人気ブログランキング |

ターン前半における肩の移動

f0114954_18211743.jpg

D2H+Sigma70-300
↑ターン前半で,外側の肩と腰が遅れるとターン弧が思うように描けず,下の方にずり落ちてしまう.おのずと,次のターンへの始動もおくれて,「ラインがたれる」ことになってしまう.この外肩と外腰が,まだ一つ前のターンの内肩と内腰である間に,内脚の板のトップの方へ一気に突き出す動作がなかなかできなかった.写真では左肩を右板のトップの方へ素早く突き出す.言葉で表現するとなんだか??であるが,要するに上の写真で赤い矢印の示すような上半身の運動のこと.

写真では何でもなく写っているが,自分の意識の中ではものすごい勢いで谷側に肩を突き出している.というか,空を向いていた胸を一気に雪面側にひっくり返すというイメージ.これが,何度コーチに言われても理解できず,実行もできなかった動き.やっとできるようになった(と思っている)

これで正しいのかどうかはわからないが,とにかく楽に素早く次のターンに移っていけることだけは確か.

f0114954_15443581.jpg

↑だめな例.肩と腰の移動がうまくいってないので,重心も後ろになって,すでに板のテール部分に雪煙が上がっている.これではスピードもでない.

さて,あさっては,ついにマスターズ07の第一戦目.レースの中で,これが実践できるだろうか?いや今は,できると自己暗示をかけるしかない.

もっとスキーブログをという方はにほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

by aero_boy | 2007-01-26 15:41