人気ブログランキング |

長所は欠点でもある

愚息の滑りで巧いなとおもうのは,雪面とケンカせず柔らかく板に乗っていけるところである.無理に傾けたりひねったりの動きがない.カービングの申し子のような滑りで,スピードも出ていると思う.

フリースキーならこの滑りも良いかもしれないが,ポールに入るとなるとそうもいかない.この特徴が欠点でもある.理想的には切り替え後にしっかり板のトップに乗って(重心を前方に移動して)たわみの量だけでラインの膨らみ具合をコントロールしたい.実践的にはそうも行かない.ワールドカップクラスの選手でも,常にたわみで弧の大きさをコントロールしたカービングだけで滑っているわけではない.ようするにずらしも巧く使わないと良いライン取りができない.旗門の近くも通れない.
f0114954_18481968.jpg

↑の写真では1週間前には通れなかったラインを通っている.手もしっかり前に出た.良い副作用として,ポールをよけようとするので,外傾もすこしできている.ワンステップ階段を上がったと言えるだろう.元に戻らないように気をつけなければ.

おもしろかった,という奇特な方は1票お願いいたします.
f0114954_149230.gif


by aero_boy | 2007-02-14 18:52