人気ブログランキング |

言葉で表現することの難しさ

日曜日は,スポーツハウス杯の決勝がキロロスキー場であった.地区予選の成績がよかったこともあって,比較的早いスタート順だったにも関わらず.40人中29位で終わった.

f0114954_1640848.jpg

D2H+SIGMA70-300
昨年の15位から大きな後退という結果だった.スタート前,本人も一桁順位は楽にいけそうだと自信満々だっただけに,この結果には,本人はがっかりというより「何で?」という気持ちだろう.

滑り自体は本人も自覚している通り,確実に上達していると思う.問題はライン取りにある.スタート前,その直前に何人かの転倒者が続出した.私も言ったのだが,コーチ陣からのアドバイスは「早めに切り替えろ.上から上から」というものだった.愚息はいつもにも増してセーフティーラインを通る.誰も通っていないところを通るぐらい膨らんでしまった.おかげで大きなブレーキングなどなしに,優雅にゴールインしたのだが,トップとの差は6秒付いていた.愚息の中では「上からいけ=膨らめ」となっているらしい.

この辺の微妙な加減は何度も何度も滑ることによって,自然に身についてくるものとよく言われる.それは正しいとは思うのだが,何度も何度も滑って上達していくというアプローチはスキー馬鹿へのみちのように思える.愚息にはスキー(他のスポーツも含めて)を通じて上達とか困難の克服のためにはどうすればいいのかということを学んでほしい.そういういみでは,今回の惨敗は絶好のチャンスともいえる.

おもしろかった,という奇特な方は1票お願いいたします.
f0114954_149230.gif


by aero_boy | 2007-03-05 17:03