人気ブログランキング |

学芸会奮闘記

1年間の準備期間を経て、満を持して学芸会に出陣。
装備は、D2H+85mm F1.4D, D70s+80-200mm F2.8D, Caplio GX100.
GX100は24mmから72mmまで対応できる。
f0114954_0224711.jpg

D70s+80-200mm F2.8, SS優先,SS1/125, FL200mm, ISO AUTO, EV+0.3,スポット測光, F2.8

テストショットを数十枚撮ってみた感触として、FL200mmまでのばしても、SS1/125でなんとか我慢できる範囲に手ぶれが収まりそうだったのでSS優先 SS1/125で挑んだ。ISOをAUTOにして、ノイズは気にしないことに。
しばらくこれで撮っていたが、顔が明るすぎる写真続出。始め露出補正マイナスにしてみたが、暗い室内でマイナス補正はなんだか変。マルチパターン測光だと顔ばかりライトアップされた状態では、全体の明るさに合わせてカメラが絞りを開けすぎてしまうことに気づいた。スポット測光で、顔にフォーカス、露出をあわせてから、瞬時に構図を変えてレリーズのパターンで最後まで撮りつづけた。構図をあまり考えている暇はなく、とにかく取りまくってあとからまともそうなのを選ぶ。

3つのカメラで一番活躍したのはD70s+80-200。舞台上の演技には200mmぐらいは欲しい。F2.8は思ったより強力で、去年から比べるとかなりあかるく撮れた。8514のF1.4の出る幕はほとんどなかった。

出演者全員が揃ったシーンでは、GX100の広角が活躍した。
ライトの色が自然光とは程遠く、WBの選択が結構難しかったが、D70sでは白熱灯、D2Hでは2600Kぐらいが一番自然に見えた。

80-200 は重くて大変かなとおそれをなしていたが、半日程度なら手持ちでなんとかなりそう。ときどき休まないと立ってられないのはまちがいないが。

沙悟浄にポチ!
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

by aero_boy | 2007-10-15 00:21