人気ブログランキング |

ルートとナビの比較

勢和多気でのクロカンレースからの帰り、多気の湯から、新日本海フェリーの敦賀埠頭までをiPhoneのGoogle Mapでナビゲートしてみました。

フルスクリーン表示


赤い線がGoogleMapで目的地検索してから、ナビゲーションを開始し、その通りに走ったルートです。
GoogleMapにはトラックログを残す機能は無いようですが、Geographicaというアプリを同時に起動して、ログを残しました。

一方、青い線はPocketEarthというアプリで、出発点と目的地を同じにして、自動車最速モードで作ったルートです。ほとんど同じルートですね。

それでは、実際クルマで走るさいはどちらを使うかというと、Google Mapでしょうか。もともと検索屋さんということもあって、目的地検索が強力です。加えて、渋滞情報が赤色で表示されるのには驚きました。これっていまや常識?(笑)渋滞のなかに複数のGoogleMapのナビ機能利用者がいれば、位置情報はサーバ側で把握できるので、原理的には可能ですが、そこまでやっている、また利用者が多いのには驚きました。多気MTBパークから降りてきて最初の信号で、クルマが5台ぐらい連なっただけで、その位置は赤い表示になりました。信号が変わって動き始めた途端に赤い色も解消しました。いやはや、便利な時代になったものです。

じゃあ、Google Mapだけで良いのかというと、GoogleMapはログが残せないし(出来るのかな?)いったんナビモードに入ったら、何メートル先をどちらに曲がれとかしか言ってこないので、ルートの概略を頭で把握するには事前にルートをつくっておいて、頭に入れたりGPX保存しておいたりしたいので、PocketEarthの出番はありそうです。

では、GoogleMapとPocketEarthで完璧かというと、PocketEarthは複数のログを同時表示しにくい(出来るのかな?)ので、ログにはGeographicaを使いたくなりますね。

なんか、最近地図アプリマニアみたいになってきました。もっとも、子供の頃は地図は好きだったので、病気が再発したとも言えそうです。

by aero_boy | 2015-10-09 18:13 | 地図ルート