人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

妖怪人間が

いるのですよ。この近くに。
f0114954_12312029.jpg

by aero_boy | 2012-10-18 18:37 | 日常/ポタリング

だいぶ色づいてきた

季節というのは、一般的には4つあるということになっているが,もう少し細かく分けると二十四節気ある。
f0114954_11374862.jpg

(D600+AF 85mm f/1.4D)
そろそろ霜降ということだが、今年は、やはりずいぶん暖かい。やっと葉っぱが色づき始めた。

by aero_boy | 2012-10-18 11:43 | 日常/ポタリング

Titus Rockstar で富良野DHしてみて

いろいろと、分かったこと。
1本目、M形さんの純DHバイクを借りて走った。感想は、「やっぱりDHバイクは下り楽やね。」
振動のかなりの部分をバイクが受け止めてくれる。身体まであまり振動が来ない。
f0114954_18515613.jpg

2本めDHバイクを愚息に貸して、自分はRockstarでDHしてみた。自分の感想は「あんまりDHバイクと違わないな。」愚息にも感想を尋いてみた「大して変わらんね。」

DHライダー2名ほどにもRockstarを試乗してもらった。感想は「普通に下り行けるんじゃない?Fサスストロークがもうちょっとあればいいね」というもの。お世辞込みで考える必要はあると思うが,
29erフルサスなのに、コーナーも違和感なく曲がり易いという。


海外インプレサイトでは、「後ろ三角がよれて、ライン取りがうまくいかない。リアの剛性不足」といった意見が散見されたので、否定的なDHライダーのコメントを想像していたので、けっこう驚きがあった。AMバイクのRockstarは、想像以上に下り系に使えそうな印象を持った。

軽量な日本人ライダーのDHでは、大柄な欧米人が乗るのとはだいぶ違いが出るのかもしれない.

それでも色々いじりたいところはある。
Fサスは120か140のストロークにしたい。
ステムもXC用のものでは、すぐ緩むので、もっとクランプ力があるものに変えたい。
Fチェーンリングには、チェーンデバイス必要。シングルでもいいかも。
DISKローターを180〜200ぐらいにしたい。

全部やったら、AMバイクじゃなくて、DHバイクになってしまうかな(汗)

by aero_boy | 2012-10-17 19:07 | 29er

流し撮りにチャレンジ

富良野でDHライダーを、流し撮りにチャレンジしてみた。D600はISOの減感ができるので、真っ昼間の明るい状況でもシャッタースピード(SS)を落とせる。MTB DHぐらいのスピードで背景を流すには、SS=1/25ぐらいにしないと雰囲気が出ない。
f0114954_11571584.jpg

これだけSSが遅いと、連写の速度も落ちてしまうし、ライダーをくっきり写すのは至難の技だった。
絞り羽の形もはっきり出ちゃってますね。年代物のAF 24mm F2.8なのでこんなもんか。AF-S 28mm f/1.8Gが欲しくなるな〜。

by aero_boy | 2012-10-17 12:05 | 29er

念願の富良野に

行ってきました。(ふらのマウンテンバイク)
f0114954_2251940.jpg

かなり怪しい天気予報でしたが、グラビティーキャンプの副賞でいただいたロープウェイチケットもあったので、DHシーズン最終日に行ってきました。結果的には土日とも良い天気。道東道の占冠から237号使って行くと、3時間で到着。意外と室蘭から近い。

さっそく、下り系のために組んだTitus号を投入(AMバイクですが) 朝から数えると、10本以上はDHったな。最後の方になると、なんとなくDHっぽくなってくるもんだ。
f0114954_1730592.jpg


HTバイクでも楽しめる。
f0114954_2213126.jpg


想像以上に、すばらしいDH環境ですね、富良野。DHコースはゲレンデ内に切ってあり,岩とか立ち木がないので、比較的安心して自分に合ったスピードが出せます。思い切りスピードダウンしなければならないような激下りもないので、流れが感じられます。スキーシーズンに備えて、きれいに草刈りがされていたので、後ろから速いライダーが迫ってきても、簡単に広いコース脇に避けることができる。XCライダーの何ちゃって下り系なわれわれとしても、気分的に楽でした。

M澤さんは、「まだまだコースレイアウトおもしろいものに考えていきたい」っておっしゃってましたので、期待大ですね。

今シーズンはこの1回だけでしたが、来シーズンはもうちょっと行きたいなー。って、行きたい場所、やりたいことが多すぎる(汗)

こんなバイクをM形さんに貸していただいて、Air9 Carbonは温存できました。
f0114954_22155873.jpg

by aero_boy | 2012-10-14 22:17 | 日常/ポタリング

生き残りレンズ

フルサイズカメラD600を導入して以来、防湿庫で眠っていたレンズ達が選別されている。中が満員なので、いくつかは下取りに出さざるを得ない。
f0114954_12294584.jpg

「重いからいらない」などといった理由で、貰い受けたレンズもいくつかあるので、この際D600につけて試し撮りをしては、必要かどうか吟味している。あまりにも空が綺麗だったので、昼休みににD600+AF 35-70mm F2.8を持って出撃。このレンズは、中古でゲットしたものだが、F2.8通しと明るいし、写りがいいので以前から気に入っている。35mm側ではマクロモードにもできて便利だし、金属鏡銅で質感もいい。難点は。。。重い(笑)で、下取り出してたレンズが意外に高く売れたので、最近人気の標準ズームを導入するか検討材料にするつもり。
f0114954_12374878.jpg

やっぱり、このレンズ好きだな。もっとも、最新のレンズならもっと良い絵が撮れるのかもしれないが、自分の用途としては十分。

問題は、これを背中に背負って、Titus or Air9で山を走り回れるかどうか。1時間程度なら問題なさそうだが、食料も背負って一日中走る場合はどうだろう?肩と腰に来そうだな。。。(汗)

by aero_boy | 2012-10-12 12:41 | 日常/ポタリング

Titus Rockstarのブレーキ

シマノXTディスクブレーキにしてみた。
f0114954_20444030.jpg

ブリーディングキットが無かったので、いきなり新品ブレーキのホースを切って、フレームに最適な長さにするのが不安だった。が、やってみるとまったく問題無し。エアもほとんど噛んでないとおもう。先代の油圧XTはデュアルコントロールのものしか使った経験はないが、性能がいまひとつ気に入らなかった。今回のはいまのところ、ガッツリ効いているので、その点は満足。

I-SPECにしたので、ブレーキレバーの部分とシフターが一体にできる。ハンドルバーにつけたまま、シフターを付けたり外したり、あるいは、グリップ外して、ハンドルバーから抜かないで、直接はずしたり付けたり出きるかなと思って期待していた。実際はどちらも不可能で、ちょっと残念。

f0114954_20523152.jpg

パッドはフィン付き。効果については、まだ体感するほどにはわからないが、個人的にはこのルックスは好きだな。

by aero_boy | 2012-10-11 20:54 | ブレーキ周り

雨模様でしたが、

ふと空を見ると
f0114954_18112491.jpg

D600+AF 24mm F2.8
古るーい、もらい物の広角レンズで撮ってみた。すこし周辺光量落ちがあるみたいですが、広々しててきもちいい。
足元をみると、
f0114954_18192654.jpg

さび鉄の質感。嫌いじゃないんですよね。

by aero_boy | 2012-10-10 18:14 | 日常/ポタリング

肘の曲げ深さ

を、昨冬から、かなり意識してきた。
f0114954_2113426.jpg

右側が崖ということで、かなり真剣モードの下り。肘が深く曲がって、絶対失敗しないぞという感じ。ちなみに、肘のことは意識の中にはなかった。

いっぽう、
f0114954_213302.jpg

ただ、下ってるだけな感じ。
それでも、無意識のときの写真をこうして見返してみると、以前に比べると、だいぶ肘曲がってきたかな。

by aero_boy | 2012-10-09 21:05 | トレイル/山サイ

Titus AM29 on 絶景トレイル

Titusで、お気に入りの絶景トレイルに行ってきた。久しぶりに3時間以上のライド。
f0114954_1954099.jpg

今シーズンは、例年にも増して絶景なラインが増設されている。上の写真の部分でも、右側は断崖。でもここはまだマシな方で、万が一落ちても、引っかかるだろうなというレベル。しかし、万が一落ちたらどこにも引っかからずに200m下まで落ちるだろうなという部分は、さすがに恐ろしくて押し歩き。
日本ですよここは、念のため(笑)

心拍数を可動域の70%以上に上げないようにLSD。走った後も疲れすぎていず、身体がいい感じ。今年のオフシーズンは、身体のベースを落としすぎないのが目標。春になってから、LSDでベースを作り直すのでは、ちょっとしんどすぎる。

帰り道、ロードを走りながら、つらつらと考えた。フルサスバイクでいまのところ一番恩恵を被ったのは、ロード(路側帯)を走るときだな。道路の水を流すグレーチングの部分がでこぼこ過ぎる。HTバイクでも、気を抜くとお尻が。。。ロードバイクなら、上手に避けないと、パンクしそうなレベル。路側帯は、けっこうなオフロードだ。フルサスバイクなら思いっきり突っ込んでもスムーズにぬけられる。

車道にでたら、クルマに幅寄せされるしね。路側帯をフルサスバイクで走るのが一番安心だな。

D600を使ってトレイルライディング中の撮影を試みた。トレイルでは、だいたい周りにスペースが少ないので、カメラを構える場所を確保するのが難しい場合が多い。つまり、意外とバイクとカメラマンが近い(1〜2メートル)状況になることが多いと思う。その状況で、全体をフレーム内に収めるには、フルサイズ機といえども、結構短い焦点距離のレンズが必要かもしれない。今回 50mmでチャレンジしたが、ライダーがフレームからはみ出した。

24mm か35mm が欲しくなる。D600なら感度をバリバリ上げても苦にならないから、F値の大きなズームレンズでもいいのだが、F値が大きくなると(5.6以上?)AFの性能が落ちるそうだ。しかもズームレンズってでかいので、MTBerとしてはつらい。なんせ、それを背負って激登り、激下りを走るのだから。そうなるとやっぱり、コンパクトで明るい単焦点だな。

by aero_boy | 2012-10-08 20:09 | トレイル/山サイ