NHK番組で、自転車乗りをアピールしてみた

NHKの「北海道中ひざくりげ」という番組に出演しました。
どんな番組なのか知らなかったのですが、友人から昔の新日本紀行みたいな感じと教えていただきました。

北海道の命名150周年ということで、松浦武四郎を特集しているようです。
室蘭を取り上げるにあたり、製作中に、室蘭Localwikiの活動が目にとまったようです。
わたしもLocalwikiはお手伝いさせていただいている関係上、どんな取材をしていただくか相談している
うちに、室蘭の歴史も少し取り上げていただくことになりました。

これは余談ですが、その過程の中で、「北海道」と名付けたのは松浦武四郎ではないということが分かりました。
松浦武四郎は蝦夷地に新たな名前を付けるに当たって、いくつか名前を提案し、その中に「北加伊道」というのもあったそうです。

「カイ」というのはアイヌ語で「人の住む大地」のような意味だそうです。
その提案を元に明治政府が「北海道」と命名したことになっています。
「新札幌市史」によると、水戸斉昭が公式には「北海道」と命名したことになっているそうです。

当時の蝦夷地を6度も探査し、もっとも理解していたのは松浦武四郎だったので、「北海道」と命名したのは武四郎という言い方も、あながち外れているわけではなく、黙認されている様です。

はなしがそれましたが、武四郎が当時歩いたであろうアイヌ道(トレイル・フットパス)を室蘭出身の俳優の安田顕さんと
一緒に歩きました。


f0114954_20351520.png
写真の中の人物は、安田顕さんではなく、私です(笑)。
ヤスケンさんはわたしのすぐ後ろを歩いているのですが、俳優さんは肖像権が商売道具でしょうから、カットさせていただきました。

内容は白鳥湾の地図に関してでしたが、パールイズミのウィンドブレーカーと、ブロンプトンのフロントバックで
ひそかに自転車乗りをアピールしてみました。

番組を観て、気づいた方はどれくらいいたでしょう?



by aero_boy | 2018-07-02 20:37 | 日常/ポタリング