

怪我の功名

4時間耐久レースの後遺症で、おしり痛がまだまだしばらく続きそう(笑)

レース序盤は踏み込み過ぎないように、4時間あるのを自分に言い聞かせながら走る。
10周ぐらいして、コースにも慣れてきた。いいかんじにスピードを少し上げ始めた矢先、パンク。またかよ。今度はタイヤ空気圧もしっかり管理して、試走でも確認して1.5気圧に設定してあった。今日タイヤを確認してみると、見事なサイドカット。思い返すにロッジ裏から表に抜ける部分でセメントの際を走ってしまったかもしれない。

ピットまでほぼ1周ラン(歩きだけど(笑))して、ホイール交換した。
今度はディレーラーとカセットの微調整が合ってないのか、レオナルドに上げるとチェーンが飛ぶ。仕方なく、重いギヤを立ち漕ぎで踏む。
f0114954_20531741.jpg

(bandani母さん写真有難う御座います)
残り3時間近くギアを軽くできないことはわかっていたので、立ち漕ぎで力を入れ過ぎないように、ケイデンス30ぐらいで登ったりしてみた。これが意外といい感じ。乗車姿勢がしょっちゅう変わるので、背中+腰のストレッチになるのか、体幹も痛まない。脚がヘタレた分、上半身と腕でバイクを振ってやると、なかなか進む。その分いつもより、上半身が筋肉痛になったが、自分の場合、淡々とシッティングでくるくる回すより、こういった乗り方のほうが性にあってるみたい。

パンクして、その後ギアが飛びまくっていた割に、36周してソロ10位。意外に走れた4時間耐久でした。
by aero_boy | 2013-07-02 20:58 | レースを楽しむ
を上砂川の4時間耐久レースで試してみた。
(Wolf Tooth)
4時間走って、チェーントラブルゼロ。これは使えそう。
f0114954_13323645.jpg

XX1のチェーンリングみたいに、チェーン形状に合わせて、厚い歯と薄い歯が交互に並んでいる。
f0114954_1334542.jpg

チェーンデバイスでもチェーンの脱落は止められるが、いったん落ちたときの修復には一苦労する。ヘタをするとチェーンがよじれてしまってドライブトレイン不調の原因になった。

このWolf Tooth使えば、チェーンデバイスがいらないので、その心配がなく、しかも100g近く軽量化される。
by aero_boy | 2013-07-01 13:36 | ドライブトレイン

機材備忘録@士幌2013

楽しかった士幌XCから、もう1週間たってしまった。
Air9の備忘録。
チェーンリング:シングル32T(Raceface)
カセット:11-36T(XT)
フロントタイヤ:ロケットロン(1.5〜1.6bar)
リアタイヤ:ロケットロン(1.5〜1.6bar)
フロントサス:RockShox XX(2013) +90PSI, -90PSI, リバウンド真ん中
携帯ボトル:SAVAS Water 500cc
補給:Power Bar 2個(3,5週目)
f0114954_0533086.jpg

M形さんのFat Bike MoonLanderだったかな?
それにしても、4.8インチフロントタイヤがでかい。
芝の上を試走させていただいた。普通は芝の上って、転がり抵抗が大きく感じて、なかなか進まない。
ところが、ファットバイクはまるでロードを走っているみたいな感覚。

M形さんは、このファットバイクで、デュアルスラローム何本も爆走してました。
by aero_boy | 2013-06-29 00:56 | レースを楽しむ
忘れそうなので、会話風味でエリートのレース展開を。

おやじ「レース展開どうだったの?」

あ◯ら「勝ったよ」

お「アホ、それは知っとる。ちゃんと日本語しゃべれ」

f0114954_15594093.jpg



あ「スタートから、みんな前に出ようとしないんだよ。それで仕方なく最初は先頭だった」

お「ふーん、それじゃペース落ちまくって、みんなにおいつかれるだろ?」

あ「そこまで落とさんかったけど」

f0114954_1612247.jpg


お「ル◯スが先頭で、あ◯らが食らいつく展開だったんじゃないの? ずっと後ろだったのか?

あ「そうでもないよ。下りでは前に出てル◯スをちぎろうとしたけど、ル◯スの下りも速くて、ぴったりくっつかれた」

お「ふーん、で登りではその逆だっわけか」

あ「まあ、ときどき前に出たり抜き返されたりしたかな」

f0114954_1613363.jpg


お「ふ◯やどこまでいっしょだったの?

あ「3週目ぐらいかな。登りでメカトラっぽかったよ」

お「最後のシングルは前で入ったのか?」

あ「いや、そうしたかったから頑張ったけど、そこまで脚がなかった。登りはル◯スの方が強かった」

f0114954_1631366.jpg


お「じゃ、どこで抜いた?」

あ「砂利の登りでは、いっぱいいっぱいだったけど、林の中では余裕があった。それで、あの新しいダブルトラックのところで思いっきり右から行った。合流のところでハンドルガチガチにぶつかったけど、前に行けた」

あ「あとは、後ろ見る余裕もなく逃げまくった」
f0114954_165976.jpg

(bandaniさんいつも写真有難うごあいます)

とまあ、正確かどうかわからないが、こんな感じだったらしい。あ〜、見たかったな。

ハンドルガチガチ勝負には伏線がある。5月の八幡浜では、かなり後ろからスタート。林の中のつづら折れシングルトラックで前の選手をかわそうとして、押し返され、谷に落ちるという経験をしている。前の取り合いになった時、ほんの一瞬の気後れで天と地ほどの結果の違いが出る。それを痛い思いをして経験してきたことが、ここで生きてきたのかもしれない。

あの、シングルトラックの新設されたダブルルートがさっそくドラマを生んだわけだ。

ル◯スにはいい経験になったことだろう。
つぎの勝負が楽しみ。

5年前はまだ、こんなだったのにな〜。

by aero_boy | 2013-06-25 23:32 | レースを楽しむ

親子対決#2 @士幌

2010のXCエキパでも親子対決あったが、今年はデュアルスラロームでも親子対決になってしまった。
f0114954_11143637.jpg

またしても、おやじが僅差で敗れる。デュアスラリザルト

f0114954_11152166.jpg

チェーン落ちがなかったら、準決勝進出できたんだが。
まだ、下りメインのTitusが煮詰まってない部分が出てしまった。レースってのはごまかしが効かない。
by aero_boy | 2013-06-25 11:16 | レースを楽しむ

2013XCレース#3 士幌

いつものことながら、いろいろあって最高に楽しかったDoRideレースでした。
まずは小学高学年から。スタートで元気よく飛び出す。
f0114954_11292367.jpg

作戦なんて何も考えてない(笑)心と身体の赴くままに緑の美しい林の中を駆け抜ける。最高だね。

渾身の力を振り絞る。
f0114954_11313495.jpg

そんな場があり、いっしょに走るライバルがいる。なんと恵まれた環境。

f0114954_11334376.jpg

1周で終わってしまったのがもったいないぐらい。
by aero_boy | 2013-06-24 11:39 | レースを楽しむ

2013士幌仕様Air9

ドライブトレインは1x10で、フロント32T(Raceface)をチェーンデバイスでおさえる。リアは普通にXTの11-36Tに戻した。
f0114954_23231665.jpg

伸び伸びだったチェーンを新調。長さをビッグービッグ+4リンクできっちり測った。たしかにいい感じ。

ブレーキはXT。相変わらずガッツンガッツン効く。
f0114954_23245660.jpg


RockShox XXのFサスもオーバーホールして、80mmストロークを試してみる。
f0114954_23255740.jpg


なんか、今年の士幌は運動会前みたいなワクワク感があるな(笑)
なぜだろう?

みなさん、招集には遅刻しないようにこんなことになります。
by aero_boy | 2013-06-21 23:27 | レースを楽しむ

MTBのことが多いですが,自作ものやDebianなども雑多に記録に残していくブログ


by aero_boy